Gary Yasukawa
  • Gary Yasukawa
  • 1978年・午年生まれ。
    ウマ科研究者。乗馬と競馬をこよなく愛し、地球上の全ての品種の馬に跨り、また地球上の全ての競馬場を踏破する野望を胸に抱きつつ、平素は電気系エンジニアという触れ込みで世を忍んでいる。
Gagnant~地球に生きる、全ての馬に逢うために...
ゲイリー・ヤスカワの競馬・馬乗り
カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


リンク


RSSリンクの表示


FC2カウンター


↓海外ホテルの予約ならオクトパストラベル がオススメ。お得なホテルをオンラインで即時予約できます。




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年6月29日 異常なテンション
昨日書いた、内包しているトピックスがやっぱり炎上した。ただ幸いなことに、朝の段階で上司の耳に入れておいたので、上司が巧く捌いてくれているらしい。頑張ってどうにかなる問題ではないので、うまくスルーできると良いなと思う。

さて、今日は異常に仕事のテンションが高かった。理由はここで書くような事ではないけれども、とにかく今回の仕事は是が非でも仕事はキッチリと締め括りたい想いで一杯だ。場合によっては、今週末京都に帰れなくなっても構わない。そういう覚悟で今週は行ってみようと思う。

あぁ...それにしても馬に乗りたいな。まぁこうやって汗して働いて得た収入の一部が、愛する馬たちの糧となってくれると思えば、まぁワタクシの人生にも少しぐらいの意義があるのかな? 最近思うんだけれども、自分は好きなように生きているようでも、意外と誰かに生かされているんだよね。


スポンサーサイト
2010年6月28日 時差ボケの月曜
時差ボケっていうと、10時間ぐらいのフライトの時に起こりそうなもんだけれども、ワタクシは意外にそのテの時差ボケは怖くない。一番怖い時差ボケは、週末の夜更かしによる時差ボケ。土曜日夜に夜更かしをしてしまったら、日曜は昼過ぎまで寝ることになり、日曜夜は目が冴えに冴える。その結果、月曜は強烈な時差ボケになってしまう。今日の第1クオーターは自分の体内時計との戦いとなった。

まぁこういうシチュエーションは、経験がモノを言うから、朝は出来るだけ考えずに出来る、手作業や情報収集のような仕事から始めると、スッと立ち上がることが出来る。野球の先発ピッチャーの初回に似た感じで行けば、良いのではないか思う。ただ、初回に大炎上で○失点なんていう日もまれにあるのだけれども...

今日は無事立ち上がったんだけれども、恐らく週末あたりに炎上しそうなトピックスを内包している。これに関しては、頑張ればどうにかなるという訳ではないので、巧く捌くしかない。桜井章一先生が言うように、サラっとスルーするようなイメージで。いずれにせよ、今週末は絶対京都に帰りたい。愛猫ミッキー号にゴロゴロ言わせて、愛犬ゴンタ号を散歩に連れて行きたいなと思う。ただ愚犬ガニヤン号に噛みつかれるのだけはご勘弁だ。

今日はお疲れなので、早めにキャンプ筑後に戻り、助六で夕食。再びキャンプに戻り、『氷室京介はなぜあんなにカッコイイのか』 を研究している。49歳??ホンマか?この曲 『STAY』 など、こんな音楽不毛の時代ですら、カラオケでキッチリ歌えるだけでカッコイイと思う。やっぱ 『自分を貫き通す事』 と 『神秘性』 なんかなぁ?


2010年6月27日 『京都物語』 これだっ!
昨日は次の海外競馬遠征先,楽しそうな外乗先,あるいはカラオケの新しいレパートリーなどをWEBで色々探していた。気づいたら朝の5時...あぁやってもうた。福岡は京都より夜明けが遅いので、全然気づかなかった。というのも、ホテルの朝食時間は9AMまでだから。

『今から寝たらたぶん起きられんやろなぁ...』 と半ば諦めてベッドに潜り込んだんだけれども、目が覚めたら偶然にも8:45AM!ラッキーっ!!ってな訳で、ボリューム満点の和朝食を食べにホテル併設のつぼ八に向かうと、現在仕事でコンビを組ませて頂いているO川さんが、まさに和朝食に箸をつける所だったので、バカ話をしながら朝食。この光景を見た人たちは、さぞ愉快な職場で仕事をしている連中だと思ったことだろうなぁ。

部屋に戻り、宝塚記念の検討。ここは8.ブエナビスタのアタマで問題ないと判断し、2.アーネストリー,13.フォゲッタブルへ2車単:8→2,13と、3車単8→2⇔13の4点に投票。競馬ファンの義務を果たしたあとは、洗濯などしながらマッタリ休息。仕事から帰って、キャンプ筑後の部屋は、平日仕事から戻ってシャワー浴びて寝る分には何の不足も無いが、こういうオフの日は、もう少し広くて、明るい部屋で過ごしたいもんだなぁ。

宝塚記念は直線8→2で決まったと思ったけれども、17.ナカヤマフェスタの大劇走により、馬券は崩壊...どういうこっちゃ...時計のかかる馬場が向いたのか? しばらくナカヤマフェスタの馬柱と睨めっこしてみたけど、ようわからん...小腹がすいたので、近所のリンガーハットまで皿うどんを食べに徒歩で向かう。この2週間、自宅⇔会社の徒歩通勤がないので、どうも体のキレが鈍い...

DSC04246.jpg
そこら中にリンガーハットがある九州って羨ましい。京都にもリンガーハット出来てくれないかなぁ...

DSC04247.jpg
やっぱこれですわ、細麺皿うどん。ビールに合うんだこれが。

さて、キャンプ筑後に戻り、ベッドでゴロ寝。ダメ人間だな...起きたら9PM。無性に花火のカレーが食べたくなったので、花火のカレーを食べに行ったあと、TVの歌番組を観ていると、めずらしく原由子さんが『京都物語』という曲を歌っていた。なかなかええ曲やん!これや!このキーならワタクシにも歌えるぞ!早速色々調べてみると、カバーではなく、旦那の桑田佳祐さんが書き下ろした新曲らしい。



実は金曜に久留米某所でカラオケを熱唱した時、『京都の歌とかってないの?歌ってよ』 って言われて、全く思いつかなかった。『関西』っていう括りなら、上田正樹『悲しい色やね』。仙台ならさとう宗幸『青葉城恋唄』なんだけれども...今後はこの『京都物語』で押して行こうか。さっそくウォークマンに取り込んで明日から練習だ!


