Gary Yasukawa
  • Gary Yasukawa
  • 1978年・午年生まれ。
    ウマ科研究者。乗馬と競馬をこよなく愛し、地球上の全ての品種の馬に跨り、また地球上の全ての競馬場を踏破する野望を胸に抱きつつ、平素は電気系エンジニアという触れ込みで世を忍んでいる。
Gagnant~地球に生きる、全ての馬に逢うために...
ゲイリー・ヤスカワの競馬・馬乗り
カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


リンク


RSSリンクの表示


FC2カウンター


↓海外ホテルの予約ならオクトパストラベル がオススメ。お得なホテルをオンラインで即時予約できます。




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年1月6日 2009JRA年度代表馬はウオッカ
お正月休みに、以前通勤に使っていたカバンを開けてみると、この前まで使っていたmp3プレーヤが出てきた。いくら探しても出てこなかったので、『飲みに行った時にでも落としたかな...』 と諦め、最近新しいものを買ったばかりなので、こういう形で再び出会えるとは思わなかった。

『再び』といえば、今年G1を3勝したウオッカが、2008年に続き、2009年のJRA年度代表馬に選出された。去年の選考ではライバルだった『ダイワスカーレット』との比較が難しく意見が分かれたが、今年に関して言えば、各部門とも選出された馬は順当だと思う。

ウオッカはこの後、3月27日のドバイワールドカップに出走予定だが、このレースをもっての現役引退が決定しているだけに、ドバイに長期滞在して万全の態勢で本番に臨む公算が高い。本来60日を超える海外遠征の場合、帰国してからの検疫で3カ月以上はレースに出走できないのだけれども、今回は引退レース。そのルールを考慮する必要はない点については好材料。ついでにアイルランドで昨年の凱旋門賞馬 Sea the Stars を種付けして帰ってくるプランまで検討されているそうだ。

いずれにせよ、昨年秋のジャパンカップでの走りを見ても、とてもピークを過ぎたとは思えず、引退レースでの勝利ももちろん期待したい所だけれど、何よりも無事に日本に帰って来てもらいたいし、また日本競馬界をリードしていける仔をたくさん出してほしいと思う。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://arcdetriomphe.blog63.fc2.com/tb.php/75-5737fa84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。