Gary Yasukawa
  • Gary Yasukawa
  • 1978年・午年生まれ。
    ウマ科研究者。乗馬と競馬をこよなく愛し、地球上の全ての品種の馬に跨り、また地球上の全ての競馬場を踏破する野望を胸に抱きつつ、平素は電気系エンジニアという触れ込みで世を忍んでいる。
Gagnant~地球に生きる、全ての馬に逢うために...
ゲイリー・ヤスカワの競馬・馬乗り
カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


リンク


RSSリンクの表示


FC2カウンター


↓海外ホテルの予約ならオクトパストラベル がオススメ。お得なホテルをオンラインで即時予約できます。




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年5月31日 時差ボケの月曜日
ワタクシが労役に勤しんでいる会社では、現在9週連続5連勤の真っ只中。今週はその中盤に差し掛かった、4週目の月曜日だ。毎度の事だけれども、月曜は時差ボケに苦しめられる。午前中は快調に仕事が出来るんだけれども、3PMの休み時間あたりから、強烈な眠気に襲われる事が多い。間違いなく時差ボケだろう。

無理もない。土曜日にリド飲食街に飲みに行ったものだから、きっと昭和にタイムスリップしたんだろう。ここまで来ると時差ボケというより時代ボケやね。

さて、今日は朝から九州の工場の方に、無理を言って日帰りで出張してもらったんだけれども、間が悪い事に山陽新幹線で人身事故...予定より約2時間遅れの到着。仕方が無いので、京都で一泊していただいて、明日は仕事の続きをして頂く事になってしまった。

それにしても、新幹線の人身事故(ほとんどは飛び込みなんだろうけど...)って防げないのかなぁ?別にホームにドアや柵なんて付けなくたって、停車本数が少ない駅では、電車が到着する直前まで、客をホームに入れないようにするだけで、事故は減ると思う。ちょっとは考えてみはったらよろしいんとちゃいます?

よくよく考えてみると、オペレーターが絶対にケガを出来ないように、やれカバーだ、インタロックだ、電磁ロックだ、エリアセンサだ、非常停止スイッチだ?!!と安全装置満載の設備を設計している人間からすると、電車のホームって、ちょっと信じられないぐらい危険な場所に思えてきた...こりゃもう馬に乗って通勤するしかないな。総務部に掛け合ってみるとするか


スポンサーサイト
2010年5月30日 ダービー観戦→お好み焼『吉野』へ
昨日は少し飲み過ぎたので、起きると昼過ぎ。ジーザス...東京競馬場へ観戦しに行くのは諦めてTV観戦だ。馬券は7.ヴィクトワールピサの単勝と、7をアタマに据えて、ハンソデバンド、ルーラーシップ、エイシンフラッシュをヒモトリにした三連単で勝負したが、結局エイシンフラッシュに勝たれてしまった。上りの競馬になってしまった事もあるけど、ヴィクトワールピサに騎乗した岩田騎手は、このところインでアンコにされてしまう事が多いような気がする(割って来たかどうかは別として)。強い馬なんだから、もう少し包まれない競馬をしたほうが、良いんじゃないのかなぁ。なんて思ってしまう。

今年もダービーをハズした。実に96年・フサイチコンコルドの勝ったダービー以来、馬券が当たらない...ヘコんでいると相棒からメールがあり、三十三間堂裏・競艇のH野M彦選手イチオシのお好み焼 『吉野』 で晩メシを喰う事になった。この店、なかなか旨い。お好み焼や焼きそばに 『ホソ』 と呼ばれるホルモンが入っていて、ここから溶けた油が、そばや生地にしみ込んで、これまたええ味だしよる!レバ刺しも鮮度・歯触りも良く、かなり美味しかった。好き嫌いはあると思うけど、ビール好きならば、一度は食べてみる価値があると思う。

NEC_0016.jpg

NEC_0019.jpg
ホソ入りの焼きそば。これは旨かった!今度一回おうちのお好み焼で試してみよう!


2010年5月29日 今日も4鞍乗り!
今日は朝っぱらから乗馬のレッスン。図らずもいつも会社に向かう時刻に家を出て、乗馬クラブ・クレイン京都に向かう。例によって1日4鞍の騎乗!先生も 『Yasukawaさん...今日も4鞍ですか!』 てな感じ...今日は 『手前合わせ』 を習った。馬の外側の前脚が前に出るタイミングで立ち上がるんだけど、これがなかなか上手くいかない。練習あるのみだ。

DSC01904.jpg
本日のユキノアラシ号。先週よりは少し元気になっていた。眼に力強さが戻ってきたかな?

