Gary Yasukawa
  • Gary Yasukawa
  • 1978年・午年生まれ。
    ウマ科研究者。乗馬と競馬をこよなく愛し、地球上の全ての品種の馬に跨り、また地球上の全ての競馬場を踏破する野望を胸に抱きつつ、平素は電気系エンジニアという触れ込みで世を忍んでいる。
Gagnant~地球に生きる、全ての馬に逢うために...
ゲイリー・ヤスカワの競馬・馬乗り
カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


リンク


RSSリンクの表示


FC2カウンター


↓海外ホテルの予約ならオクトパストラベル がオススメ。お得なホテルをオンラインで即時予約できます。




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年8月26日 ポッピー号が我が家にやってきた
いや?今日は本当にほんとうにホッとしました。

もう10年以上前、ワタクシのマミーが一頭の捨て犬を拾ってきたんですよ。名前はパトラちゃんっていうメス犬だったんだけれども、妙に警戒心が強いなぁと思っていたら、我が家にくる前すでに妊娠してたんですよねぇ...無事4頭の仔犬を生んだんです。でもワタクシの家ではキャパ的に4頭の追加はとても無理...なんで、引取り手を探しまわって、ようやく3頭は引取ってもらえる事になったんだけれども、1頭だけはどうしても見つからなかった。仕方なく我が家で育てる事にしたんですよ。

その1頭こそ、ワタクシの愛犬・ゴンタ号なんですよ。やっぱ子飼いの犬って、おっとりしててホントかわいいんですよね?。


DSC01863.jpg
愛犬・ゴンタ号でやす!

さて1週間前、引取られていった犬のうちの1頭?ゴンタ号のお兄さん?を飼ってくれていた方が、『噛み癖があって、これ以上面倒を見切れない。保健所に連れて行こうと思う』 と言ってきたんですよ。悩みましたよ?ホント。いくら我が家で生まれた犬とはいえ、もう先方の飼い犬。飼い主の意思は尊重しなきゃいけないんだけれども、保健所で処分されるまでの数週間を、彼はどんな気分で過ごすのだろうかと考えると、大好きな乗馬の時間でさえ、憂鬱さと自己嫌悪の混じり合った、イヤ?な気分になってたんですよ。我が家で生まれた、たった一頭の犬すら、オレは救えないのかな...って感じで

そこで、思い切ってその飼い主さんに引取りを打診してみたところ、あっさりOKしてもらい、実家である我が家にその犬?ポッピー号?は戻ってきました。犬は3頭+猫1頭。はっきりいって、スペース的には完全にキャパオーバーなんだけれども、ゴンタ号に番犬を退役してもらい家の中へ。代わってポッピー号に外で番犬をしてもらうという事で、無事収拾がついたんですよ。

でもこのポッピー号。庭で悪さをして、園芸用生石灰の袋を破って散らかしちゃったんです。その事自体は何の問題もないんですけれども、生石灰って水分と混じると発熱するものなので、ポッピー号は口の周りとか食道にかなりのやけどを負い、異変に気づいたマミーが病院に連れて行き、昨日そのまま入院しちゃったんですよ。

先生からは、『石灰を飲み込んでいたら、かなり厳しい。安楽死という選択肢も視野に入れなければいけません』 と仰っていたらしく、ワタクシも今日仕事を半休で切り上げ、見舞いに行く際には、もし今日悪化していたなら安楽死の決断をしてやらないといけないかも...覚悟しよう。

そう思って動物病院に行くと、拍子抜けした!犬用のパラボラアンテナwを付けたポッピー号が元気に吠えまくってるじゃありませんか!確かに口の中はやけどでただれているけれども、自分で水も飲んでいるし、なにより元気一杯じゃん(^^;) 先生も『明日退院しましょう』と言ってくださったので、本当にホッとした?。

だって、せっかく保健所行きから救ったのに、生石灰かじって死んでしまうなんて...そんなん悲しすぎるわ...明日の夕方仕事終わりで迎えにいくから、残り少ない入院生活を満喫してよ!ポッピー号^^

そうそう、あと今日ワタクシが仕事であけた穴を、きっちりフォローしてくれた、舎弟(に見えるらしい...)のトミーに感謝でやす!ありがとう!