2010年6月26日 助六の座敷でゴロ寝
休日出勤の日はいつもより1時間遅く出勤するのがお約束事。でもこの1時間がいろいろ効いてくるんですよ。想定どおり少々シンドい朝を迎えたんだけれども、この1時間が絶妙なマージンとして、色々吸収してくれる。

今日は今週カタにハメる仕事の仕上げと、あと来週に向けたリードを作るための出勤だから気分はずいぶん楽だ。でも夕方ごろ、設備の誤操作で調整が狂ってしまうトラブル発生。一同凍りついたが、残念ながらワタクシの書いたソフトも、誤動作を許してしまうような構成になっていたので、すぐさまこの改善に着手した。もうマッタリ表定時までの勤務予定が、裏定時までの勤務になってしまった。

激しく働いた後は、近所の居酒屋『助六』でサッカーを観ながら夕食。自宅みたいな雰囲気で落ち着ける雰囲気だから、座敷でゴロ寝して韓国vsウルグアイを最後まで観て、1AMごろキャンプ筑後に戻った。

明日は休みだからどっか馬でも乗りに行こうかと思ったけれども、残念ながら明日は雨予報だ。ワタクシ最近は出ずっぱりで、少々疲れが溜まっているみたいなので、明日は思い切って全休にしようと思う。荒尾競馬とか、大村・グランドチャンピオン決定戦など、誘惑材料は多いんだけれども、勇気を出してキャンプ筑後ことアベニューで1日ボーっと過ごしてみようと思う。

ちょうど宝塚記念もTVで中継されるみたいだし、ベストとは言えないまでも、ベターな選択っぽいやん?選択で思い出したけど、溜まった服も洗濯せんとあかんことやしね。

ヴィクトワールピサも凱旋門賞出走を決めたみたいだし、ワタクシも秋の遠征先などの妄想をしながら1日まったりしよ。


2010年6月25日 久留米の夜に乾杯
いや?最近動き回ってばかりだからか少々お疲れ気味なんだけれども、今日は金曜日。もともと今日京都に戻る予定だったんだけれども、業務の都合で明日も出勤。まぁ出張中だから、土曜日働くのもアリかな。

仕事終わりで、工場のメンバーと久留米に飲みに行った。そして某所にて、ワタクシの中のカリスマ・石原裕次郎さまの名曲・『夜霧よ今夜も有難う』,プレスリーの『Can't help fallin' in love』,そして九州に来たら間違いなく歌う福岡ダイエーホークスの応援歌・『いざゆけ若鷹軍団』を熱唱?♪ 福岡には縁もゆかりも無かったワタクシではあるけれども、むかしダイエーでよく聞いたから普通に歌えるんだよね。

それにしても、久留米のお店は安いわぁ。久留米よかとこっちゃね。明日は仕事だからだいぶセーブして飲んだけれども、最近は量がこなせなくなってきたから、朝はアカンかもなぁ...
2010年6月24日 花火のカレー最高
今日は7PM前に仕事を上がれたので、珍しく一人でホテルに戻った。こんな日は羽犬塚駅前の、天ぷらやならぬカレー屋『花火』に一人で向かった。当然カレーがお目当てではあったけれども、メニューに『あげまき』があったので、バター焼きにて美味しく頂いた。これは旨いですよぉ。ホタテとアサリの間の味、歯ごたえ。これは人生のうち一回ぐらいは食べておいたほうがいいと思う。

さて、あげまきをアテにビールを飲んでいると、部署は別だけれども、よく挨拶する会社の先輩のS野さんがお一人で来店された。話してみるとS野さんも昔は競馬が好きだったそうで、マチカネタンホイザの話で結構アツくなってしまった。

当然、殺人的に旨いカレーを食べてから、ホテルに帰ってワタクシのカラオケの十八番・石原裕次郎の 『夜霧よ今夜もありがとう』 を聞きながら、今日の出来事を書いている。いや?今週末はどうするかなぁ...日曜一日しかないけれども、多分鹿児島か湯布院やな。鹿児島はちょっと雨が多いみたいだからまぁ湯布院かもね。あっ。久しぶりに荒尾競馬もいいかもしれんね。まぁ明日は3時におきてサッカー観ないといけないのでそろそろ寝るかな...だいぶ早いけど、まぁいいや。みなさん、競馬のような夢を...ではでは

 
2010年6月23日 きっちりとお仕事
今日も筑後の工場でお仕事。北海道で完全放電してきたから、ワタクシはみなさまのエネルギーの蓄電先としてはもってこいかもしれない。疲れている皆さんの放電先としてワタクシを使ってくれればいいと思う。

さて、いま預かっている業務。これはきっちりカタにハメて京都に帰りたいと思う。本来今週末は京都に帰れる予定だったんだけれども、色々追加業務を頂いたので、土曜日もリードを作るためガッツリ仕事をしていこうと思う。そうすると、日曜日は九州で一日休みだ。正直ホテルでぐっすり寝ていたい気分ではあるけれども、寝るのはいつでも出来る。

死んだらいくらでも寝れる。だからそういう環境だからこそ、日曜はレンタカーでも自家用ジェットでも何でも使って、お馬さんに乗りに行こうかと思う。来週もこちらでお仕事。仕事があるからこそ遊んで行こうと思う。仕事を言い訳なにかをしないというのは嫌いだ、仕事が出来ない男は、育児が出来ない女と同じぐらいダメだと思う。

まぁそこまで厳しいことを言わんでも、ワタクシが通っているクレインさんなら、日曜日は何とかしてくれるだろう。大分・由布院のクレインに行けば外乗も含め、どうにかしてくれるんじゃないかなぁ。理想は自分の馬に乗ってタバコを買いに行くことなんだけど...

明日は木曜だから、週末一点突破のお休みに向けて、しっかり準備をすべき日だ。ほんとうならクレイン京都に行って、ワタクシの心を解してくれる人とおしゃべりするのが一番なんだけれども...今回ばかりはお預けだな。車でも借りて、鹿児島だか大分だか知らんけど、馬を駆って楽しんでこれればいいと思う。

明日は晴れるのかなぁ?でも降ってくれればいいと思う。そういうときに降ってくれたら、馬カンスの貯金が出来るからね。
2010年6月22日 羽犬塚駅前・天ぷら 『花火』 のカレー
今日から戦線復帰。朝からO川さんとその上司のS見さん、そしてT中さんと共に工場に向かった。まぁ毎度のことだけれども、『業務三日会わずは刮目してみよ』。馬カンス前とずいぶん状況が変わっていて、スケジュールの引きなおしを余儀なくされる。ワタクシの心の師・桜井章一先生の著書 『ツキの正体』 で学んだところなんだけれど、『修正力』 は非常に大事な要素だ。これが備わっていれば、何かを選択しなければならない局面で、不必要な迷いがなくなる。また、そういう局面で迷っていると、選択肢そのものがなくなってしまうと、岡部幸雄元騎手もおっしゃっている。

まぁそんなこんなで、迅速にスケジュールを引き直し、上司にもチョイヤバ注意報を送って、あとは足元の業務に集中。残件の消化にあたり、10PM前に仕事を終了。O川さんと夕食に向かう。

さて、先日も書いたんだけれども、天ぷら屋さんなのに、異常にカレーが旨いお店・羽犬塚駅前 『花火』 で夕食。前にここでカレーを食べてからというもの、ここのカレーが食べたくて食べたくて仕方がなかった。今日は鉄板メニューである天ぷら定食を自ら放棄して、カレーライスを食らう。そう、何かを得るためには、何かを捨てなければいけない。これはワタクシのママから頂いた言葉だ。

