Gary Yasukawa
  • Gary Yasukawa
  • 1978年・午年生まれ。
    ウマ科研究者。乗馬と競馬をこよなく愛し、地球上の全ての品種の馬に跨り、また地球上の全ての競馬場を踏破する野望を胸に抱きつつ、平素は電気系エンジニアという触れ込みで世を忍んでいる。
Gagnant~地球に生きる、全ての馬に逢うために...
ゲイリー・ヤスカワの競馬・馬乗り
カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


リンク


RSSリンクの表示


FC2カウンター


↓海外ホテルの予約ならオクトパストラベル がオススメ。お得なホテルをオンラインで即時予約できます。




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年7月5日 前線基地・キャンプ筑後に配置完了
朝の新幹線で筑後の工場まで配置につき、半日作戦行動を終えた後、キャンプ筑後こと、ホテルアヴェニュー筑後に帰投した。今回はなぜか水曜日だけ予約が一杯で、一週間同じ部屋を使えない恐れがあったんだけれども、そこは会社ぐるみの付き合いがあるキャンプ筑後。どうにか一週間ネット付きの部屋を回してくれる事になった。ありがたやありがたや。

さて毎週月曜日は、キャンプ筑後そばの『助六』さんで夕食をついばむのが通例。ここでマッタリ飲んでキャンプに帰ってシャワーを浴びると、こんな感じのいい時間になる。先週末は京都に帰って馬にも乗れ、信頼できる人たちにグチを聞いてもらえて、十分リフレッシュできたことだし、月曜からほぼ全開で仕事が出来る。

やっぱり国内出張は、少々遠くても金曜夜に戻って、月曜朝にキャンプ入りするのが一番いいと思う。平日夜寝る分には全く問題ないけれども、無機質なキャンプで週末を過ごすというのは精神的にプラスには作用しない。おウチに戻ると、溜まりに溜まった会社への不満もある程度中和できてしまうんだよね。

以前祖母が無くなった喪中の正月。元旦・笠松競馬。二日・金沢競馬。三日・園田競馬というトリプルヘッダーを敢行したことがあるんだけれども、少々無駄足でも毎日おウチに帰って、明朝改めて出動するほうが楽だった。以前、藤沢和雄先生の本で勉強させてもらったんだけど、三冠馬・シンボリルドルフは、レースが終わるたびに、我が家である千葉のシンボリ牧場に帰っていたそうだ。ワタクシのように、我が家以外に安心できるキャンプを開拓する事も確かに大事ではあるけれども、やっぱり我が家っていう物のありがたさっていうのは代え難いものがあるよ。

昨日久々に馬乗りをしたおかげで、内転筋が痛い。昨日はストレッチなどのケアをせずに寝てしまったので、なおさら内転筋が張っている。遅きに失した感は否めないが、今夜はじっくり内転筋を伸ばしてから寝たいと思う。

それでは。みなさんが馬に揺られるような、心地よい眠りを楽しめますように。おやすみなさいzzz

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://arcdetriomphe.blog63.fc2.com/tb.php/259-718170d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。