スポンサーサイト
2010年8月24日 個人協賛レースで誘導馬に騎乗したい!
昨日からワタクシが勤める会社に、インターンシップの学生さんたちが来てくれています。去年から、学生さんたちのお世話をさせてもらっているんだけれども、ワタクシ的には毎年のこのイベントが好きなんですよねぇ。やっぱ若い学生さんとかと接していると、組織に染まったワタクシの常識を、良い意味で壊してくれるんですよ。1週間という短い期間だけど、色々勉強させてもらおうと思っています。

さて先日、国内競馬場完全踏破を達成した記念に、競馬の個人協賛競走をしてみたいなと思っているんですよ。出来れば思い入れの深い、荒尾競馬か笠松競馬さんでやりたいなぁと思ってます。

ただ、ワタクシもせっかく乗馬を趣味にしているんだから、ただの個人協賛じゃなくもう一工夫して、個人協賛競走で、誘導馬に騎乗して入場したいと思うんですよ!

こないだ門別競馬場に行った際には、地元の高校生だか中学生さんが、誘導馬に騎乗していました。つまりある程度馬を御せれば、素人でも誘導馬に乗れるはず!


こういう風に誘導馬に乗って入場したいでやす!

ワタクシも乗馬を習い始めて、はや4ヶ月になろうとしています。騎乗回数も30鞍を越え、ただいま駈歩(軽いキャンター)の練習中。乗馬4級ぐらいのライセンスを持っていれば、誘導馬に乗る事も出来るのかもしれない。これについては交渉の余地があるかもしれないので、一度問い合わせてみようと思います。

そうはいっても、ワタクシの馬術の腕前を客観的に評価するものがないので、ひとまず最速で乗馬4級のライセンスを取るため、1鞍1鞍集中して乗っていくしかないですね。

必ず実現してみせます。それでは皆様、競馬のような夢を...


2010年8月14日 (1週間の出張を終え)山陽オート経由で京都へ
世間はお盆休み...そんななか筑後の工場で業務を終え、京都に戻ろうかと思ったんだけれども、サクッと京都に戻るのもなんだか能がない。という訳で後泊して、どっかに遊びに行ってから帰ることにしてみました。

先日淡路島のハーモニーパークでお話させていただいた方から 『霧島の外乗はよかったよ?』 という情報を頂いたので、鹿児島まで突撃する準備は整っていたんだけれども...

この日は土曜日で、高速道路1000円の日。そのうえUターンラッシュのピーク日ときたもんだ。筑後から鹿児島までクルマで行く事は出来るだろうけれども、帰りのことを考えるととても無理。クルマの運転が面倒なワタクシのこと、高速で渋滞に捕まったひにゃ、そのままサイド引いてフテ寝してしまうだろう。

さすがにそれはシンドそうなので、今回は帰り道に電車で寄れるところに行ってから帰ろうと思った次第。今回はたまたま山口県の山陽オートが開催中なので寄って帰ることにしてみました。

DSC04479.jpg
新下関駅...この先何度山陽新幹線に乗る事があっても、多分降りる事が無いような気がする。

DSC04490.jpg
埴生駅から眺める山陽オート...田舎度合いは桐生競艇を超えとる!

DSC04519.jpg
ほら。駅の裏側は山村ですよ。

DSC04500.jpg
なにげにオートレース場も4つ目の踏破。あとは浜松と伊勢崎か...おっといかんいかん

DSC04504.jpg
山陽オートは飯塚オートのような鉄火場的熱気は無く、普通の田舎のレース場って感じ。

DSC04508.jpg
こっ...これは天国への階段??

DSC04509.jpg
インクジェットプリンタで印刷した感全開の専門誌『ダイヤモンド』。
このご時世に 『コンピュータ予想』 って文言にグッとくる人っているのかなぁ?


初めてのレース場なので、場内を一回りしてみるけれども、まぁ普通のレース場って感じ。ただ、e-スマート倶楽部っていう、キャッシュレスで投票できるシステムが導入されている...こんなもん年配の方々が使いこなせるんかいなと思っていたら、結構な歳のオジイサマも普通に使ってはった。やっぱオートレースのファンはcoolだ!