思い切ってご主人にカレーの仕込みについて聞いてみたところ、ビックリ!カレーの仕込に10日掛けているのだそうだ。そらそうだろう。ワタクシこんなに美味しいカレーを食べた事がないもの。逆に言うと、これだけ旨いカレーを作ろうと思ったら、具財を張り込んで、手間隙掛けないと出来ないんだろうな。このカレーであれば、全国どこでも勝負になると思う。京都にお店を出して欲しいよ。出来ないのであれば、ワタクシが修行させてもらって、京都に店を出そうかな?福岡・佐賀・熊本県にお住まいの方は、一度はコレを食べに来るべきだと思う。それぐらいレベルの違う旨さだった。

明日も工場で残件潰しを行う。今週末は京都に戻る予定だったが、業務の都合でどうしても戻れそうな気がしない。乗馬クラブにもいけないなぁ...もう残念で仕方がないけれども、まぁ最後の仕事だと思って、メイチ勝負をしてみましょうかね。

  
2010年6月21日 Camp CHIKUGO へ移動
ラビスタ函館の朝。気づくとベッドに突っ伏して眠っていた。布団に潜り込む気力すらなかったんだろう。せっかく広いベッドだったのに、もったいないことをしたなぁ...済んだことは仕方がないので、2階の 『北の番屋』 に朝食を食べに行った...そしたらそこは凄い数のマダムだ!

中高年マダムのすごいエネルギーに押されている。完全アウェー状態だ。そしてビュッフェからおかずを取って戻ってくると、ワタクシがどうにか押さえたテーブルが横取りされてるやん!なんやここは!?軽い修羅場やん!ならば受けて立とうではないか。ワタクシも世界の競馬場めぐりで伊達に各国を飛び回ってる訳ではない。事情を説明して、無事お引取り頂き、心穏やかに朝食だ。

ただ、こないだ新冠のホテルヒルズの朝食がスゴいと書いたが、ここの朝食はヤバい...好きな刺身ネタを好きなだけ食べ放題...マダムたちが血眼になってガッつく気持ちが理解できるほどスゴかった。ワタクシもさすがにイクラを飲んだのは人生初めてだった。

DSC04188.jpg
これ、いくら丼に見えるでしょ?そうです。ゴハン抜きのいくら丼です^^;

朝食後、函館駅に向かう前に、函館朝市に立ち寄った。威勢が良くて、楽しいっちゃ楽しいんだけれども、まぁなんていうか観光客相手の商売やな。京都で言うところの、清水寺周辺の雰囲気を感じたので、ひやかしだけで撤収した。

DSC04212.jpg

DSC04196.jpg

DSC04199.jpg

あっちゃこっちゃ移動にして、結局博多駅に着いたのは6:30PM。筑後市にある工場での出張に復帰するため、Camp Chikugo こと、ホテルアベニュー筑後へ前日移動。

DSC04240.jpg

さぁ明日からはお仕事だ!放電完了したことだし、次回の旅へのエネルギーを充電するか!


2010年6月20日 リニューアル!函館競馬場へ
国内競馬場完全踏破を達成した翌日。旅の目的は達成したけれども、せっかくなので昨日リニューアルオープンされた函館競馬場に寄りみちする事にした。ただ同じ北海道とはいえ、帯広から函館なんて 『ついでに』 なんていうレベルではない。『北海道はデッカイど?』...なんて言いたくなる気持ちが非常によくわかる。

朝6AMに起き、帯広からスーパーとかち→スーパー北斗を乗り継いでに館に移動した。車内はヒマでしょうがないから、駅弁をカッツキながら競馬新聞とにらめっこ。途中列車が止まって、約20分遅れの12PM過ぎに函館駅着。仙台での大学院時代の恩人で、現在函館で高専の教員をされているN村の兄貴と、その奥さんが出迎えてくれた。そして、函館競馬場近くのN村さんちに車を泊め、函館競馬場まで徒歩で向かう。

DSC04078.jpg

DSC04079.jpg

DSC04098.jpg

DSC04104.jpg

さて、リニューアルされた函館競馬場。12年前に初めて訪れた時の面影は一切なくなっていたのだが、新しいスタンドは実にすばらしい造りになっている。ひとことで言うと、サラブレッドが身近に感じられるものになっていた。パドック→馬道→降馬所→本馬場までがすべてファンエリアから見渡せる造りになっている。フランスのシャンティ競馬場のような感じに仕上がっていた。これはとても素晴らしいことで、日本の競馬ファンの質が向上してきたことをJRAが認めたからこそ、こういうスタンドが設計できたわけだ。

DSC04105.jpg

DSC04109.jpg

DSC04110.jpg

N村さん夫妻は、競馬場で遊ぶことはほとんど初めてという事で、単勝馬券を中心に買ってみる事をオススメした。7個レース中・3個は的中していたので、まぁまぁ楽しんでもらえたんではないかなと思う。さて、ワタクシのほうはというと、2,3連勝単式を中心にベットリBET。でも藤岡兄者の大暴れ(?)と、見習の西村騎手らの劇走などにヤラレ、馬券は 『的』 なし...ボウズにされてしまった。

DSC04125.jpg

DSC04130.jpg

DSC04135.jpg

DSC04118.jpg
フードコートにあった、あじさいの塩ラーメン。これは旨かったです。

DSC04154.jpg

競馬場を後にしたワタクシたちは、お好み焼・赤坂に移動。鉄板焼・お好焼きを堪能した。この赤坂さんは競馬関係者がよく訪れる店らしい。最初は 『あれっ?...わざわざ函館まで来てお好焼きかぁ??』 と一瞬頭をよぎったが、なんのなんの。お味の方は食材・味付ともしっかりしていて、ヒジョーに美味かった!さすがは兄貴オススメの店だ。

DSC04157.jpg

DSC04161.jpg

N村夫妻に今日の投宿先、ラビスタ函館ベイまで送ってもらいチェックイン。の前に、周囲を見渡すと、となりは赤レンガ倉庫群だったので、チョットだけ観光。でも夜霧に包まれた倉庫街に来ると、こんなワタクシでも一人旅の寂しさを感じてしまった。そんな感じだから、石原裕次郎の 『北の旅人』 を口ずさみながら倉庫街を一周し、ラビスタ函館に戻った。

DSC04175.jpg

DSC04179.jpg

明日は移動日。しかも、明日中に筑後の工場に入り、明後日からは担当設備の評価に復帰する予定だ。1日ぐらいゆっくりしたいところだけれども、精神的にもリフレッシュできたし、国内の移動だから、時差ぼけの心配もないから問題ないでしょう。今夜は温泉にでもつかって、ゆっくり寝るとするか...


2010年6月19日 祝・国内競馬場完全踏破達成!
いや?よくやったなぁオレ。セレブでもない、ただのサラリーマンにとっては、手が届きそうで届かない。そんなことが出来たんだからね。素直にうれしい。ただこれはワタクシの中でも、区切りの記録。ゴールはまだまだ先。地球上の全ての競馬場を訪れることが人生の目標だから、これはあくまで通過点。地球上にはまだまだワタクシを待っている馬たちがいる。生涯を賭けて、これに挑みたい。それでもやっぱり自分の生まれた国の全ての競馬場に来られたことはやっぱりうれしい

DSC03937.jpg
区切りの記録・国内競馬場完全踏破達成!ワタクシ独り興奮して足が震えた。やった?!やった?!