やはりというか当然というか、乗馬クラブには競馬好きが多くて、朝イチ・ダービーの18.ダノンシャンティースクラッチの一報を聞いた。元々一銭もいらないという結論に達していたのだけれども、やっぱり18頭フルゲートのダービーが観たかったなぁ。馬券も金曜日から既に発売されているので、なかなか難しいと思うけど、こういうケースでは補欠馬を入れることってできないのかなぁ?ダービーに出走できることだけでも十分光栄なことですからね

さて、ワタクシの乗馬クラブの看板馬・重賞2勝のセレクトグリーンの様子を見に行くと、厩務員さんのような方がいらっしゃって、挨拶すると馬について色々教えてくださった。印象深いのは 『馬にとっては、馬房の扉を開けた瞬間から乗馬は始まっている』 という事だ。そして、馬は体を触られるのがキライな生き物だということ。触られても大人しい馬は、馬が我慢してくれてるからだそうだ。ただ手入れなどで、どうしても触らないといけない場合は、最初に肩をポンポンと叩いてから触ると、馬も心の準備ができていいという事だ。

4鞍乗った後は、飲みたい水を我慢して、新阪急ホテルのビアガーデンへ直行!メンツは会社の同僚といつもお昼休みに喫茶店に行く後輩N村君の嫁はん・合計5人だ。しっかし汗を掻いたあとのビールは格別!余りの旨さに飲み過ぎてしまった。腹ペコ状態でガバガバビールを飲んだら回るに決まっているのに...解っちゃいるけど止められない...でもさすがにまだ5月。夕暮れは結構冷えてきたので、近くの 『リド飲食街』 に移動。時代は移ろっても、ここは完全に昭和。ディープなスポットだ。ここの 『面影』 というお店でカラオケを熱唱!むっちゃ狭い店なんだけれども、たまにはこういうのもアリだと思う。

DSC01929.jpg
Photo by N村クン嫁。隣は会社の先輩K納さん。先に断っておきますけど、ワタクシはそっちの趣味はありませんよ。
2010年5月28日 明日はガッツリ乗馬
気付いている方は多いと思うけれど、6月の前後は祝日がなく、日本人が海外旅行するには最もお得なシーズンだ。こんな時期に会社で仕事をして、お盆とか正月みたいな時期に出かけるっていうのは、なんとも勿体ないワタクシも現在抱えている仕事がなければ、1週間ぐらい休みを取って、エプソムにダービー観戦にでも行っているはず。でも今回の仕事はきっちりカタにハメなければ、これから会社で働き続けるにせよ、次のステージに向かうにせよ、いずれにせよケジメがつかない。

しつこいようだが、今週は日本ダービー。金曜発売の段階ではやはり7.ヴィクトワールピサが2.1倍の一番人気。9.ペルーサが2.6倍で続き、意外な事に18.ダノンシャンティーの単勝オッズは8.7倍。あれ?まぁまぁ金曜発売のオッズだから何とも言えないけれども、最終的にはヴィクトワールピサ2倍・ダノンシャンティー4.5倍・ペルーサが6.5倍ぐらいになるんじゃないかなぁと考えている。

さて、明日は朝から乗馬!図らずも会社に出勤するのと同じ時間に出掛けて、乗馬クラブ・クレイン京都に向かう。もうこの一週間は乗りたくて乗りたくてしょうがなかった。会社の休み時間も、設備にソフトをアップロードしている間もストレッチをして股関節や脚(きゃく)の柔軟化に努めてきた。その思いを明日は朝から存分にぶつけてこようと思う。

そうしてたっぷり汗をかいた後は、会社の同僚と新阪急ホテルのビアガーデン(今年初)に直行する予定。クタクタになった後で飲むビールはさぞかし旨い事だろうなぁ...考えるだけでよだれが出てくる。そして明後日は日本ダービー。東京競馬場まで観に行くか、TV観戦か悩ましい所だ...まぁ東京競馬場ぐらいなら、朝起きてから考えても十分間に合うので、起きてみてから体調と相談ってところかな?


