Gary Yasukawa
  • Gary Yasukawa
  • 1978年・午年生まれ。
    ウマ科研究者。乗馬と競馬をこよなく愛し、地球上の全ての品種の馬に跨り、また地球上の全ての競馬場を踏破する野望を胸に抱きつつ、平素は電気系エンジニアという触れ込みで世を忍んでいる。
Gagnant~地球に生きる、全ての馬に逢うために...
ゲイリー・ヤスカワの競馬・馬乗り
カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


リンク


RSSリンクの表示


FC2カウンター


↓海外ホテルの予約ならオクトパストラベル がオススメ。お得なホテルをオンラインで即時予約できます。




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.GW ノーザンホースパークの乗馬レッスンは効く!
北海道までわざわざ足を運ぶのに、なんでまた乗馬のレッスン?開放的な外乗の方が面白いんじゃないの?

20100605 599

内地の人間ならそう思うかもしれません。でもね、ここの馬乗りのレッスンはスゴいんです。

ここ、ノーザンホースパークは馬たちとふれあうテーマパークでありながら、乗馬経験者にもレッスンをしてくれるんですよね。実はこの事、結構知られていないみたいで、ワタクシのクラブに通っている人も「えっ?ノーザンホースパークって乗馬のレッスンやってるの?」という人は多いんです。ワタクシなりにその理由を解釈すると

・乗馬のレッスンをやってるけれども、採算が合わないのでコッソリと営業している。

からではないでしょうか?実はここ、ノーザンファームに勤めはじめたプロのタマゴが、まず最初に馬乗りと手入れの基礎を学ぶための、いわば馬乗りのプロを育てるための施設なんですね。ですから、そんな施設の屋内馬場(実は皆様ご存知、セレクトセールの会場なんです)を貸し切って、一流のインストラクターの指導のもと、3人まで限定のフリー騎乗が出来るなんていうのは、ワタクシのような素人にとっても十分行く価値のある馬乗りの学校なんです。

20100605 581

しかも特筆すべきはその料金の安さ。平日なら一鞍45分5000円。休日でも7000円という価格。5枚つづりの回数券を買えばそれぞれ1000円ずつ安くなり、平日のレッスンだと一鞍4000円!この質でこの値段。恐らく完全な赤字事業。これは天下の社台グループが馬乗り文化発展のために続けてくれている社会貢献活動なのでしょう。

レッスンの詳細はノーザンホースパークのWEBにも詳しく書かれていないので、詳しく知りたい方はぜひ直接電話して問い合わせしてみて下さい。

そもそも、なぜワタクシがこのノーザンホースパークの乗馬レッスンに出入りするようになったかというと、ワタクシが京都で通っている乗馬クラブで親しくさせて頂いている中央競馬の馬主さんにして、2000鞍以上の騎乗経験をお持ちの、Kさんという素敵な社長さんに勧めて頂いたからなんです。

K社長はノーザンホースパークのレッスンの質の高さをよくご存じなので、毎週のように北海道に足を運びレッスンを受けておられて、仕事の都合で北海道に行けない時にだけ、京都の乗馬クラブにいらっしゃる方ななので、Kさんの言葉を聞いて、ワタクシもぜひ行ってみたいなぁ...とずっと思っていたんですけど、一介のサラリーマンが毎週のように北海道に通うなんて、そうそうできるものではなく、教えて頂いてから半年後に初めてノーザンホースパークのウッドチップ馬場を踏むことになったのです。

20100605 583


結局GWは都合3回ノーザンホースパークに通い、5鞍のレッスンを受けましたが、草食動物である馬を1頭だけで動かしかつ誘導する事の難しさを、肌で感じましたね...今までのレッスンは何だったのかと、目から鱗でした。その後地元京都に帰ったあとも「いかに短い時間で、馬の集中力をこちらに向けさせるか」を常に意識して乗るようになりました。

残念なことにワタクシは北海道民ではないので、このような質の高いレッスンを毎週のように受ける事は簡単ではありませんが、それでも下手な乗馬クラブでたくさんお金を使うより、3カ月に一回ぐらい北海道に足を運んで、地元のクラブに通ううちに発見した課題に対する解決法を教わりに行くのがベストだと判断したワタクシは、このあと9月にノーザンホースパークに戻って「馬体に吸いつく正反動」のツボを掴んできました。

このノーザンホースパークは、苫小牧市に位置していて、新千歳空港から送迎バス(所要約20分)が運行されています。ですので車の運転をされない方でも、気軽に利用できるという点で非常に素晴らしいと思います。

20100605 576

また馬乗り以外でも、競馬ファンなら「えっ!?」と驚くような馬や記念品が、そこらじゅうに点在するので、観光スポットとしても十分見応えがある事でしょう。

20100605 597
フサイチペガサス号の黄金像

20100605 593
メルボルンカップ優勝・デルタブルース号

20100605 607
天皇賞盾。ドバイや香港の優勝カップも、シレ~ッと展示されている。

正直ココはブログに書きたくないな...と思うほど、あまり他人に教えたくない所ですが、馬乗りをされる方なら、ぜひ一度足を運んで頂きたいと自信を持って言えるスポットである事は間違いありません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://arcdetriomphe.blog63.fc2.com/tb.php/308-8011b746
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。