Gary Yasukawa
  • Gary Yasukawa
  • 1978年・午年生まれ。
    ウマ科研究者。乗馬と競馬をこよなく愛し、地球上の全ての品種の馬に跨り、また地球上の全ての競馬場を踏破する野望を胸に抱きつつ、平素は電気系エンジニアという触れ込みで世を忍んでいる。
Gagnant~地球に生きる、全ての馬に逢うために...
ゲイリー・ヤスカワの競馬・馬乗り
カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


リンク


RSSリンクの表示


FC2カウンター


↓海外ホテルの予約ならオクトパストラベル がオススメ。お得なホテルをオンラインで即時予約できます。




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

競馬力認定試験『馬検』(G?級)受験してみました!
2009年2月11日、競馬力認定試験「馬検」(G?級)[1]を受験してきました。

ある程度のキャリアを積んだ競馬ファンなら、自分の競馬に関する知識が、客観的にどの程度のレベルなのか試してみたいですよね?

この検定にはG?級・G?級・G?級と、3つのグレードがあるのですが、G?級は今回から開催されるという事を知り、迷わずG?を受験することにしました。

baken2.jpg     
郵送されてきた受験票                    公式問題集

公式問題集を購入して、会社の休み時間にパラパラと眺めてみたのですが、JRAの記録やディープインパクトに傾倒した問題や、競馬の本質とは関係ないと言える問題(○X競馬場のラーメンの値段は?etc)が多く、とても「競馬力検定」などと呼べる問題集ではなかったため、正直申し込んだ事を後悔していました。

しかし受験料は支払ってしまった訳ですし、ブログのネタぐらいにはなるかもしれない(笑)と、大阪まで受験しに行ってきました。
baken1.jpg

試験は1時間。G?級の合格ラインは正答率80%以上と、かなり骨っぽい試験です。それにしてもこの資格...取ったとしても一般人が履歴書に書けない資格ですので、どんな方が受験されているのか少し興味があったのですが、ほとんどが20?30代の男性ばかりでした。

気になる試験の内容ですが、公式問題集に載っていたような、おかしな問題は意外に少なく、そして海外競馬に関する問題も多く出題されているなど、思ったより悪くない問題だったように感じました。

(出題例)
・シンボリルドルフとトウカイテイオーの親子は、合計いくつのG1タイトルを取ったか?
・サンデーサイレンスが米2冠を達成したのは何年?
など

自分の手ごたえでは、6割強の正答率で不合格だと思うのですが、次回も受験してみようかな?と思わせる問題の内容でした。

それにしても検定料が高い...世間では「漢検」が色々と世間を騒がせていますが、こちらはたった100問の択一式の試験で、6880円は取り過ぎじゃないですか?サンスポさん!せめてG??G?の受験料は同じにしてください!

(リンク)
[1]『馬検』オフィシャルサイト http://www.kentei-uketsuke.com/baken.html

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://arcdetriomphe.blog63.fc2.com/tb.php/32-192d469b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。