2010年5月27日 3強日本ダービー・本命馬検討
経済新聞を読んでいると、来年6月から国内携帯電話各社が、SIMロックを解除する方向で検討しているらしい。ひとくちにSIMロックの解除といっても、ドコモ・ソフトバンク・auの国内大手3強間で互換性を持たせるだけのものになるのか、世界中どこの国のSIMでも使えるようになるのかは、よくわからない。

これが実現すれば、国内メーカーの携帯端末の価格が今より3万円程度値上がりし、結果として3万円程度で買える海外製の端末が国内で売上を伸ばすようになる。ワタクシのように、『携帯電話はどこまでいってもタダの電話』 と思っている向きには非常にありがたい事だ。

さて、今週の日本ダービー。今日の会社帰り道、歩きながら同期のS賀さんに今年のダービー3強について熱く語っているうちに気が付いた。本命はヴィクトワールピサだ。S賀さんに言われて気付かされたんだけれども、ついつい、『岩田騎手がダービー未勝利』だとか、『藤沢和雄厩舎のダービー初制覇』だとか、やれ『ダーレージャパンの初G?制覇』だとか、人間のドラマ(都合)ばかりを考えてしまっている自分に気付いた。

アタマを冷やしてダノンシャンティーの力関係について考えてみる。NHKマイルCは今や一種のダービートライアルレースではないか?過去キングカメハメハ・ディープスカイがこのレースをステップにダービーを制覇したが、後者の勝ったダービーでは皐月賞馬キャプテントゥーレは故障回避。前者のダービーでは、まだまだ未完成の皐月賞馬・ダイワメジャーが相手だった。

これを踏まえ、NHKマイル勝ち馬のダービー成績を調べてみると、対戦相手にも少し恵まれているような印象を受ける。その点今年は5連勝中の皐月賞馬ビクトワールピサが立ちはだかっていて、しかも暮れのラジオNIKKEI杯では現に同馬に先着を許している。皐月賞トライアル・弥生賞の段階から期待されていて、弥生賞→皐月賞と勝利してくるような馬がいなければ、ワタクシも積極的に狙っていきたいのだが、どうも厳しそう。

ペルーサにしたって、青葉賞では『皐月賞にも出る事が出来なかった馬たち』をイジメて勝ちとった最終きっぷ。ただ藤沢調教師は、馬の競走人生をトータルで考えている人なので、メイチの仕上げにはならないはずだ。今回も勝てないほうに一票。

今週日曜のダービーは腰を落ち着けて、岩田騎手と心中してみたいなと思う。
2010年5月26日 関東馬の逆襲
ワタクシが現在担当している生産設備の開発もいよいよ佳境に入ってきた。我々の業務は、わかりやすく言うと 『からくり師』 のようなものだ。機械部品だけで組み上げられた複雑なメカを、ソフトウェアを使って自分の思い描いた動作をするよう調教していく。調教した設備が、思い通りに走ってくれるとものすごく気持ちが良い。

ご存じのように、日本の中央競馬に所属する競走馬はすべて、茨城・美浦トレーニングセンターか、滋賀・栗東トレーニングセンターで調教されている。前者に所属する馬は 『関東馬』、後者が 『関西馬』 と呼ばれる。

これまで中央競馬では、1980年頃までは関東馬が関西馬を圧倒していたが、関西のホースマンの 『坂路コース開設』 に象徴される必死の努力によって東西の勢力は逆転し、現在の 『西高東低』 はこの30年程続いてきた。しかしその西高東低の風向きが、ここにきて変わり始めているような気がする。

今年に入ってからオークスまでの平地のG?レースの東西勝ち鞍は、関東4勝vs関西4勝。昨年も良く関東馬に勝たれた印象があるが、今年に入ってからはイーブンの成績だ。美浦の調教師たちも、『ポリトラックコース』 や 関東馬を栗東に出張させる 『栗東留学』 など、あらゆる手段を駆使して結果を出してきている。

ひょっとすると、東西の逆転劇はもうすでに始まっているのではないだろうか?そんな雰囲気を感じる。だとするならば、ダービーは昨年のロジユニヴァースに続き、関東馬のペルーサが勝ってしまうのだろうか?個人的には藤沢和雄先生にダービーを獲ってもらいたい。『Happy people make Happy horse』 という藤沢先生がよく使われる言葉を自分の職業に置き換え、ワタクシも 『Happy people make Happy device』 と信じ、ワタクシの勤める会社の雰囲気向上に勤めていきたいと思う。


2010年5月25日 ダービー観戦か?乗馬か?
今年の日本ダービーは戦前から超ハイレベルなレースが予想されている。5連勝中の皐月賞馬・ヴィクトワールピサ。NHKマイルCを3歳にして日本レコード勝ちした・ダノンシャンティー。4連勝で青葉賞を勝ち、藤沢和雄厩舎に初のダービータイトルをもたらすのではないかと期待されているペルーサの三強ムードだ。