さて話を朝に戻すと、ワタクシは札幌を9AM過ぎに出て、スーパーおおぞらで帯広に向かった。ホテルに荷物を預けて、とりあえず帯広名物『豚丼』を食べに、事前にリサーチしておいた 『はなとかち』 さんに向かった。オススメは半バラ丼の肉大盛りかな?タレも焼きも上手いんだろうけれども、やっぱり豚肉の味が違う。京都のスーパーで売られている豚肉となにが違うのかなぁ???

DSC03924.jpg

DSC03944.jpg

DSC03949.jpg

ひとまずバックヤードツアーを申し込んだ。ばんえい競馬のシステムについて色々教えてもらったけれども、オッズパークさん。もうちょっと出来るんじゃないかと思う。もっと世界最大の品種である、日本ばん種ともっと触れ合ってみたかったなぁ。できれば一度乗せてもらいたかった...まぁこれは贅沢な要求かもしれん。

DSC04033.jpg

DSC04044.jpg
サラブレッドに比べると比較にならないぐらいゴツいから恐る恐る口取り

さて、馬券については、1Rから大苦戦。ようやく手応えがつかめたのが9R。どうにかこうにか4?8を獲って、いよいよ反撃開始!と思ったんだけれども、結局ガミられてしまった。

DSC04052.jpg

DSC03982.jpg

DSC04006.jpg
ばんえい初クラブ馬主・シルクタローが見事快勝。ワタクシはガミ


DSC04055.jpg

今日もよく動いたなぁ。明日はリニューアルされた函館競馬場について、リポートしてみたいなと思います。5時間かけて帯広から函館まで移動する。皆さん競馬のような夢を...それではおやすみなさい


2010年6月18日 外乗に行ってきました。しかも2鞍ですね...
新冠・ホテルヒルズの朝。目覚めがすこぶる良かった!体をほぐしながら朝風呂に入り完全にリゾート気分だ。風呂の後は朝食。ここの朝食はボリューム凄すぎ!おかげで、昼飯ナシで新冠・静内をウロチョロすることが出来た。

DSC02152.jpg

このホテルヒルズさんは、変に気取ったところがなく、スタッフの皆さんもとても親切。そして食事も美味く、温泉もOK。『普段着の贅沢』 を味わうことが出来る。次回日高に来ることがあったら、間違いなくここに泊まる。

さて人生初の外乗は新冠の、ホロシリ乗馬クラブ。速歩ロングコース(100分)・コースはアップダウンがあるので、速歩もバランスをとるのが難しいし、お馬さんも上り坂ではかなり大変そう。また途中採草地を通るので、すぐ道草を食いに行こうとするから、手綱を詰めて集中して歩かせた。この辺りは、以前嵐の中1日4鞍乗った時の経験が少し活かせたんじゃないかなと思う。

DSC02158.jpg

このクラブには、ライブリマウント・ダイワテキサス・アブクマポーロが所属している。残念なことに、これらのサラには乗れなかったけど、元気そうな姿が見られてよかった!

DSC02172.jpg
ライブリマウント号!日本馬で初めてドバイワールドカップに遠征された大先輩です。

さて、午後は新冠のサラブレッド銀座を通り、優駿スタリオンステーションへ。ナリタブライアン記念館を見学しようとしたが、閉館されているではないか...でも横の放牧地をみると、功労馬・オグリキャップ翁がの??んびり草を食んでいるではないか。呼んでもこっちを見向きもしてくれない。さすがスーパーアイドルホース。ワタクシのような下郎は全くの無視!いや?役者が違う。

DSC02184.jpg

このあと、山のほうに車を走らせ、ビッグレッドファームで種牡馬見学。ワタクシの好きな馬・アグネスデジタルとご対面。乗馬クラブの厩舎とは違い、かなりピリピリした雰囲気が漂っている。足を踏み入れると 『オッ!貴様どこの組のもんじゃぁ?』 ってな感じで威嚇してくる。特にマイネルラヴに...その対面にアグネスデジタル号発見!最初はかなり警戒されていたが、口笛で呼んでみると、ワタクシの相手をしに来てくれたので、しばらくのあいだ昔語りなどをしながら談笑。

DSC02202.jpg

DSC02204.jpg
デジタル 『しゃぁないなぁ...暇やしちょっと相手してやろか...』

DSC02209.jpg
デジタル 『で、どのようなご用件で?』

DSC02219.jpg
ワタクシ 『秋の天皇賞でオペラオー差しきった時はどんな気分やった?(だからシャツ噛むなって...)』

DSC02220.jpg
デジタル 『あ?アレはやったったね。おかげで、こんなええ生活できてる訳やしなぁ...アレは大きいわ』

名残惜しいが、デジタルさんとはここでお別れ。とねっこ(当歳の仔馬)が母馬と一緒に放牧されている、馬たちを眺めながら静内に移動。

DSC02245.jpg

ウインズ静内のお隣、日高競走馬のふるさと案内所に立ち寄ってみる。『会いたい馬がございましたら、なんでもどうぞ!』 って言われてもなぁ...おっ!サクラローレルか!観に行きたいと言うと 『申し訳ございません、その牧場は前日までに予約が必要なんです...』 だって。『乗馬なんかはされましたか?静内ライディングヒルズなんかどうでしょう?平日だから、電話すれば普通に乗れると思いますよ?』 『いや、今朝乗ってきたところですが...』 と答えたが、もう他にすることもなかったので、静内ライディングヒルズさんに電話して、本日2鞍目、約40分の外乗に出掛けた。

DSCN3867.jpg

朝の外乗で思ったんだけど、自分でしっかりと馬を操作したい。だから前の馬に着いて行かすのではなく、しっかり合図をして操作してみた。23歳の超高齢馬で、疲れたフリが上手い馬だったけれど、最後までしっかり歩いてくれた。ありがとう!