DSC04511.jpg
ワタクシものっけからcoolに三車単獲り!
幸先良いスタートだったけど、あとは盗ったり盗られたり...お土産買ったらチャラでした。


DSC04514.jpg
山陽食堂さんの肉うどんは美味しかった。なよなよしたうどんだったけれども、これがダシにマッチしてて◎

もうさすがに疲れた...帰りはのぞみに乗るため新山口まで行ってから京都へ。出張帰りにもうひと踏ん張りして遊びに行くっていうのは大変だわ...ついでにどこか遊びに行くならば、絶対に『行き』で行った方が良いなと心の底から思いましたとさ。



2010年8月8日 夏の小倉競馬へ!(寄ってから出張へ...)
♪夏の競馬で小倉へ?旅を?し?よ?お?...

てな訳で、最近馬乗りにかまけて馬券を買っていなかった罪滅ぼしに小倉競馬場へ行ってきました。

DSC04384.jpg

小倉競馬場は2回目なんだけれども、実を言うと1回目の訪問は場外発売日だったんですよ。確かビリーヴが勝ったスプリンターズSの日だったと思う。だから競馬開催日に小倉競馬場に来るのは初めてなんですよねぇ。

まぁそれにしても、小倉はとても良い造りの競馬場だな。パドックはとっても観やすい。ワタクシは5階の指定席をベースに色々動き回っていたんだけれども、この5階指定席も眺めがよくてとっても良かった。

DSC04396.jpg
小倉のパドック。夏競馬!って感じでしょ?

DSC04401.jpg
大屋根もあって、突然のスコールでも安心

DSC04405.jpg
5階指定席からの眺め。園田競馬の指定席みたいなイメージかな?

DSC04402.jpg
小倉競馬場限定の騎手弁だって。でもオカズがジャンクすぎるよ...コンビニ弁当と変わらんやん。という訳でスルー

馬券の方は盗ったり盗られたりって感じだったんだけれども、新馬戦に出走してきたスカラプレイ号。これは二番人気だったけど、パドックを観ていたら、周りの馬がはしゃいでるのに、この馬だけは妙にマイペースで空気が違う。結果はやっぱり1着!ただ久しぶりにパドックで勝ち馬を見つけられたというのに、単勝は10枚(1000円)しか買わなかった...最終オッズは3.5倍。イケると思った時には1000枚ぐらいブッ込める胆力が必要だと思うよ。

DSC04424.jpg
スカラプレイ号。やっぱり1着。でもこういう感覚は久しぶり。競馬を始めた頃の感覚に近いかも。

DSC04433.jpg DSC04446.jpg
そうそう、今年の夏は『韋達』こと、香港リーディングジョッキーのダグラス・ホワイト騎手が出張にお見えです。

DSC04452.jpg
シャンプーハットのお二人もロケで出張されていました。ご苦労様です!

さて、小倉競馬場で楽しませてもらった後は、小倉から筑後まで移動。明日の仕事のためキャンプ筑後入りだ。それにしても北九州から筑後。同じ福岡県ではあるが、本当に遠い。小倉駅でたまたまタイミング良く有明が来てくれたので、飛び乗って爆睡(大丈夫か?)。でも鳥栖と久留米の間で目が覚めた。素晴らしいなぁ、寝ていても筑後センサーが働くようになってきた。

羽犬塚駅に降り立ち、キャンプ筑後ことホテルアベニューにチェックインした後は、当然のように羽犬塚駅前の花火さんへ直行。マスターこだわりのカレーを食べようかと思ったけれども、今日は筑後初日。まずは鉄板メニューの天ぷら定食で一杯。う?ん幸せ。でもやっぱカレーも食べたかったなぁ...今度こういうシチュエーションになったら、クォーターサイズのカレーを頼んでみようと思う。

DSC04471.jpg
羽犬塚駅前『揚げてんや花火』の鉄板メニュー天ぷら定食(上)お刺身付きで乾杯


2010年8月4日 Mac Mini がやってきたでやす! 
昨夜、自宅に Mac Mini が送り付けらてきました 2日前にamazonでポチっとして、24時間弱で着いてしまうとは...大阪のセンターから送ってきたみたいだけれども、日本の流通は本当に凄いと思う。

とりあえず Mac Mini を箱から出して、Windowsデスクトップと配線を入れ替えて起動してみると、マウスもキーボードもあっさり認識して、なんだか使えそげな雰囲気になってきたので、メールの設定やら、ネットワークHDDのマウントやら色々設定ていると、時刻は4am前...寝不足出勤確定でやす!

