Gary Yasukawa
  • Gary Yasukawa
  • 1978年・午年生まれ。
    ウマ科研究者。乗馬と競馬をこよなく愛し、地球上の全ての品種の馬に跨り、また地球上の全ての競馬場を踏破する野望を胸に抱きつつ、平素は電気系エンジニアという触れ込みで世を忍んでいる。
Gagnant~地球に生きる、全ての馬に逢うために...
ゲイリー・ヤスカワの競馬・馬乗り
カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


リンク


RSSリンクの表示


FC2カウンター


↓海外ホテルの予約ならオクトパストラベル がオススメ。お得なホテルをオンラインで即時予約できます。




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年1月25日 月曜から送別会
今日は西院のがやが家で送別会。お世話になった先輩方の送別会だけに、残念な気持ちでならないが、自分の所属するチーム以外の飲み会だけに、いろいろな話が聞けて楽しかった。

ただ、そのお店のフードが出てくる順番がかなり変。最初に『鍋』、まぁここまではいい。次に鍋の『おかわり』。まぁ鍋だけのコースかもしれないから許そう。この時点でかなり腹一杯だ。次に『枝豆』、『たこわさ』、『チャンジャ』...いやいやそれはおかしいやろ!?その三つは最初の一杯に出てくるお通しやないか!ここで来るか!?『枝豆』よ。

さて、ヘンテコな居酒屋の話はこれ位にして、昨日の新鋭王座決定戦・優勝戦。3.毒島が3周にわたるデッドヒートを制して優勝。1周1Mで差抜けるも2Mでヘグった3.毒島に、2.新田の渾身の差しが届きラップで2周1Mへ!

毒島がツケマイで新田を沈めようとするが、新田がこれを交わし、これで勝負あったと誰もが思った。しかしドラマは2周2Mに待っていた。先に回った新田の艇がバウンドし、これを冷静に差した毒島が再びラップに持込み3周1Mを先マイ!これで勝負あり。最終ターンマーク、同じ轍を踏むまいと丁寧に回った毒島に、新田が差し迫るが届かなかった。

しかしこのレース。1.小阪がスタート失敗し5着。近代競艇では完全に1枠≒1コースが圧倒的有利。しかもエンジンの仕上がり順に並ぶ事になる優勝戦では、2コースより外の選手は、基本的に1コースの失敗待ちになってしまう。やはりこういう絶好のチャンスで仕留め切れなかったのは悔しいだろう。小坂選手には出来るだけ早いうちに、このトラウマを乗り越えて欲しい。



このレース、優勝賞金850万円もデカイが、付いてくるオマケがデカイ。3月のSG総理大臣杯と、7月のSGオーシャンカップの出走権をゲット。ファン投票で選抜される5月のSG笹川賞もほぼ当確だ。それにしても、観ている側にとっては、ヤングレーサーのガチンコ勝負はワクワクする。舟券を持っていたらかなり心臓に悪いレースだっただろうがw

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://arcdetriomphe.blog63.fc2.com/tb.php/94-baf8506c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。