夕方クルマで千歳に戻る。途中日胆サドラーさんというこっちでは有名な馬具屋さんを覗いてから南千歳着。

DSC03875.jpg

電車で札幌入り。駅前のリッチモンドホテルに投宿。とにかく疲れたので、近所の『浜一番』さんで夕食。仙台時代によく食べたぶどう海老。そしてホッケの刺身はとても美味しかった。変り種で、じゃがバターに塩辛を添えたものは、面白い味だった。

DSC03891.jpg

DSC03901.jpg

明日は朝移動で帯広入りし、ばんえい競馬を楽しむ。さっき駅前のAibaで明日の新聞をゲットできたので、帯広までの道中しっかり予想できるな。ばんえいは得意なので利益を出して帰りたいなぁ


2010年6月17日 北海道馬カンス?国内平地競馬場完全踏破!
Jesus...昨夜は少しばかり歌って飲みすぎた...おかげで少し気分が悪い。それでも千歳までのフライトで、2時間ほど爆睡できたので、気分良く北海道入り

DSC02036.jpg

DSC02039.jpg

DSC02042.jpg
今日・明日の相棒COLT。馬カンスにCOLT(若駒の意)とは、なかなか洒落た演出じゃないですか。

千歳から高速で約40分。門別競馬場に到着!これで国内平地競馬場・完全踏破だ!う?ん良く頑張った。自分で自分を誉めてあげたいよね。スタンドではメーンの北海道スプリントカップに出走するラブミーチャングッズが売られていた。ラブミーチャンの馬主はDr.コパさんということで、風水で金運が上がりそうな黄色のラブミーチャン帽子をお買い上げ!そしたら後ろから 『おっ!買ってくれるの?ならサイン入れるよ』 とDr.コパ先生が登場!握手までしていただいた。これで金運上昇間違いなしやな

DSC02058.jpg

DSC02055.jpg
Dr.コパ先生と記念撮影。今日は金運上昇・券的中や!ドラマはメーンレースで起こるでしかし


1Rから10Rまでは、単勝を買った馬はほとんど3着。完全にガミられていたけれども、メーンの北海道スプリントC。このメンツならミリオンディスクのアタマで良さそうなので、3連単2点勝負。こないだムーニーヴァレーで、カタにはめられたウイリアムス騎手のガブリンと、コパ先生のラブミーチャンが踏ん張ってくれたおかげで、2→4→3 2000円を獲り!これでプラス圏入り。ただ明日は早いので、ミリオンディスクのレコード勝ちを見届けた後、新冠のレコードの湯・ホテルヒルズまで移動。約45分の距離だった。

DSC02118.jpg

DSC02132.jpg

DSC02136.jpg

DSC02139.jpg

DSC02145.jpg
このホテルヒルズ。食事が旨いし、フロントの心遣いは本当に敬服するよ。また来てみたいなぁ。

さてさて、明日は朝から外乗。その後は牧場見学でもして、札幌に戻ろうと思う。今日は疲れたんで、さっさと寝ま?す
2010年6月16日馬カンス
明日は出張先の福岡から梅雨のない北海道にジャンプだ。仕事もそこそこカタにハマってるから、まぁええやろう。GW働いた分の穴埋めの旅に出る。

明日は朝移動で千歳に向かう。んで門別競馬場に行く。したらば、国内平地競馬場完全踏破やな。記念すべき日だからシャンパンで乾杯したいけれども、明日は素面で運転して、新冠のレコードの湯に泊まる予定。飲酒運転は絶対ダメだからね。

まぁ帯広のばんえい競馬に行ったらば、国内の競馬場は完全制覇だ。帯広は運転せんでもいいから、そんときはグラスを上げて、自分に乾杯かな。

日曜函館では、東北大学の先輩にして、敬愛するN村さんと飲みだ、楽しみやね。でもワタクシにも知らん競馬があるらしい。会津には 『野馬追い』 っていうローカル競馬があるらしい。これに行かんと、全国競馬場巡りの旅は終わらんのかもしれん、来年はワタクシが馬に乗って参戦する番だな。

そのうちレッドクリフpart3が収録される際は、ワタクシに声がかかると思う。張飛役でね、馬に乗れる、北京語は少し喋れる、酒が大好き。そら普通にオファーがくるんじゃない?ジョンウー先生。次回はワタクシが張飛になりますよ!よろしくおたのもうします!alanちゃんの歌声に合わせて戦死してみるのもいいかな?


2010年6月15日 現場のお仕事
明日1日仕事をしたら、北海道馬カンスが待っている。そう考えるとエネルギーが湧いてくる。普段本社で仕事をしている場合、ヴァカンス前っていうのは、事情を知っている上司や同僚から不当な負荷を掛けられてしまうケースがよくある。でも今回は工場から本社に戻らずにヴァカンスに出るので、そういう不愉快な思いをすることはない。

ワタクシは自分の生き方については、割りと自信があるヒトなので、隠れてコソコソ休んだりするのがキライだ。上司に 『周りにわからん様にコッソリ休め』 なんて言われてアタマに来たことがあった。周りを気遣う事って、確かに大事なことだとは思うけれども、少しでもネタを提供して、周囲の皆さまに少しでもエンターテイメントを提供したいと思う。少なくともワタクシに部下が出来たら、『休みそんだけでええの?もっと休んだらええんちゃう?』 ぐらいの事を言ってあげられるような上司になれたらいいなと思う。

さて、今日は工場での仕事を終わらした後、羽犬塚駅前の花火で夕食。この店は羽犬塚で一番好きな店だ。天ぷら定食は質・量とも文句なしなので、どうしてもこれをオーダーしてしまうんだけれども、この店、実はカレーが美味いんです。前々から 『うわ?美味そうなカレーやなぁ...』 と思いながら見ていたけれども、今日は思い切ってカレーを追加発注してみた。コゲ味なのかコーヒーなのか良く分からないけれども、香ばしく濃く深い味わいで実に素晴らしかった。もし社員食堂でこんな美味いカレーを出してくれたら、社員の 『民忠誠度(たみちゅうせいど)』 は間違いなく上がるだろうな。

p20-1.png
ファミコンゲーム『三国志』 ?たみちゅうせいど。これは大事です。徳を高めていかないといけません。

明日も工場でお仕事。区切りの良いところで気持ちよく仕上げて、ワタクシが振替休暇の間にトラブらないように、きっちりカタにハメたいと思う。


2010年6月14日 九州出張にぶっこみ
朝いつもより1時間早く出発。九州の工場にブッ込みだ!羽犬塚駅に到着すると、敬愛するO川さんがホームを歩いてはったので、一緒に工場に突撃。

8PMに仕事が終わり、敬愛するO川さんと飲みに行った。やっぱO川さんはアツい。ワタクシはO川さんにいい話を一杯聞かせてもらい、助六さんで美味しい飯を食ったお陰でお腹一杯!

その上、本田先生がカメルーンゴールをこじ開けて下さったおかげで、W杯緒戦を勝利で飾ってしまった。あれあれ?こりゃ決勝トーナメントに向けてグレンツェンフーヘじゃね?オランダには負けてもいいから、デンマークには勝って、勝ち点6で決勝に進んでほしいなぁ。

明日も工場でガッツリ仕事だ。木曜からの北海道馬カンスを気持ちいいモノにするためにも、きっちりカタにハメとかんといかんなと思う。
2010年6月13日 雨の中残件整理
今日も全休日。二日続きのお休みはヒジョーにありがたい。ただ残念なことに、外は大雨。関西もいよいよ梅雨入りか...