ただ色々調べてみると、キーボードもちゃんと認識していないみたいだし、もう少し新馬調教(初期設定)してやらないといけないみたいだわ。ワタクシ自身も、ショートカットとかワカラン事が多いので、もう少し勉強しないといけないようでやす。

そんなこんなで今日は寝不足(時差ぼけ?)で出勤。一般社員より30分早く出て、出勤してくる人々に朝のあいさつ啓発活動につとめているでやす! 小さなことではあるけれども、ひとえに会社の雰囲気の向上のため、8月一杯貫き通してみようと思う。まぁこの経験が将来の選挙活動で生きてくるだろう

表定時で会社を引き上げた後は、乗馬クラブ クレイン京都へ出撃!駈歩のレッスンだ!先日の淡路島外乗で、ある程度出来るようになっていたし、力まず気楽に乗れた!鐙を踏み過ぎても体が跳ねてイカンみたいだ。どちらかというと、正反動の感覚を大事にして乗った方が良いのかもしれない。あとは鐙が前に流れないように、少し短めにした上で、かかとを軽く踏んでやると、着地の衝撃が吸収されて、うまく乗れるような気がする。

さて、来週は月曜から筑後の工場へ出張でやす!前日移動で小倉競馬に寄っていければ最高でやすなぁ!


2010年8月1日 ハーモニーファーム淡路へ日帰りプチ馬カンスでやす!
近場の外乗スポットを探しと、新馬・オグリキャップ号のエージングを兼ねて、明石海峡を渡りハーモニーファーム淡路に行ってきました!京都からたこフェリー乗り場の明石まで90km程度の距離なんだけれど、171号線はやたらと信号が多くて、京都→明石が片道3時間弱と、非常に時計のかかる馬場。こういう時は高速使いたいなぁ...って思ってしまうけど125ccで高速は怖いやろね。

IMG_1730.jpg
淡路島に渡るなら、たこフェリーでやす!

外乗は10AMスタートなんで、5AM起き。明石のフェリー乗り場に着いたのは8AM過ぎ。一般道は疲れるなぁ...20分でたこフェリーは岩屋港着。ここから20分ほど走って、ハーモニーファーム淡路に到着!案内の看板が無いので、初めて行く人は恐らく迷うと思うけれども、とにかく 『あわじ花さじき』 の看板を目指していけば、間違いなくたどり着けます。

さて、ワタクシまだ駈歩(かけあし)に自信が無いので、海岸ではなく山のほうに2時間のトレッキングです。海と山が近い淡路島だから、どちらのコースも楽しめますよ!いよいよ出発!ガイドのU本さんはワタクシが駈歩練習中の身と知りながら、駈歩を交えて楽しませてくれました!U本さんと、虹子ちゃんのお陰で駈歩ができるようになったでやす!ありがとうございやす!

IMG_1743.jpg
クラブハウス前で記念撮影でやす!今日のパートナーは中間種の虹子ちゃんでやす!

IMG_1750.jpg
のどかな光景でやす!淡路島は自然がいっぱいでやす!

IMG_1765.jpg
目指すはレッドクリフPart3出演でやす!

IMG_1768.jpg
草がいっぱいでやす!おいしそうでやすなぁ!

IMG_1794.jpg
たまにはシャンとして記念撮影するでやす!

IMG_1812.jpg
ワタクシも一緒に食べたいでやす!

IMG_1824.jpg
ワンちゃんたちは例外なく厩舎で寝っ転がっていたでやす...仕事するでやす!

乗馬の後はハラが減る。という訳で、あわじビーフを頂きに津名の三楽園へ!特選ロース。特選ハラミを塩で頂きました。とってもまいう?でしたよ!淡路観光の際は是非おこしやす!