普通に考えるならば、クラシック第一弾を勝ったヴィクトワールピサが本命になるところではあるが、近年はキングカメハメハ・ディープスカイのように、NHKマイルC組が2勝しているなど、力関係の比較が難しいレースになってきている。基本的にこのようなハイレベルなレースでは、青葉賞の勝ち馬は軽視して構わないのだけれども、問題はこの青葉賞の勝ち馬・ペルーサが藤沢和雄調教師の管理馬であるという事だ。

藤沢師自身の著書 『G?の勝ち方』 では、自らシンボリクリスエス・ゼンノロブロイ(共にダービーは2着)を引き合いに出し、トライアルでいかに強い勝ち方をしても通用しないことを強調しておられたのだが、今回はこれらの反省を生かして、キッチリ結果を出してくるのではないかという見方もできる。

そして、ダービーの舞台では騎手がどれだけ冷静に乗れるかという事が肝要。そういう点では、昨年ロジユニヴァースでダービー制覇を果たした横山典騎手。キングカメハメハでダービーを獲っている安藤勝騎手はそれだけで加点材料になり、逆に去年1番人気で敗れ、未だダービーに手が届かない岩田騎手は少し評価が下がると考えている。総合的な面でいえばダノンシャンティーが最も勝利に近いような気がする。

ダービーは追い切りの状況を見てから、じっくり検討するとして、今週日曜日は乗馬クラブに行くか、東京競馬場に行くか、非常に悩ましいところ。海外の競馬にまで足を運ぶワタクシが、我が国のナショナルダービーを観戦しないなんて、どうも変。

もし今週土曜のお休みが取れるならば、土曜にガッツリ馬に乗って、そのまま府中まで移動して、ダービー観戦後に帰宅するというプランも可能だ。もし行くなら、今回は絶対に新幹線にしようと思う。 今週の乗馬では、馬が動かない時に一度 『見せムチ』 を使ってみようと思う。先生から習っていなくても、それで馬が納得してくれるならばOK。両手で手綱を握っているのにそんなん出来るのかと思ってしまうけど、もうこれは練習あるのみ。仮にもし乗れるんなら、土曜も日曜も乗っておきたいなぁ...と思う。


2010年5月24日 強力なコズミとの闘い
今日は目覚めた瞬間から体中がコズミ(筋肉痛)で、ベッドから起き上がるのに一苦労だった。今週はなんといってもダービーウィーク!どうにか今年の日本ダービーネクタイを締めて会社へ出撃。今週は毎日このネクタイで出勤しようと思う。

042301_02.jpg

会社まで30分歩いたので、コズミもずいぶん和らいだ。週の立ち上がりは 『そろ?っと』 スタートしたいところだ。毎週月曜は個人的に 『ノー残業デー』 に指定しているんだけれども、まぁある程度はカタにハメとかんといかんので、7PMまで仕事をしてしまった。う?んワタクシらしくないなぁ。

帰宅してから、昨日のオークスのVTRをハイビジョンで改めて観てみた。これは確かにワカラン...昨年秋のスプリンターズステークスでは、勝ったローレルゲレイロと、2着のビービーガルダンの着差が1cmなんて言われたけど、決勝写真ってホンマにそんな分解能があるんだろうか?馬は最後の直線で200m12秒で走ると仮定して計算すると、1cmに対応する時間はなんと約0.0006秒!(600μs)

競艇ではスタートタイミングを0.01秒刻みで公表しているので、実力は大体その1ケタ下の0.001秒位のフレームレートになるのだと思う。もし同じような機材で判定写真を撮っているとするならば、分解能は約1.7cm。これでは、胸を張って『1cmの差です』とは言えないはず。競艇と同じような機材では判定不能になることだろう。JRAは一体どんなスリットカメラを使っているんだろう?興味深々だ。

201003050211B.jpg
2010年5月23日 豪雨の中・4鞍完走
今日は7時に起きて乗馬クラブ・クレイン京都へ向かう。ものすごい雨だ...日頃は歩きに拘っているワタクシも、こういう嵐の中を荷物を持って歩くほどバカじゃない。