仕事もようやく一区切りした事だし、また明日から二週間京都を開けるので、先送りになっていた案件を一気に消化することにした。

まず文字通り、髪が伸びすぎて気持ち悪い。三条河原町にあるスタイリストの店まで、弟者のスクーターで向かうが、雨粒が目に入ってメッチャ痛い。目玉に入る雨粒から受ける衝撃は、速度の二乗に比例する事を、図らずもこの実験により確認した。

三ヵ月ぶりのカットでスッキリしたあとは、懸案だったバイクの選定。こないだから何度か足を運んでいるショップへ寄ると、なんとPCXの現車が停まっていた!アドレスV125と並べて比較してみるとPCXはずいぶん車長が長く、カウルが無駄にゴツく感じた。収納も縦長で使い勝手が悪そう。

という訳で、恐らく京都市内の移動では地上最速の乗り物、アドレスV125を注文!『明日納車できますよ!』と言われたが、出張不在なので、帰ってきてからのお楽しみにとっておこう。 あぁこれで好きなタイミングで馬乗りに行ける!いや?楽しみだ


2010年6月12日 いてもたってもいられず乗馬クラブへ
朝起きると10:30AM。昨夜のバテ具合を考慮すると、信じられないぐらいスッキリとした目覚めだ。さて、今日はノープランな1日。とりあえずNARのサイトで、岩手県競馬のライヴ中継を観はじめると、ちょうど2Rの本馬場入場が行われるところ。それを見たワタクシは

『速歩...常歩...速歩...常歩...馬乗りてぇ...たまんねぇ... 


今朝のワタクシの気持ちを代弁してくれているCM。遼クンわかるよ?その気持

もうほとんど発作に近い感覚。考える間もなく乗馬クラブ・クレイン京都に予約の電話を入れた

来週は九州出張+北海道遠征のため、クレイン京都での騎乗はお休み。来週は北海道での外乗が控えているので、良い感触を掴んでから遠征に出たい。そんなときに当たったのは 『イーグルホーク号』 この馬、本当に良いんです。性格は優等生で、乗り味がものすごく良い!この馬に乗っていると、なんだかものすごく乗れるようになった気がしてしまう(たぶん錯覚)。いや?この馬すごい!笑っちゃうぐらいイイ!本当にいい馬に当たったと思う。聞くところによると、この馬やっぱり”ご指名”が非常に多いらしい。いや?...またこの馬に当たるといいなぁ。

来週は北海道で初めての外乗に挑む。ここは自分の体に合ったマイ乗馬用具を持って行きたいのだけれども、さすがに出張先からの遠征になるので、荷物は最小限・ブーツとチャップスだけを持って行くことにした。ワタクシの場合、自転車競技や古式泳法を嗜んでいたこともあり、脚まわりのサイズがかなりゴツい。だからレンタルのブーツを使うと、ブカブカのブーツを履く羽目になってしまう。プロテクターとかヘルメットは馬の操作にあまり影響しないけど、やっぱ脚まわりのフィーリングはとっても大事だし、これは持っていくしかない。


2010年6月11日 手塩にかけた設備が出荷!
う?ん...今日は割と二日酔いだ。ダーツを投げている間、あんまり飲まないようにと思っていたんだけれども、投げるとどうしても喉が渇くから、結構飲んでいたらしい。

ただ、今日は手塩にかけた設備の出荷だ。這っても会社に行く!

午前中、無事設備出荷OKのハンコを貰い、梱包作業に入る。PPバンドで縛ってみたり、プチプチで色々巻いてみたり、ほとんどアート引越センター状態。サービスでドラえもんトースターでもつけてもらいたい気分だ。それにしても日頃こういう作業はあまりしないのでやっぱり疲れる。夕方定時のチャイムの後、設備は九州に向けて無事出荷された!ワタクシも月曜日からこの設備を追って九州に出張だ。

ホッとするも束の間、夕方からはワタクシが勤めている部門の新入社員歓迎会...でも設備を無事出荷できた安堵感と、二日酔いのシンドさ、そして目の前の酒でもうフラフラ。地球は確かに回っていることを改めて確認した。これはとても2次会に行ける体力は残っていないと判断し、思い切って帰宅することにした。しかしこの判断は、土曜日のワタクシにとってスーパーファインプレーといえる決断だったのである。


2010年6月10日 若手だけの新入社員歓迎会
今日は会社終わりで、若手社員限定の新入社員歓迎会だ。ワタクシもこの会社で働くようになってはや4年。もはや 『若手』 と呼ぶには厳しい世代になってしまったが、ありがたい事に今回は声が掛ったので出席させてもらう事にした。それにしても担当している設備の出荷前日に飲み会っていうのは、非常にタイミングが悪い。

我々が扱っている電子部品の生産設備は、TVで出てきそうな無人工場で24時間稼働している訳ではなく、割と人間の手を必要とするものだ。だから、そういった人たちの作業を考え、安全性のチェックは入念に行われるようになっている。そして、そのテのチェックは設備の出荷直前に行われる事が多いため、元々余裕のない納期間際の立ち上げスケジュールに上乗せされてくる事になる。てなわけで、歓迎会には2時間近い遅刻...最年長という事もあって、シメにありがたいお説教をさせて頂いたが、やっぱ物足りない。

ということで、新人3人を連れてダーツバーで遊んで行くことにした。なかなか活きのいい新人の”ライス”と501で勝負。最後の勝負処・CHECK OUT(点数をぴったり0にする場面)で2回失敗したが、7のダブルアウトできっちりカタにハメさせてもらった やっぱゼロワンでキッチリ上がり切るっていうのは、何度やっても気持が良い。イギリス人が頑なにゼロワンに拘る理由がよくわかるような気がする。

明日は手塩にかけた設備の出荷。上司のハンコをもらう事と、梱包作業が最後の仕事。キッチリ行きましょうかね。


2010年6月9日 北海道ヴァカンスの日取りが決定!
今日はワタクシが現在担当している生産設備の工場移設が決まった!これで来週からは最終幕・九州ラウンドに突入だ。設備が出荷されるという事は、ワタクシの馬カンスの日程もこれで確定かな?

設備の出荷が11日金曜なので、12日土曜日はガッツリ乗馬。13日日曜は相棒と共に京都競馬ってとこか。んで、14日月曜から16日水曜までは九州の工場で設備の立ち上げ。水曜夜移動で京都の自宅に戻る。

さぁここから、北海道馬カンスの始まりだ!北海道で運転した事がある人ならわかると思うんだけれども、北海道はとにかく広い。同じ都道府県にカテゴライズされる事自体おかしな話だ。天気予報を見ても、『空知』とか『渡島』とか支庁で表示される。初めて北海道に来た人は理解に苦しむに違いない。

さて、九州から戻った翌日17日木曜は札幌に飛び、その足で門別競馬場に入り、北海道スプリントカップ(JPN?)を観戦後、新冠のホテルヒルズに宿泊。18日金曜はホロシリ乗馬クラブで外乗を楽しんだ後、牧場見学をしたのち札幌に戻る。翌日19日土曜は帯広のばんえい競馬を楽しむ。ここに行けば、日本国内競馬場完全踏破を達成する事になる。遠い昔、岩見沢競馬場でばんえい競馬を楽しんだ事があるのだが、ライヴで楽しむのはワタクシの人生で2回目。たまに電話投票で買ったりして、そこそこ利益が出ているので、今回は帯広の豚丼も含めて非常に楽しみだ。

ばんえい競馬の後は札幌に戻り、翌日20日日曜日は早朝から函館に移動。土曜にグランドオープンする函館競馬場を満喫してこようと思う。函館競馬場は3回目。函館には、東北大学時代の先輩N村さんが住んでいるので、勝っても負けても飲みに行く事になるだろうな。馬券の成績次第で、店のランクが変わるかもしれないけれども、ただそれだけの事。

その夜は湯の川温泉に泊って癒されたのち、21日月曜は昼の飛行機で大阪→京都に戻り、翌日火曜は朝移動で九州の工場に戻って仕事という、いつもながら弾丸ツアーだなぁ...

