Gary Yasukawa
  • Gary Yasukawa
  • 1978年・午年生まれ。
    ウマ科研究者。乗馬と競馬をこよなく愛し、地球上の全ての品種の馬に跨り、また地球上の全ての競馬場を踏破する野望を胸に抱きつつ、平素は電気系エンジニアという触れ込みで世を忍んでいる。
Gagnant~地球に生きる、全ての馬に逢うために...
ゲイリー・ヤスカワの競馬・馬乗り
カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


リンク


RSSリンクの表示


FC2カウンター


↓海外ホテルの予約ならオクトパストラベル がオススメ。お得なホテルをオンラインで即時予約できます。




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年4月29日 乗馬レッスン♪
今日は昼から松井山手の乗馬クラブ・クレイン京都へ!前回は体験乗馬だったが、今回からは正会員としての初めてのレッスンだ。

入会関係の事務手続きを終え騎乗。今日のパートナーは 『ダンディ号』。前回体験乗馬の時に乗せてもらった 『吉春号』 よりは少しズブい感じの馬。ワタクシが前進の合図を出しても、なかなか進んでくれない。蹴り方が悪かったのかなぁ...でも前回の騎乗から内転筋を鍛えてきた成果は少しあったかも。軽速歩では、すこしばかり馬のリズムを感じて合わせることが出来たような気がする。レッスン前に他の人の軽速歩をよく観察できたのも良かったのかもしれない。この軽速歩がぼちぼち出来るようになれば、ビギナークラス卒業だ。目安は10鞍程度らしいが、ワタクシが目指すのは外で自由自在に馬を操れる、中級者の証である3級ライセンス。こんな所では躓いてられない。

そんな感じで、乗り手のほうがずいぶんイレ込んでいたので、騎乗後インストラクターさんから 『力を抜いて乗ってください』 というコメントを頂いた。そうだ、確かに必死のパッチやったからな...明日のレッスンはワタクシ、お得意の水泳のように体の力を抜いて、馬に乗る事を心掛けようと思う。

厩舎で今日のパートナーのダンディ号にニンジンをプレゼントすると、必死でかぶり付きに来る。おいおい、ブログ用の写真撮らせてくれよな...栗毛のナイスガイがったので、いい写真が撮れると思ったんだけれども、全然ダメ。変顔しか撮れなかった。馬写真のテクニックも少しずつ上げていこうと思う。

DSC01491.jpg
本日のパートナー・ダンディ号。顔も、食べ物に対する反応も愛犬のゴンタ号に似ている。

さて、土曜日はアメリカ・ケンタッキー州・ルイビルにあるチャーチルダウンズ競馬場で、ケンタッキーダービー(ダート10f・G1)が行われる。ウイリアムヒル社のオッズでは、Lookin At Luckyっていう馬が前売りで単勝オッズ4.5倍の1番人気だそうだ。

日曜の京都競馬は伝統の天皇賞(芝3200m・G1)。さすがにこの条件では、胸を張って 『春の天皇賞馬』 と言えるほどの格はなくなってしまった。今年も例に漏れず、ディフェンディングチャンピオンのマイネルキッツ以外は全馬G1未勝利というメンバー構成。混戦が予想される。近年の長距離戦は、スタミナというよりも、折り合い・上がりの瞬発力勝負。つまり調教師・乗り手といった、人間側の技術が問われるレースだともいえる。いつもにも増して、ジョッキーの馬を御す能力に注目して馬券を買ってみたい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://arcdetriomphe.blog63.fc2.com/tb.php/192-112315f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。