今日は雨の中4鞍も乗った。45分×4鞍。もう疲れた...はっきり言ってヨレヨレの状態。ブログを更新する体力も残っていない。

さて、今日乗馬クラブで掲示板を眺めていると『新馬調教・ユキノアラシ』という告知が! ん?ユキノアラシかいな!2007年の兵庫クラシック二冠馬にして、明け四歳の新春賞でグリグリの一番人気で見事に翔び、ワタクシを始め、多くの園田競馬ファンを青ざめさせたあのユキノアラシっ!(←園田の人間国宝・吉田勝彦アナ風

早速馬房に行ってみたんだけれども、なんだか元気がなく、具合が悪そうに見える。転厩のストレスか、はたまた去勢の影響かよくわからない。でも眼の周りも黒く、覇気が無い。早く環境にも慣れて、私たちのクラブで心機一転、第二の人生を歩んでいってもらいたいと願う。それでもさすがは兵庫ダービー馬・乗馬になれて良かったね!

DSC01879.jpg

クラブハウスでも話題になっていたんだけれども、オークスは1着同着!ワタクシはG?レースで、1着が同着っていうのは初めて見た。少なくとも15年はなかったってことだ。ひょっとしたら、今日の東京競馬場は雨だったので、判定写真が見づらかったから同着になったのかもしれない。それにしてもアパパネのオーナーの金子真人さん。これでクラシック完全制覇!またキングカメハメハとディープインパクトで2年連続ダービーを獲っている。将来はワタクシもそんな馬主になれたら本当に幸せだと思う。

明日はお仕事。多少筋肉痛でもキッチリカタにはめるしかないな!


2010年5月22日 ゴンタ号と散歩がてらバイク屋へ
とても心地よい天気だ。今日こそはPCXを買いに行こう!と思って玄関を開けたら、愛犬ゴンタ号が 『今日は仕事じゃないんでしょ?じゃあ散歩散歩!』 と激しく催促してきたので、ゴンタ号を連れて、九条河原町のバイクショップPALSへ向かった。

DSC01832.jpg
国道1号線の500kmポストってこんなところにあったんや...全然気づかんかった


着いてみて、ビックリ!2週間前にあった3台の展示車が、きれいさっぱり売り切れていて、在庫もすでに無くなったという。えらいこっちゃ。実車をじっくり見て決めようと思っていたので、これは大誤算。仕方なく見積りだけもらってトボトボと家路へ。帰り道はワタクシもゴンタ号もお疲れ。お互いヨレヨレになっていたので、京都テルサのおとなり・殿田公園でひと休み。

DSC01863.jpg
ワタクシはキリン氷結・ゴンタ号は好物のフランクフルトで栄養補給完了!

おウチに帰ると、マミーがお好み焼の準備をしていた。習い事魔(日本舞踊・フラダンス・ピアノ)のマミーは明日、ピアノの発表会らしい。もうどうせなら、ピアノ弾きながら踊って見せはったらよろしいですやん?

明日は朝から晩まで乗馬のレッスン。ただ明日は大雨予報。さすがに馬関連は晴れ男のワタクシでも明日は厳しいか?まぁ降ったら降ったでしゃあない。4鞍騎乗予定なので、着替えはたっぷり持っていこうと思う。

そして忘れちゃいけない、明日はオークスだ。1600mの桜花賞から一気に距離延長されて2400mのレース。ただ、ほぼ全ての馬が2400mは初体験なので、距離実績は全く考慮しなくて良い。オークスはとにかく『折り合い』勝負で、ラストどれだけ切れる脚を使えるかがキーになるレースなのだけれども、明日は雨予報。有力馬は泥を被らないように、前目のポジションを狙ってくるだろうから、前半は結構速いペースで前崩れの競馬になってしまうのではないか?

深夜発売の段階では4.ショウリュウムーンが単勝1番人気。重馬場のチューリップ賞を勝った実績が買われているのかもしれない。最終的には3歳牝馬のチャンピオン・17.アパパネが1番人気を背負うことになるんだろうけど、この馬の場合はやはり折り合いに不安がある。明日は人気もそれほどではなく、後方で気楽に競馬が出来そうな14.シンメイフジで。そして今回は長距離輸送がなくホームで戦える1.コスモネモシンも狙ってみようと思う。


2010年5月21日 明日は待望のお休み
明日は休める。何の予定もない。おっと、何時になるかわからないけれども、明日は思いっきり寝て、起きたら愛犬ゴンタ号を連れて、ホンダPCXの契約書にサインしに行こうと思う。すなわち今日もバイク屋さんには行けなかった。でもその分仕事が進んだからまぁ良しとしよう。