IMG_1827.jpg

IMG_1826.jpg
淡路島は兵庫県ながらマルナカの勢力圏内だったでやす! ♪マルナカ?マルナカ?なかな?か?だ?でやす!

IMG_1829.jpg
マルナカがあるということは...やっぱりあったでやす!本なら何でも揃う宮脇書店でやす!

お腹もいっぱいになった事だし、淡路島の北半分をオグリキャップ号でぐるっと流してみたら、阪神・淡路大震災の野島断層記念館を発見したので入ってみた!野島断層を見る事ができて良かったけど、館内の人たちの対応が妙にお役所的な感じだった点が少し気になる。

IMG_1844.jpg
野島断層...ズレ過ぎでやす...タテ500mm・ヨコ1000mm以上ズレたらしいでやす!

プチ馬カンスの最後も、やっぱり美味いもんですね!明石海峡大橋の下、道の駅あわじで『淡路牛丼』を頂きました。淡路島の名産品といえば、たまねぎと牛肉!そりゃ牛丼が美味しくないはずがない!ただ、ここの牛丼はもはや牛丼の域を超えている!あぶった牛肉と、生の牛肉、そしてよくありがちな牛丼の具。この三種類がどんぶりに乗って1380円!もう反則ですよ。

IMG_1864.jpg



京都からトータルで260Kmのプチツーリングだったけれども、京阪神に住んでいる方にとって、淡路島は日帰りで楽しむにはうってつけの所だと感じました。さて、最後にひとつだけ注意でやす!今回淡路島から四国に渡って楽しませてもらおうと思っていたんだけれども。乗り物で鳴門海峡を渡るには、高速道路を使うしかないという事実を知ってしまった。つまり自転車や125cc未満のバイクでは鳴門海峡を超えられないってことでやす!とてもがっかりでやす...


2010年7月31日 プチ馬カンスに行ってくるでやす!
今日も例によって昼前起き。せっかくの4連休だから有意義に使いたいな。それでもホームの乗馬クラブ・クレイン京都には顔を出して、しっかりレッスンに励まないといけない。ということで、オグリキャップ号で出撃!灼熱の太陽とか、夕立とかに少々ビビっていたんだけれども、今日は比較的涼しかったので、問題なく2鞍に騎乗できたでやす!(アカン...完全にハマってしまったな...やすかわくんに)

今日乗せてもらった、2頭のお馬さんは、どちらも前向きな馬で、自分からどんどん進んでいくタイプ。ワタクシは間違いなく 『当たりの柔らかい』 乗り手ではないようなので、自分から動かない馬の方が得意だと思ってるんよねぇ。でもこういう前向きな馬を宥めながら乗る技術も当然必要な訳なんだわ。指導員の方々にもどんどん質問しながら、ノウハウを積んでいくしかないと思う。

さて、明日はハーモニックドライブ...じゃなかった、コレはやすかわくんの関節や...ハーモニーファーム淡路という、その名のとおり淡路島の乗馬クラブで2時間ほど外乗してくるでやす!

昼に予約の電話をしたら、『乗馬経験は?』 って聞かれたので、『25鞍です』 って答えたら。『う?ん25鞍程度では2時間コースは無理です...』 って言われちゃった。でもねぇ...わざわざ淡路島まで行って1時間コース?それはないっすよねぇ...『北海道でも2時間弱の外乗経験があるから大丈夫でやす!』 の一点張りで、どうにか2時間コースのOKをもらったでやす! 日頃クレイン京都の優れた指導員さんたちに叩き込まれた技術で、メイチ楽しんできますよ

さて、今回は京都から淡路島まで、新馬(新車)のオグリキャップ号で出撃しようと思ってます。人馬の信頼関係をより強固にするためには丁度いい機会だしね。当然高速には乗れないから、明石海峡は『たこフェリー』で渡らないといけないなぁ。しかも明日は10AMスタートだし...5:30AMの出撃か...こりゃ大変やね。とっとと寝るでやす!

その後は...知らん。月曜も休みだし、サックリ帰ってくるもよし。第二の故郷である香川県高松市を目指すもよし。ま...そん時の気分で決めましょか。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。