Gary Yasukawa
  • Gary Yasukawa
  • 1978年・午年生まれ。
    ウマ科研究者。乗馬と競馬をこよなく愛し、地球上の全ての品種の馬に跨り、また地球上の全ての競馬場を踏破する野望を胸に抱きつつ、平素は電気系エンジニアという触れ込みで世を忍んでいる。
Gagnant~地球に生きる、全ての馬に逢うために...
ゲイリー・ヤスカワの競馬・馬乗り
カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


リンク


RSSリンクの表示


FC2カウンター


↓海外ホテルの予約ならオクトパストラベル がオススメ。お得なホテルをオンラインで即時予約できます。




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドバイワールドカップ Dubai world cup 2011 (1)
今年も早いものでもう3月。競馬の世界もいよいよ春シーズンの幕開けです。そして3月26日には、世界最高賞金を賭けて争われるドバイワールドカップが開催されます!昨年はレッドディザイアが本命視されたものの惨敗...ブエナビスタも前座レースのドバイ・デューティーフリーで2着した事はみなさまの記憶に新しいところだと思います。

今年日本からはヴィクトワールピサ,ブエナビスタ,トランセンドと過去最多の3頭が出走予定。また同日に行われるドバイシーマクラシックにルーラーシップが、UAEダービーにレーザーバレットが出走を予定しています。

皆様せひドバイワールドカップをライヴで観戦して楽しんできて下さい。その上で日本馬のドバイワールドカップ初制覇の目撃者になれると素晴らしいですね!(ワタクシは行けませんが...)

●ドバイワールドカップ観戦のための基本情報

・ドバイへのアクセス
日本からドバイへは、エミレーツ航空の直行便が成田、関西から毎日飛んでいます。10時間程度のフライトにはなりますが、深夜便なので、「翌朝起きたらドバイ」といった感じでサラッと移動できます。(3月6日時点で両者とも空席あり!)

・競馬場へのアクセス
ドバイワールドカップは2010年より、新設されたMEYDAN競馬場で開催されています。場所はUAE(アラブ首長国連邦)・ドバイの中心地から南へ20kmに位置しており、2009年までドバイワールドカップが開催されていたNad Al Sheba競馬場のお隣に建設された競馬場です。


大きな地図で見る

DSC01059.jpg


ご覧のとおり周囲に公共交通機関などまったくなく、車でしかアクセスできません。タクシーを利用すると良いでしょう。タクシーならドバイの中心から競馬場まで渋滞がなければ30分。料金は100AED?邦貨で3千円程度だったと記憶しています。ちゃんとメーターが付いているので日本と同じように利用できると思います。(追記:運転手さんには「ナラルシバ…ホースライス」と言うと伝わりやすいようです) なお、有料席を事前に予約しておくと、競馬場の駐車場のパスが付いてくる場合があるので、その場合レンタカーで行くというのも一考です。

DSC00716.jpg


タクシー,レンタカーを問わず、ドバイワールドカップ当日はだだっ広い砂漠の臨時駐車場に一旦回され、ここで車を降りてからシャトルバスで競馬場まで移動させられ、ゲート前でセキュリティーチェックを受けた後やっと入場です。このように入場まで結構時間が掛るので、時間が許すなら正午ぐらいにホテルを出るような感じで行けば大失敗する事はないと思います。

DSC00951.jpg

DSC00964.jpg

DSC00966.jpg

DSC00983.jpg


また、車でしかアクセスできない競馬場で競馬終了後、一斉に観客が帰り出したら、どうなるか?これは容易に想像できます。ですから「こうなったら酒盛りしてから帰るか!」というお客さんも多いようです。


・競馬場のスタンドについて
以前のNad Al Sheba競馬場時代は有料エリアに入らないと、レースを観る事も出来ないような状況でしたが、このMEYDAN競馬場が完成してからは、無料観戦エリア(General admission)の位置は飛躍的に改善されたようで、中山や阪神競馬場のスタンド前の一般観覧エリアのようなイメージなのですが、日本のようにゴール前で観戦する事は出来ず、残り200m地点あたりで観戦する事になります。以前は「ドバイワールドカップでは、必ず有料エリアに入って下さい」という立場を取っていましたが、新競馬場のそれを見てから、少し考えが変わりました。

DSC01027.jpg

DSC01115.jpg

去年ワタクシは Meydan Terrace という席で観戦したのですが、今年は団体用に割り当てられたようで、10名単位でしか予約出来ないようですね。詳細・予約はドバイワールドカップのWEBページで可能です。

DSC01063.jpg

DSC00997.jpg


・ドバイのバクチと酒
有名な話ですが、UAEはイスラムの国ですから馬券は発売されていません。ただしPICK6という勝馬当てゲームが一応あるので挑戦されてみてはいかがでしょうか?そして同じ理由で街中で酒が売られていません。ただこれについては、免税店や、ホテルのレストラン、そして競馬場内の有料エリアなど、外国人が利用するような場所では問題なく買えたり飲んだりできます。なお、タバコについては日本と比較しても寛容で、屋外で吸う限りは何の問題もないように感じます。

DSC01072.jpg

DSC01065.jpg



さて、このドバイワールドカップ。そもそも一体何故、このような競馬のオフシーズンに世界最高賞金のレースが開催されるのか...という事ですが、これはドバイの首長であるモハメド殿下が英国を拠点に競走馬を走らせていたところ、欧州の冬は競馬自体がオフシーズンであったため、モハメド殿下のお眼鏡にかなった馬たちを、冬季のみ温暖なドバイに移して調教するようになったのが始まりです。しかしながら、当然調教するだけでは物足りなくなるのが人情というもの。「じゃぁ競馬やっちゃえばいいんじゃね?」という軽いノリであったかは知りませんが、1月から3月の欧州競馬オフシーズンに「ドバイレーシングカーニバル」という競馬を開催するようになり、その目玉として開催のラストに、1着賞金600万$という破格の賞金を賭けた、ドバイワールドカップが行われるようになったのです。

DSC00712.jpg

それではシェイク・モハメドの偉大な功績を体で感じながら、素敵なドバイの旅を!
スポンサーサイト

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/05/04 20:27] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://arcdetriomphe.blog63.fc2.com/tb.php/304-4faed411
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。