来週は日本のすべての競馬関係者にとって、最も重要なレース 『東京優駿(日本ダービー)』 だ。ダービーと口蹄疫の事を考え出したら、夜も眠れなくなる。口蹄疫って馬には感染しないのかな?もし、ワタクシの乗馬クラブの馬が、全頭殺処分になったりしたらどうしよう?もうこういう伝染病はイヤだ。とにかく1日も早い鎮静化が望まれる。

明日はバイクの契約をしてから、またもやお家でまったりしようと思う。
2010年5月20日 初夏の馬カンス
もう少し踏ん張れば、北海道馬カンスが待っている!仕事のスケジュールがどうなるかわからないけれども、とりあえず、北海道行きのチケットは予約した。6月26日出発・7月3日帰着の目論見で決め打ち予約!競馬→乗馬→競馬→牧場→乗馬→競馬と、絵にかいたような馬ケーションがカタにハマりつつある。

今週日曜日も乗馬レッスンの予約を4鞍も入れたし、馬カンスの頃にはだいぶ上達して北海道の草原を駈けまわれるはず!あとは、乗馬クラブに通うためのアシ。鉄の馬であるバイクの契約に今夜行こうと思ったんだけれども、会社の仕事がワタクシの考えていたノルマに到達しなかったので、自主残業。明日こそはなんとかホンダ・PCXを押さえに行きたい。

am_tm0909107H.jpg
カラーは白でキマリだな!後はウチの庭に停めた時に、家族からクレームが出ない事を祈るのみ

さて、今会社で抱えている生産設備の立ち上げ業務が大詰めを迎えている。スケジュール的にも1週間予備日を入れているから、ワタクシ的には平常心でこなしているんだけれども、周りはどうも心配性の方々が多いようで、ワタクシのようにマイペースで仕事をしていると、心配になってくる向きも少なくないようだ。

今朝も、ワタクシの上司でもなんでもない、よその先輩から 『打ち合わせをしよう』 と言ってきたので、ん???なんでアンタと打ち合わせする必要があるの???と訝しがって行ってみると、案の定

  『(いけすかない野郎だ) お前期日までにホンマに出来るんやろな?いつも早く帰ってばっかりだけど、やる気あんのか?(オレが性根叩き直してやる)...』

と高圧的な講釈が始まった。全くスジが通っていない。このテの横ヤリはよくある事なんだけれども、ハッキリ言ってうんざりだ。同じような事をボスや部長に言われたら、そりゃ誠心誠意対応するんだけれども、部外者からの横ヤリに付き合うのもアホらしくなってきたので 『それに関しては人生観の違いなので、あなたと議論するつもりはありません』 と切り上げて仕事に戻った。

ワタクシの仕事に対する信念は上司にも伝えているし、誰に何を言われようと曲げるつもりはない。もしそれで会社が求めるパフォーマンスを満たさなければ、いつでもクビにしてくれればいい。ワタクシだって、自分のライフスタイルと折り合いがつかなくなったら、すぐにでも辞表を出そう。そういう想いで毎日仕事をしている。(どうです?緊張感があって良い職場でしょ?

とはいえ今の仕事をし出してから一年弱。周りが心配になるのも多少理解できる。ひとえに結果。結果ですよ。競馬でも仕事でも、プロは結果が全て。まぁ結果で周囲を黙らせることが出来ればベストだ。

 
2010年5月19日 2日続けてバイク屋さんには行けず...
定時で仕事も片付いたので、今日こそはバイク屋さんにホンダの125ccスクーター・PCXを見に行こうと会社を出ようとしたら、コントローラの不調に頭を抱えていた先輩とばったり会った。そのテのコントローラについては、少し詳しいので、それならちょっと診てみましょうかと、あれこれコントローラをいじくって不具合は解決。先輩も喜んでくれたので、なんだかとても良い仕事が出来たような気分。

結局7PMに閉店する西院のバイク屋さんには行けなかったんだけれども、まぁこれも運命(さだめ)だな。スポーツでもギャンブルでもそう。物事にはすべからく流れというものがある。これに逆らってしまうと、多くの場合良い結果は得られないものだ。

けど明日は例え何が起こっても定時に”早退”して、一昨日空振りに終わった、九条河原町のバイク屋さんに行って、さっさとサインしてこよう...帰路生ぬるい雨の中、冷えたキリン氷結を嗜みながら、そう心に誓うワタクシであった。