予約とか色々詰めたい所ではあるけれども、もう今日は疲れたし寝ようっと。こういうものは骨子さえ決まっていれば、あとはどうとでもなるからね
2010年6月8日 国際麻雀ルール
昨日ガッツリ仕事をした分、今日はとっととお帰り。家に帰ってポストを見ると、4839 WOWOWから株主総会の告知と、期末配当金の案内が届いていた。今期末の配当は3000円/株 まぁそんなもんだろうけれど、株価のほうがイマイチぱっとしない。株主優待(毎年3か月分の視聴料が無料)が無ければ、手放していたかもしれない。

さて郵便はもう一通。先日amazonで注文した 『世界麻雀2000国際公式戦ルール』 という本が届いていた。昨年香港国際競走からの帰途、沙田のレストランで中国麻雀に参戦した際、摸打のルールはある程度日本の麻雀ルールと同じだったけど、符のみでカウントされるといわれる、中国麻雀の点数計算を学ぶためにこの本を買ってみた。

IMG_hkmj.jpg
その日の記事 http://arcdetriomphe.blog63.fc2.com/blog-entry-60.html

さらっと読んで気付いたことは、中国麻雀の役の多さだ。 『一色四歩高』??? 『七星不靠』??? 『蘇銘倫』(←これはウソ) こんな役聞いた事ないで!こりゃもう少し読んでしっかりマスターするしかないな。今年末は本場の点数計算をキッチリ覚えて、沙田のマダムやジェントルから集金させてもらうとするか。


2010年6月7日 安田記念は見事惨敗
毎週月曜はノー残業デーに(ワタクシの勝手で)している。でも、今日は納期が近い設備にプリンタやバーコードリーダーのようなユーティリティー関係のハードウェアを追加していたら、結局退社は9PMになってしまった。あらあら、月曜日からえらく飛ばし過ぎたと思う。明日以降の作業もキッチリこなして、悔いのないサラリーマン生活を送りたいと思う。

さて、昨日イオンモール京都の客足が盛況で、周りが渋滞したせいで、バスが大幅に遅れて頭にきた事を書いた。まぁワタクシも一応イオンの株主なので、たくさんのお客様にお越しいただくのはありがたい事なのだが、出来るだけ周辺の道路事情に配慮した誘導で、渋滞の緩和に勤めてもらいたいと願う。

株式といえば、日本電産リード(6833)の配当と、株主総会の告知が来ていた。期末は20円とまずまずの配当。しかも、株価は堅調で、地合の悪いこの状況下でも、1700円を守っている。株主総会は6月21日(月)まぁ有給でも取って、出席する方向で考えている。

安田記念を勝ったのはショウワモダン。ワタクシにはどうしても拾えない馬だったと思う。でもよく見てみると、前走は59?を背負いOP特別を勝っている。まぁ買えなくはない馬だったかもしれない...ワタクシはリーチザクラウンとエーシンフォワードの、馬連1?18一点勝負だったので、当然スカ。ただし、1点買いで外したんだから、まぁ納得はつくかな。
2010年6月6日 二重三重のトラップに阻まれ
今日は昼から乗馬。行くぜー!てな感じで十条油小路のバス停まで、チャリンコで行こうとしたら、ワタクシのチャリンコがない...父上様が勝手に乗っていた。このトラップによって、昼からの乗馬レッスンにバスで行くのは厳しくなり断念...

バスは断念したけれど、愚弟のバイクが置いてあったので、もうこれに乗って出掛けるしかないと思ったんだけれども、スペアキーがない...目の前にバイクがあるのに、乗っていけないなんて、これは厳しい。もうキーシリンダー破壊して、直結して乗って行ったろうかと思ったけれど、さすがにそれは自重した。この時点で2鞍のレッスンのうちの1つをキャンセルした...

仕方が無いので、次のバスの時間まで、愛犬ゴンタ号と散歩に出かけた。ゴンタ号はすぐキャンターで走りたくなるみたいで、ついていくのに必死なんだけれども、最近スタミナ面で不安があるのか、10分もするとヨレヨレになってしまう。まぁええ歳だし仕方がないか。

さて、気を取り直して、直Q京都で乗馬クラブに向かおうとするが、何分待ってもバスが来ない...京都駅八条口にオープンしたイオンモール京都周辺の渋滞で、50分遅れの到着。バス代返還しろ!って怒り狂いたくなったけれども、なんとしても乗馬。今日は何としても乗馬だ。

レッスンはワタクシ以外、みんなマダム。5頭中3番手で騎乗したんだけれども、前がつまって動けない。色々工夫してみたけれども、すぐ前の馬に詰まってしまう。前の馬に近づいても、ごくごくゆっくりの速歩で歩かそうと苦心するも、なかなかできない。あとで先生に聞いてみたんだけれど、それは上級テクらしい。ヤネがゆっくり立ち座りすることで、馬がゆっくり速歩をしてくれるそうだ。やっぱり乗馬は奥が深いなぁ

乗馬帰りに、東九条のコリアンタウンにある水月亭でゴハンを食べて帰る事にした。この店、小さい頃は前を通るのも怖い存在だったが、こうやって一人でブッ込めるようになったのは、大人になった証拠なのかと思う。でも店に入ってみるとそこは韓国。メニューは日本語で書いてあるが、確かにそこは韓国だった。

お味の方は、ホルモンミックスが安くてうまかった。ビールの当てにするには最適だ。ただ残念なことに、ご飯もん、スープのダシがひどい。周りを見てみると、確かにだれも食べてない。クッパを喰って、ガッカリしたので、ピビンパをオーダーしてみたんだけれども、残念なことに、どちらも×。ついでに言うと、店を手伝っている息子らしきアンチャンが、髪型ばかり気にして、常に鏡を見つつ髪をいじくっていた。やっぱり飲食業でそういうのは汚らしく感じるから止めた方がいいと思う。ミックスホルモンをアテに軽くビールを飲むには丁度いい店ではあるが、代表的なメニューもすべて食べた事だし、もうお腹一杯な感じ。しばらく行く事はないかな。


2010年6月5日 モチベーションを上げる方法
例によって、土曜出勤の日はいつもより一時間遅れで出勤する。ワタクシが担当している設備は、基本的な動作については問題なく出来るようになったが、投入する製品の切替えや稼動管理など、まだまだやらないといけないことが山盛りだ。

今日もいまいちテンションが上がらなかったんだけれども、現在ワタクシとコンビを組んで仕事をさせてもらっている、Oさんは、他人のテンションを上げるのがとても上手い。とにかく楽しそうに仕事をするし、会話の内容はとにかくエロい。解りやすく説明するなら、松岡修造をエロくしたようなキャラだ。そういう人と仕事をしてるとイヤでもテンションが上がってくるから不思議だ。

