Gary Yasukawa
  • Gary Yasukawa
  • 1978年・午年生まれ。
    ウマ科研究者。乗馬と競馬をこよなく愛し、地球上の全ての品種の馬に跨り、また地球上の全ての競馬場を踏破する野望を胸に抱きつつ、平素は電気系エンジニアという触れ込みで世を忍んでいる。
Gagnant~地球に生きる、全ての馬に逢うために...
ゲイリー・ヤスカワの競馬・馬乗り
カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


リンク


RSSリンクの表示


FC2カウンター


↓海外ホテルの予約ならオクトパストラベル がオススメ。お得なホテルをオンラインで即時予約できます。




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年5月29日 今日も4鞍乗り!
今日は朝っぱらから乗馬のレッスン。図らずもいつも会社に向かう時刻に家を出て、乗馬クラブ・クレイン京都に向かう。例によって1日4鞍の騎乗!先生も 『Yasukawaさん...今日も4鞍ですか!』 てな感じ...今日は 『手前合わせ』 を習った。馬の外側の前脚が前に出るタイミングで立ち上がるんだけど、これがなかなか上手くいかない。練習あるのみだ。

DSC01904.jpg
本日のユキノアラシ号。先週よりは少し元気になっていた。眼に力強さが戻ってきたかな?

やはりというか当然というか、乗馬クラブには競馬好きが多くて、朝イチ・ダービーの18.ダノンシャンティースクラッチの一報を聞いた。元々一銭もいらないという結論に達していたのだけれども、やっぱり18頭フルゲートのダービーが観たかったなぁ。馬券も金曜日から既に発売されているので、なかなか難しいと思うけど、こういうケースでは補欠馬を入れることってできないのかなぁ?ダービーに出走できることだけでも十分光栄なことですからね

さて、ワタクシの乗馬クラブの看板馬・重賞2勝のセレクトグリーンの様子を見に行くと、厩務員さんのような方がいらっしゃって、挨拶すると馬について色々教えてくださった。印象深いのは 『馬にとっては、馬房の扉を開けた瞬間から乗馬は始まっている』 という事だ。そして、馬は体を触られるのがキライな生き物だということ。触られても大人しい馬は、馬が我慢してくれてるからだそうだ。ただ手入れなどで、どうしても触らないといけない場合は、最初に肩をポンポンと叩いてから触ると、馬も心の準備ができていいという事だ。

4鞍乗った後は、飲みたい水を我慢して、新阪急ホテルのビアガーデンへ直行!メンツは会社の同僚といつもお昼休みに喫茶店に行く後輩N村君の嫁はん・合計5人だ。しっかし汗を掻いたあとのビールは格別!余りの旨さに飲み過ぎてしまった。腹ペコ状態でガバガバビールを飲んだら回るに決まっているのに...解っちゃいるけど止められない...でもさすがにまだ5月。夕暮れは結構冷えてきたので、近くの 『リド飲食街』 に移動。時代は移ろっても、ここは完全に昭和。ディープなスポットだ。ここの 『面影』 というお店でカラオケを熱唱!むっちゃ狭い店なんだけれども、たまにはこういうのもアリだと思う。

DSC01929.jpg
Photo by N村クン嫁。隣は会社の先輩K納さん。先に断っておきますけど、ワタクシはそっちの趣味はありませんよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://arcdetriomphe.blog63.fc2.com/tb.php/222-c257522b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。