Gary Yasukawa
  • Gary Yasukawa
  • 1978年・午年生まれ。
    ウマ科研究者。乗馬と競馬をこよなく愛し、地球上の全ての品種の馬に跨り、また地球上の全ての競馬場を踏破する野望を胸に抱きつつ、平素は電気系エンジニアという触れ込みで世を忍んでいる。
Gagnant~地球に生きる、全ての馬に逢うために...
ゲイリー・ヤスカワの競馬・馬乗り
カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


リンク


RSSリンクの表示


FC2カウンター


↓海外ホテルの予約ならオクトパストラベル がオススメ。お得なホテルをオンラインで即時予約できます。




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年7月12日 さ?て、今週もマッタリやるか 
ワールドカップはワタクシが寝ている間に、スペインが初優勝したらしい。世界最高レベルリーグを擁するスペインの、マドリードとカタルーニャの2強が組んだらこうなるんやねぇ。日本も外国人枠を取っ払って最高の選手を...無理やな。日本のサッカー選手はギャラが安すぎるからね。

最近ワタクシが働いている会社は、ずいぶん忙しい。この分なら我が国の景気も持ち直してくるだろうと思っていたんだけれども、どうやら事はそう簡単ではないみたいやね。この会社が忙しいのは、国内のセットメーカーからの引き合いが多いのではなく、米国→下請け・中国からの受注であったり、韓国の有名企業からの引き合いがメインのようだ。

まぁ考えてみれば当然っちゃ当然。日本製のマウンターのような高性能な生産設備が、中国や韓国にボンボン売れているんだから、アイデアと部品さえあれば、日本のセットメーカーに負けない品質のモノを簡単に作れるんだから、普通のモノを作っていては日本のセットメーカーは太刀打ちできないよね。良し悪しはともかくとして、コンセプトを提案するようなものづくりをしないと、勝負になりませんわ。ソニーさん頑張ってよ!

今週もその米国→中国の強力ラインからの発注で、ひっくりがえっている筑後の工場でお仕事。現場の工程責任者さんとお話しをしていると 『こんな状況で休めないけど、なんとかなっているのは、やっぱ最後は我々の責任感でしょうね』 とおっしゃっていた。

そういう心意気ってありがたいと思うんだけれども、こういう状況で仕事をしている事自体に問題があると思う...誰だって、こんな給料で馬車馬のように働かされたら、クリエイティブな発想なんて生まれてくる訳がない。貧すれば鈍する。まさに典型例ってこと。

日本の製造業がチヤホヤされる時代は、とうの昔に終わっているって事は明白で、世界で勝負になるセット産業はクルマと原子力、あとは環境技術しかないんだよねぇ...こうなってくると、品質のバラつきが少ない我が国の電子部品といえども、中国勢に安く買い叩かれてしまう。そのうえ我が国のメーカーは我先にと、目先の利益を求めて、すでにアジア各国に技術移転を進めてしまっている。

技術を展開して、各国の経済格差を縮小する事も当然大切な事ではあるんだけれども、それ以上にブチちぎったモノづくりが出来ていない我が国は、この先なにで食っていくのか?農業なのか?環境なのか?そういうビジョンを国家全体で考える必要があると思う。

なんだか、すごくえらそうな事を書いてしまったけれども、製造業の現場や、地方の現状を見ていると、書かずにはいられない気分になる。ワタクシもあのワンちゃんのように、『タダ友の国』 を掲げて、一念発起・次の衆院選に出馬するしかないかな?

まぁそれよりも明日、目先の仕事をきっちりカタにハメんと、なんにも前に進まないので、さっさと寝よ。それではみなさんが明日も面白おかしい一日を過ごせますように。オヤスミナサイ...

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://arcdetriomphe.blog63.fc2.com/tb.php/266-64fbbc95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。