ワタクシも周囲に良い影響を与えられるよう、どんな時でも笑顔を絶やさないようにと心がけているんだけれども、Oさんにはまだまだ遠く及ばない...いつかピンで商売してみたいと思っているワタクシではあるが、こういう能力をもっともっと吸収していかないとダメなんだろうな。

例えどんなに救いようがないと思う人でも、学ぶべきことの1つは必ずあるはず。だがらそれを発見して吸収する。人の悪いところってものすごく目に付くんだけれども、それを見るんじゃなくて、良いところを見つけられるような生き方をしたいと改めて思った。

さて、明日は乗馬。さすがにお疲れなので、明日は1日4鞍コースは厳しい。昼からの2鞍に集中して全力投球しようと思う。自分からどんどん歩いていく馬については、ある程度御せるようになったけれども、動かない馬を動かしていくスキルはまだまだ勉強していかないといけない。あと乗り手の技術として、手前合わせは明日キッチリとマスターして帰ろうと思う。

そして忘れちゃいけない安田記念。毎年穴候補として挙げられる香港馬だが、今年は一銭も要らないと思う。リーチザクラウンが府中のマイルにとてもよく合った脚質のように感じる。単勝4.5倍という頼りない1番人気ではあるけれども、好勝負になるんじゃないかな。あとは...スーパーホーネットにG1タイトルを獲らせてあげたいなぁと思う。


2010年6月4日 ウオッカ受胎!
明日は土曜出勤なんだけれども、近い将来別々の場所で仕事をする事になる同僚と、会社帰りに軽く一杯引っ掛けて帰った。本当に色々お世話になった人なので、次の職場での活躍を願わずにいられない。

さて、ドバイ遠征中に引退・繁殖入りし、これまで2度不受胎だった歴史的名牝・ウオッカが、3度目の種付けで凱旋門賞馬・シーザスターズの仔を受胎したという嬉しいニュースが飛び込んできた。産駒は日本で走る予定らしいけど、出来ることなら、マル外ではなくカク外。つまりヨーロッパで活躍して、そしてジャパンカップや香港カップに遠征してきて欲しいなと思う。

そうやって日本馬の血統的に、十分世界で戦えるレベルになった訳だし、最高の調教技術を誇ると言われるアイルランドで育ったら、とんでもない馬に成長して日本に凱旋してくる可能性がある。もし4年後のジャパンカップがそうなれば、それはそれは盛り上がるジャパンカップになるだろうな。いずれにせよ、来年春に健康な仔馬が無事生まれてくれることを願って止まない。


2010年6月3日 中だるみのウィークデー
しつこいようだが、今週は水曜の段階で、土曜の出勤を命じられた。でもこれはヘタクソ。ワタクシがもし上司の立場ならそんな事は絶対にしない。間違いなく金曜の昼過ぎ、次善の策として金曜朝に部下に命令すると思う。明日は金曜日。普通は 『おっしゃ?明日一日ガンバりゃ休みだ!』 ってな感じになるのだけれども、今日のワタクシにそういうエネルギーは一切沸いてこなかった。だから、今日は会社で何をするにもテンションが低く、時間が進むのがえらくゆっくりに感じられ、表定時の鐘と共に 『早退』 した。

人間とて気の生き物だから。そういう日はあるけれど、毎日人間に乗られる馬なんて比較にならないぐらいモチベーションが低い。彼らの唯一心の支えになっているのはカイバの時間で、それを理解してからは、ずいぶんと馬が扱いやすくなったものだ。

会社における部下も、乗馬における馬でも、接し方は基本的に同じ。彼らの思考を理解し、どうすればモチベーションを保てるのかよく想像したうえで行動をとらないといけない。

今週は安田記念。ダービーも終わり、すこし弛緩した雰囲気の中で行われる府中のマイル戦は、非常にタフなレース。他場の1800m戦に相当すると考えてもいいかもしれない。今年は香港から3頭参戦してくるが、今年の香港馬は恐らく通用しないと思う。チャンピオンマイル組でなく、QE2Cの上位馬が挑戦していてくれれば、狙い目としては面白かったんだけどね。


2010年6月2日 会社帰りにカジノへ 
今日は上司に土曜日の出勤を命じられた。扶養家族のいるような社員であれば、喜んで出勤するんだろうけれども、ワタクシのような極楽トンボの独身社員にとって、休日出勤なんて百害あって一利なし。でもまぁ業務命令なんで、土曜は出勤する事になるだろう。

けそまぁそういうことであれば、遅くまで無理に仕事をする必要はない。ということで、会社帰りにカジノに寄り道してひと勝負。こないだからカジノの看板に告知されていた 『CR銀と金』 で勝負だ。このパチンコ台の原作の漫画・銀と金は、『カイジ』・『アカギ』 の作者・福本伸行氏の初期の作品。最近の作品より間延びしていない点で、ワタクシは一番好きな漫画だ。

1883a67229.jpg

投資16000円で、『300億円サシウマ競馬リーチ』 が来た! 『あぁ競馬ね。ワタクシが競馬で外すわけないやん...どれだけ馬を愛してると思ってんの??』 と、独りでぶつぶつ言っていると、やっぱり 『欧州最強馬・ラムタル』 が登場! 日本最強馬・ナリタブラインをゴール前キッチリ差し切って勝利!4箱積んで、どうにかチョイプラスまで持ち込んだ。

NEC_1001.jpg
300億円勝負で民政党総裁・河野洋一を破った平井銀二!大当たり!

それにしても、このパチンコ台、もう少し原作に忠実に出来なかったのかなぁ?誠京麻雀でも、原作では大三元でなく 『2ソー』 をツモ切ってから、チーの権利をめぐり銀二が交渉する場面のはずなのに...ポーカーでも、別の色のカードで目隠しして勝つストーリーなのに...テンポの速いゲーム性は悪くないので、もう少し原作に忠実に作ってもらいたかったなぁ...『ざわざわ』 もそれほど期待できないし...
2010年6月1日 来年のダービーに向けた闘いは始まっている
日本ダービーも終わり、昨日ようやく人心地ついた競馬関係者は多いと思う。しかし、ダービーが終わったその時から、来年のダービー戦線は始まっている。2週間もすると函館の新馬戦?ダービーに向けた闘いが始まる。新装なった函館競馬場には、夏の馬カンスで絶対に行こうと思っている。そうそう、ワタクシも来年のPOG馬の選定を急がなければいけない!

ギャロップや優駿のPOG特集を観てみると、今年からディープインパクト産駒の馬が大勢デビューするんだけれども、いかんせん線が細い印象を受ける。大失敗はないだろうけど、成功するかどうかは正直未知数だとおもう。

さて、昨日の新幹線遅延のおかげで、九州の工場から来ていただいた方と、夕方まで設備の仕様検討をする事が出来た。ラッキーだねぇ...人生って何がうまく転ぶかわからない。まぁ周囲にどんな評価をされようと、この仕事だけはキッチリカタにハメないとね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。