Gary Yasukawa
  • Gary Yasukawa
  • 1978年・午年生まれ。
    ウマ科研究者。乗馬と競馬をこよなく愛し、地球上の全ての品種の馬に跨り、また地球上の全ての競馬場を踏破する野望を胸に抱きつつ、平素は電気系エンジニアという触れ込みで世を忍んでいる。
Gagnant~地球に生きる、全ての馬に逢うために...
ゲイリー・ヤスカワの競馬・馬乗り
カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


リンク


RSSリンクの表示


FC2カウンター


↓海外ホテルの予約ならオクトパストラベル がオススメ。お得なホテルをオンラインで即時予約できます。




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年3月26日 ドバイ着。素晴らしい出会いに乾杯!
11時間のフライト。UAEはサッカーや競馬の括りでは一応『アジア』なんだけれども、遠いなぁホンマ。

空港施設も2年前に来たときよりもずいぶん良くなっていた、前の空港とはずいぶん変わっている。ただ、入国審査の行列は酷かった。偶然隣のブースが開いたので、20分程度の並びで済んだけど、そうじゃなかったら1時間コースだな。まぁその程度の待ち時間でグズグズ言ってたら、中東では生きていけないのだろうけれども。

前回街中で酒が買えなくて残念な思いをしたので、今回は免税店でハイネケンを箱買い。とにかくタバコを吸いたくなったので、屋外へダッシュ!12時間ぶりのタバコに 『うめぇ?!!!』 となって、辺りを見てみると、隣で日本人の若者が同じく 『うめぇ?!!!』 となっていたので、声をかけてみた。単身ドバイワールドカップを観戦に来たのだそうな。彼・Tクンは京都の大学生。しかもお医者さんのタマゴだという!いや?素晴らしい!そんなお医者さんやったら、喜んで診てもらいに行くよ!将来有望な若者に出会えて本当に良かった。これでワタクシの寿命も数年延びたに違いない!

空港で 『お金の出る箱』 VISAのキャッシュサービスで現金を調達。まぁ今回は馬券はナシなので、それほど必要ではあるまい。1000AED(3万円弱)で充分だろう。さらにduで携帯のSIMを買った。旅行者向けならば、49AEDのSIMが良いだろう。20AED分のクレジットが付いてくる。さっき空港のサービスカウンターのお兄ちゃんが 『ダンナ!到着からタクシー乗るんやのうて、1つ上の階でタクシー拾ったら、空港特別料金の20AEDが掛からへんで?ゲッヘッヘ』 とズルテクを教えてくれたので、言われるとおりにやってみたのだが、たまたま(?)ポリスの取締まりが行われていたので、全てのドライバーから『ノー』を突きつけられ、断念。あぁ...完全に時間の無駄だった。やっぱ日本人は海外で銭をケチったらイカンなぁ。我々の先輩方が築いてくれた日本人イメージを損なう恐れがある。

DSC00694.jpg
お金の出る箱・ATMは人類にとって世界遺産ともいえる設備。本当にありがとう。

諦めて、下の階からタクシーでMEYDAN競馬場に向かった。まずは下見を兼ねて、チケットの受取りだ。それにしてもMEYDANは新聞報道の通り工事中な感じ。でもMEYDAN HOTELのバルコニーから記念撮影。

DSC00750.jpg
やってきましたMEYDAN!それにしても日差しが熱い...

さあホテルに荷物を預けに行こうと思ったその刹那、後ろから 『YASUKAWAさんですよね?ブログやってる』 という女性の声が!振り向くと2人の素敵な女性が。おおなんと!まさかドバイでワタクシのブログを読んで下さっている方に偶然出逢うとは...これにはホントビックリ!これも何かのご縁なので、タクシーに同乗してワタクシの宿泊先のNOVOTEL CITY CENTERで荷物を預けて、トイメンのショッピングモール CITY CENTER で少し早めのランチをご一緒させてもらった。

それにしてもこのショッピングモール。なんか見覚えがあるなと思ったら、2年前に相方とドバイワールドカップ観戦に来たときに、買い物をしたショッピングモールだ。『あぁココなら一回来たことありますよ』と、うろ覚えだったが、どうにかレストランまでエスコートすることが出来た。聞くとこの女性2人組は会社の同僚で、競馬好きの先輩Hミさんの番手に、後輩のMユさんが乗っかる形でドバイまで競馬観戦に来られたそうだ。しかもこのブログの記事を参考にして下さったという事なので、ワタクシも思い切ってこのラインの露払いをさせてもらうことにした。

お二人に 『今日はどないしはるんですか?ワタクシはノープランなんですけど』 と水を向けると、 『あれ?スキーしに行くんじゃないですか?』 と逆に突っ込まれる始末。何気ない記事をよく読んでいただいているようで...というわけで、MALL of EMIRATES でスキーを楽しむことに!見知らぬ砂漠の国で、初めてお会いする女性2人とスキーに行けるなんて、いや?ワタクシはなんという果報者だろう。このスキー場。装備は一切必要なし。すべてレンタルしてくれる。料金はロッカー代込みで1人200AEDで2時間滑れる。砂漠の国でスキーをするという風情を楽しめる割には、非常にオトクな料金だと思う。

DSC00780.jpg
う?ん幸せ。ブログもやってみるもんだなぁ...計画中の新サイト構想を加速させる励みになった!

さて、スキーのあとはビール。これは外せません。ただイスラムではビールはご法度。しゃぁないしお茶でもシバいて行こうかと思ったら...ありましたよ!モール内に酒を出してくれるバーが!しかもタバコが吸えると来たもんだ!というわけで、半ば強引に3人で入店。ワタクシひとりだけ、イスラムで飲む冷えたビールの味に感動してしまいました。Hミさん、Mユさんゴミンチャイ。でも本当に楽しかった!また日本でも競馬行きましょう!

DSC00783.jpg
禁酒国で飲む冷たいビールの味は格別。それもスキー後の一杯は死ぬほど美味い!

帰りは我らが日本の技術の結晶。ドバイメトロに乗ってホテルへ。施設は三菱重工製。車両は近畿車輛製。なんだか嬉しくなる。ただつり革が無いので、乗っていて結構疲れる。リビエラホテルに宿泊するお2人を途中で見送り、ワタクシはNOVOTELへ戻る。メトロのCITY CENTER 駅を降りて、3分ほど歩くとNOVOTELに着いた。やっぱりこのホテルは正解だった。フロントにナツミさんという日本人女性がいらっしゃったので、喫煙室への変更からなにから、本当にお世話になった。ムシャキラン!

DSC00810.jpg
KINKI SHARYO 直訳すると変態車両ですな

部屋も清潔でいい感じ。デスクもあって、PC作業も快適!日本で言う、少しいい感じのシティーホテルだ。1万円でこの部屋ならば、日本人にも充分オススメできるホテルだと思う。 さて、明日はドバイワールドカップ。歴史的瞬間に立ち会えるかもしれないと思うと、ホントドキドキしてしまう。あとはHミさんとMユさんが STYLE STAKES で優勝してくれることを願いながら、ハイネケンでひとり乾杯!

DSC00789.jpg
これって、イズミールこと・森泉じゃね?微妙に違う???

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://arcdetriomphe.blog63.fc2.com/tb.php/158-7e62861b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。