Gary Yasukawa
  • Gary Yasukawa
  • 1978年・午年生まれ。
    ウマ科研究者。乗馬と競馬をこよなく愛し、地球上の全ての品種の馬に跨り、また地球上の全ての競馬場を踏破する野望を胸に抱きつつ、平素は電気系エンジニアという触れ込みで世を忍んでいる。
Gagnant~地球に生きる、全ての馬に逢うために...
ゲイリー・ヤスカワの競馬・馬乗り
カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


リンク


RSSリンクの表示


FC2カウンター


↓海外ホテルの予約ならオクトパストラベル がオススメ。お得なホテルをオンラインで即時予約できます。




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年2月4日 絶妙の仕掛け
今日も凍えながら 『ジョーシンの歌』 を聴きながらご出勤。そうすると曲がり角を合流してきた、徒歩のオッチャンがワタクシの前に入ってきた。『これは良い併せ馬のパートナーになるわい』 とほくそえみながら、歩くピッチを上げた。すると相手さんもこちらの動きを察知しペースアップ! 

『むむ!なかなか骨っぽい相手や。どうさばいてやろうか?』 

と考えるより先に自分の体が反応していた。この間隔で足音を大きくして、このまま後ろから先行馬にプレッシャーを掛け、ハイペースにして、脚色が鈍った瞬間に仕掛けて勝負を決めよう!

そのまま300mほど追走し、会社まで150mの地点で相手の手応えが怪しくなったその瞬間を見逃さず、自分の心にムチを入れ、一気に仕掛けて並んだ瞬間に相手の心が折れ、ゴール前25mで計ったように差切り勝ち! 

我ながら完璧な仕掛けのタイミングだったと思う。岡部幸雄元ジョッキーの著書によると、こういう状況での、過去の経験に基づいた一瞬の判断力を 『勝負勘』 と呼ぶらしい。そういう意味では、ワタクシの勝負勘もなかなか捨てたもんじゃない。

ところで今日の夕刊に 『小沢幹事長不起訴』 の見出しが。検察の追及から、どうやら逃げ切った模様。ワタクシ個人は高校生の頃読んだ、著書・日本改造計画に深い感銘を受けた時からファンなのであるが、今回の事件で受けたダメージは、参議院選挙に向けて決して小さいとは言えない。しかし幸いなことに、半年弱ほどの時間はある。ここで勝利すれば、『名前の割りにギャーギャーうるさいオジサン率いる政党』と、『眉間のシワが素敵なオバサンの政党』 とオサラバし、晴れて我が国に 『政権を交代し得る二大政党による政治』 の時代が訪れることになる。そのためにもここは小沢民主党に、なんとか持ちこたえてもらいたいと願っている。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://arcdetriomphe.blog63.fc2.com/tb.php/105-168942f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。