Gary Yasukawa
  • Gary Yasukawa
  • 1978年・午年生まれ。
    ウマ科研究者。乗馬と競馬をこよなく愛し、地球上の全ての品種の馬に跨り、また地球上の全ての競馬場を踏破する野望を胸に抱きつつ、平素は電気系エンジニアという触れ込みで世を忍んでいる。
Gagnant~地球に生きる、全ての馬に逢うために...
ゲイリー・ヤスカワの競馬・馬乗り
カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


リンク


RSSリンクの表示


FC2カウンター


↓海外ホテルの予約ならオクトパストラベル がオススメ。お得なホテルをオンラインで即時予約できます。




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年8月1日 ハーモニーファーム淡路へ日帰りプチ馬カンスでやす!
近場の外乗スポットを探しと、新馬・オグリキャップ号のエージングを兼ねて、明石海峡を渡りハーモニーファーム淡路に行ってきました!京都からたこフェリー乗り場の明石まで90km程度の距離なんだけれど、171号線はやたらと信号が多くて、京都→明石が片道3時間弱と、非常に時計のかかる馬場。こういう時は高速使いたいなぁ...って思ってしまうけど125ccで高速は怖いやろね。

IMG_1730.jpg
淡路島に渡るなら、たこフェリーでやす!

外乗は10AMスタートなんで、5AM起き。明石のフェリー乗り場に着いたのは8AM過ぎ。一般道は疲れるなぁ...20分でたこフェリーは岩屋港着。ここから20分ほど走って、ハーモニーファーム淡路に到着!案内の看板が無いので、初めて行く人は恐らく迷うと思うけれども、とにかく 『あわじ花さじき』 の看板を目指していけば、間違いなくたどり着けます。

さて、ワタクシまだ駈歩(かけあし)に自信が無いので、海岸ではなく山のほうに2時間のトレッキングです。海と山が近い淡路島だから、どちらのコースも楽しめますよ!いよいよ出発!ガイドのU本さんはワタクシが駈歩練習中の身と知りながら、駈歩を交えて楽しませてくれました!U本さんと、虹子ちゃんのお陰で駈歩ができるようになったでやす!ありがとうございやす!

IMG_1743.jpg
クラブハウス前で記念撮影でやす!今日のパートナーは中間種の虹子ちゃんでやす!

IMG_1750.jpg
のどかな光景でやす!淡路島は自然がいっぱいでやす!

IMG_1765.jpg
目指すはレッドクリフPart3出演でやす!

IMG_1768.jpg
草がいっぱいでやす!おいしそうでやすなぁ!

IMG_1794.jpg
たまにはシャンとして記念撮影するでやす!

IMG_1812.jpg
ワタクシも一緒に食べたいでやす!

IMG_1824.jpg
ワンちゃんたちは例外なく厩舎で寝っ転がっていたでやす...仕事するでやす!

乗馬の後はハラが減る。という訳で、あわじビーフを頂きに津名の三楽園へ!特選ロース。特選ハラミを塩で頂きました。とってもまいう?でしたよ!淡路観光の際は是非おこしやす!

IMG_1827.jpg

IMG_1826.jpg
淡路島は兵庫県ながらマルナカの勢力圏内だったでやす! ♪マルナカ?マルナカ?なかな?か?だ?でやす!

IMG_1829.jpg
マルナカがあるということは...やっぱりあったでやす!本なら何でも揃う宮脇書店でやす!

お腹もいっぱいになった事だし、淡路島の北半分をオグリキャップ号でぐるっと流してみたら、阪神・淡路大震災の野島断層記念館を発見したので入ってみた!野島断層を見る事ができて良かったけど、館内の人たちの対応が妙にお役所的な感じだった点が少し気になる。

IMG_1844.jpg
野島断層...ズレ過ぎでやす...タテ500mm・ヨコ1000mm以上ズレたらしいでやす!

プチ馬カンスの最後も、やっぱり美味いもんですね!明石海峡大橋の下、道の駅あわじで『淡路牛丼』を頂きました。淡路島の名産品といえば、たまねぎと牛肉!そりゃ牛丼が美味しくないはずがない!ただ、ここの牛丼はもはや牛丼の域を超えている!あぶった牛肉と、生の牛肉、そしてよくありがちな牛丼の具。この三種類がどんぶりに乗って1380円!もう反則ですよ。

IMG_1864.jpg



京都からトータルで260Kmのプチツーリングだったけれども、京阪神に住んでいる方にとって、淡路島は日帰りで楽しむにはうってつけの所だと感じました。さて、最後にひとつだけ注意でやす!今回淡路島から四国に渡って楽しませてもらおうと思っていたんだけれども。乗り物で鳴門海峡を渡るには、高速道路を使うしかないという事実を知ってしまった。つまり自転車や125cc未満のバイクでは鳴門海峡を超えられないってことでやす!とてもがっかりでやす...

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://arcdetriomphe.blog63.fc2.com/tb.php/286-611ccf97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。