Gary Yasukawa
  • Gary Yasukawa
  • 1978年・午年生まれ。
    ウマ科研究者。乗馬と競馬をこよなく愛し、地球上の全ての品種の馬に跨り、また地球上の全ての競馬場を踏破する野望を胸に抱きつつ、平素は電気系エンジニアという触れ込みで世を忍んでいる。
Gagnant~地球に生きる、全ての馬に逢うために...
ゲイリー・ヤスカワの競馬・馬乗り
カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


リンク


RSSリンクの表示


FC2カウンター


↓海外ホテルの予約ならオクトパストラベル がオススメ。お得なホテルをオンラインで即時予約できます。




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドバイワールドカップ Dubai World Cup 2009?ダイワスカーレット・ドバイワールドカップを回避
デビュー以来12戦連続連対で、2008年の有馬記念(G1)を制したダイワスカーレット(牝5 大城敬三氏)が、左前脚の浅屈腱炎により、フェブラリーSと、ドバイワールドカップを出走回避することになりました。

ダイワスカーレットを管理する松田国英調教師のコメント[1]によると、”繋の骨(指骨)につながる浅屈腱の左内側部分に炎症が見られる” ということで、通常言われる屈腱炎とは発症部位が異なる、珍しいケースなのだそうです。

ankle.jpg
:通常でいう屈腱炎を発症する部位 :ダイワスカーレットが浅屈腱炎を発症した部位
図は「サラブレッドの科学(日本中央競馬会 競走馬総合研究所編 講談社)」より引用


いずれにせよ、非常に残念な事になってしましました。

今年のドバイワールドカップでは、かなり有力視されており、実際にアンティポスト(前売馬券)で、二番人気のオッズを付けているブックメーカーもありました。それだけに本当に残念です。

完治までの期間はまだ不明ですが、繁殖に上げるタイミングもあるでしょうし、恐らく今年1年は現役を続行するのではないかと思われますので、もう一度彼女の走りを観られる事を願ってやみません。

(リンク)
[1]JRAホームページ http://www.jra.go.jp

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://arcdetriomphe.blog63.fc2.com/tb.php/31-64cb326b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。