2010年5月18日 あぁPCX...
6PMに仕事が片付いたので退社しようとすると、ワタクシの上司が 『今日は病院に行くから先帰るわ?ホンマごめんな?』 なんて事を言いに来られたので、『いえいえ、何を言うてはるんですか。そんな事より全員が定時で上がれるような仕事の仕方を考えましょうよ!』 と、小生意気な事を言ってみた。

上司に気を使って会社に残るなんて行動はナンセンスだし、逆にワタクシに変な気を使わないでもらいたいなぁ...正直そんな事に気を使う暇があったら、心に余裕を持って部下の業務の状況を見渡して頂きたいと思う。

さて退社後、バイク屋さんに寄って、見積もりをもらって帰ろうと思っていたんだけれども、生憎バイク屋さんは定休日...う?ん残念。ついこの前までアドレスV125Gっていう125ccのスクーターを買おうと思っていたんだけれども、最近ホンダから発売されたPCXっていう125ccのスクーターが気になって気になって仕方ない。もともとはタイで現地生産・販売されていたバイクという事だ。このPCX、実によく売れているらしい、発売3週間で、既に年間販売計画の90%を達成してしまったそうだ。ってことはもし買うんなら、さっさと押さえてしまわないとタマが無くなってしまう恐れがある。

もっとも、『気になって』 いるなんてレベルではなく、心はもうほとんど決まっているんだけどね

pic_pcx.jpg
『次世代のパーソナル・コンフォート・スクーター』。ホンダのバイクはメンテ性が高くてとっても好き。  
2010年5月17日 かったるい月曜日
世間ではよく 『サザエさん症候群』 なんて言われるように、日曜の夕方が来ると憂鬱になる人が多いらしい。ワタクシも昔は、日曜夜の 『中央競馬ダイジェスト』 を見終わると、すっごいブルーになっていたような気がする。

最近はそういう感覚は薄れてきたんだけれども、ここんとこ休日出勤してばっかりだから、さすがに今日はかったるい感じでご出勤。担当する設備もだいぶ良い感じに仕上がってきた。これを出荷したら九州の工場で立ち上げ。それが済んだら待望の、馬(バ)カンスだ!

しかし最近お疲れ気味やな?。昨日もブログの記事書いてて、気が付いたら寝ちゃってたし、そういうケースが増えてきているような気がする...気力に体力が付いて来なくなってきてるのかもしれないなぁ...いくら平素は、『そんなに寝んでも、死んだらいくらでも寝れるがな?』 と周囲にはいつも言っているんだけれども、気分良く生きる為には、しっかり寝ることも大事やしね。とっとと寝よ
2010年5月16日 競馬場でピクニック♪
今日は競馬場でピクニック ええ天気や?最高の競馬日和だな メンツ構成は、会社の後輩とサンハオくん、最近再会した踏水会時代の友人、そしてわざわざ神戸から来てくれた素敵な女性三人と、競馬を楽ませもらった。今日は信じられない事にワタクシ以外の5人はほとんど競馬ビギナー。こういう状況で、どれだけ競馬の面白さを伝えられるかというのが、ベテランにとって、大きな課題になってくる。

馬券を買おうという事になったので、みなさんには馬券の基本である単勝をオススメした。英語でいうところの"Win"。フランス語でいうところの"Gagnant"ですよ。まぁ馬券の方は9R・烏丸Sのコパシングーの単勝的中以外は、馬連1着3着のオンパレード。でもそんなことはどうでもいいぐらい、競馬場でのピクニックはとっても楽しかったし、後輩のサンハオくんのポテンシャルもよ?く把握できたし。とても良い一日だったと思う。非常に贅沢な時間の使い方だなぁ...

これからは梅雨が来るけど、ワタクシの場合は競馬場で、雨に降られる事自体が少ないから、月に一回ぐらいのペースでピクニックが出来れば良いなぁ

DSC01829.jpg
芝2000mスタート地点で観戦。こういうのって、割と由緒正しい競馬観戦のスタイルだと思うんだよね?
2010年5月15日 新作 ■ームジョーク
今日も休日出勤。なんだか慣れっこになってしまっている...そんな自分が嫌いになってしまいそうだ。でもまぁこれも馬カンスのためだ。この仕事さえ終わらせれば、馬カンスが待っている。万が一これで馬カンスの時間を確保できないような事態になったら、それこそワタクシのライフスタイルに合わない会社なので、とっととドロンやね。

