Gary Yasukawa
  • Gary Yasukawa
  • 1978年・午年生まれ。
    ウマ科研究者。乗馬と競馬をこよなく愛し、地球上の全ての品種の馬に跨り、また地球上の全ての競馬場を踏破する野望を胸に抱きつつ、平素は電気系エンジニアという触れ込みで世を忍んでいる。
Gagnant~地球に生きる、全ての馬に逢うために...
ゲイリー・ヤスカワの競馬・馬乗り
カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


リンク


RSSリンクの表示


FC2カウンター


↓海外ホテルの予約ならオクトパストラベル がオススメ。お得なホテルをオンラインで即時予約できます。




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年1月18日 風邪も治り
腹痛もだいぶ治まってきた。これで今週はやっていけるメドが付いた。それにしても体調が優れなかったり、ケガをした時っていうのは、何をやってもつまらなく感じてしまう。すっかり良くなった今は、新聞に掲載されたセンター試験の問題で、目下連敗中の『握り』を交えて誰かと勝負したい。そんな気分だ。つくづく人間っていうものは主観的で、自分勝手な生物だと思う。

ワタクシの尊敬する同県の大先輩で、元仙台市民にとっては神様のような存在である野村克也先生が、ある時TVでこう話仰っていた。

野球というスポーツは
?.観察 → ?.洞察 → ?.判断 → ?.決断 この繰返しで構成されていると。

うろ覚えなので、何かが抜けているかもしれないが、ワタクシのアタマに残っているのはこの4つ。しかしなにもこれは野球に限ったことではなく、全ての人間関係に当てはまる真実だとワタクシも信じている。

?.観察:相手から目を逸らさず、目の動き、体の動き、声のトーンで相手の精神状態を読み取る。→"INPUT"
?.洞察:読み取った材料から、相手が何を求めているか?何を嫌がっているかを分析する。
?.判断:それをみて、自分がどのような行動に出るべきかの最適解を求める。
?.決断:自分の下した判断を信じ、行動に踏み切る。(ただし多くの人にとってこれが一番難しい)→"OUTPUT"

という行動を、どれだけ意識して実行するかが、人間関係の醍醐味だとワタクシは思う。ただこれをワタクシ流にアレンジするならば、

?.観察 → ?.洞察 → ?.判断 → ?.決断
↑←←←←←←?.揺動←←←←←←↓

という流れがシックリくる感じだ。

『揺動』 つまり、黙って相手の出方を伺うのではなく、大げさに相槌を打ったり、少し話の腰を折ってみたり、あえて相手の嫌がりそうな反論をしてみたりと、状況によって手段(周波数)は異なるが、こちらからこの『揺動』を与え、それに対するリアクションを観察し、洞察することで相手の思考は、ほとんど見切れてしまう。長い付き合いであればあるほどそれがいえる。その上で相手に少しでも満足してもらえるような決断(行動)をするように心がけている。

こういう考え方はある種イヤラシイと捉えられがちだが、ワタクシは逆で、『それぐらい相手に対して誠心誠意接しているんだ』 という自尊心すら持っている。

人間のような自分勝手な生物が、自分勝手な他人と上手く付き合って行くには、それぐらいのサービス精神がないとダメ。そうでないと、農耕民族たる日本人として生まれてきた価値がないんじゃないかとさえ思う。

さて、今週は若駒Sにルーラーシップが登場する。この馬は今年のダービー戦線を引っ張っていくと期待されているので、ここでは完全な内容で勝利してもらいたい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://arcdetriomphe.blog63.fc2.com/tb.php/87-312a4d89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。