今日先輩と話していたら、過去に振替休暇がうやむやになって、消えてしまったケースもあったそうだ。それを聞いてワタクシは言った

ワタクシ 『そんなひどい話ってないですよ!振替休暇が消えてまうなんて許せない
先輩   『いや...振休は消えてない...みんなの心の中に生き続けているさ...』

頂きました!久しぶりに聞いた新作の■ームジョーク!不謹慎ながらも大爆笑してしまった。でもまぁワタクシのような身軽な人間とは違って、家族を持っている人っていうのは、そういう所を強く主張できない事情があるんだよねぇ...やっぱりこの会社で働いているうちは、結婚とか全然考えられへんわ。来週もまた一人、同期の 『卒業』 を見送る事になるんだけれども、まがいなりにも育ててきた人材を刈り取られてばかりいる、この会社の役員さんたちはどう考えてるんだろうか? 『育てた』 っていう意識はないんだろうな。来る者は拒まず。去る者は追わず。ってアレ?ワタクシの方針と一緒やん なるほど!だからワタクシは程良い距離感でお付き合いさせてもらってるって事か...納得です。

さて、明日は京都競馬場でピクニック。ドバイのMall of Emirates で一緒にスキーをしたMゆちゃんも、兵庫からわざわざ来てくれるという事なんで、とっても楽しみ。ワタクシの友人も競馬は初めてなので、出来るだけわかりやすく、馬券だけではなく、競馬そのものの魅力も伝えられることが出来たらとってもハッピーだなぁ...と思う。

DSC01826.jpg
今日の1枚:我が家のKING・ミッキー号(手前)と、ガニヤン号(白)
2010年5月14日 クレインのビギナーコース卒業!
携帯電話が無いっていう事を自由と思うか不自由と感じるかは、ひとそれぞれだと思うけれども、やっぱり通信手段が無いっていうのは、現代人にはストレスになるのではないかと思う。

今日は仕事帰り、昨日乗馬クラブ・クレイン京都に忘れてきた携帯電話を回収しに向かった。当然ナイターの一鞍もコミで 今日はビギナークラス卒業の実技だったので、松井山手行き高速バス・直Q京都号を待ちながら、。いつもより入念にストレッチ+アップを行ってからクレイン入り。

今日のパートナーはソマーセット号。前にも一度騎乗した事がある馬で、デカい。牝馬にしては肝が据わっているお馬さん。前の馬に近づくと、すぐ速歩を止めてしまう馬だ。こないだ感じたように、『しずちゃん』 みたいな馬だな。根は素直なので、裏掘りもブラッシングも簡単にさせてくれる優等生タイプのお姉さんだ。ワタクシ毎回乗った馬の感触をメモしているのだけれど、これがあったおかげで、すぐ手の内に入れる事が出来た。

このソマーセット号に騎乗してクレインのビギナーコースは合格修了。次回からは初心者複合に乗る事になる。まぁズブの素人が通算8鞍でビギナーを卒業できるんだから、まぁまぁのもんじゃないですか?

明日は休日出勤。もうこればかりは仕方が無い。
心配性の上司を持つと、結構大変だ。でも休日の仕事効率は良くなるので、もう少しがんばったろうかと思う。目標は来年4月中3級の中級ライセンスを獲ることが第一の目標やね!

DSC01822.jpg
森下先生撮影!いい構図。ようみたらワタクシいい表情しているなぁ...これはやっぱ馬といる時間でしか出ない笑顔に違いない。明日死んだら、葬式の遺影に使ってほしいと思う


2010年5月13日 会社帰りに乗馬のレッスン♪
今日はそこそこ仕事も進んだし、上司と細かいスケジュールの話もできた。その結果予定していたよりも2日ぐらい余裕を作って、追加事項をそこにネジ込まなくてはならなくなった。とはいえこれは確かにごもっともな話なので、2日前倒しでやるしかないと思う。

思っていたより仕事の進みがよかったので、今週土曜日は久しぶりにゆっくり寝て、乗馬に行こうと思っていたんだけれども、どうも厳しそう。例え明日想定の2倍仕事が進んだとしても、土曜日は出勤だろう。まぁそれは仕方がない。

今日は会社を定時で『早退』して、乗馬クラブ・クレイン京都にご出勤。今日で7鞍目。はよビギナークラスを卒業したいなぁと思っていたら、ナイターで同乗していた相方が今日7鞍目でビギナーコースを卒業した。やるなぁ...さすがは経験者。まぁワタクシも一つひとつ着実に技術を身に付けていかんとアカンなと思っていたら、『じゃぁYasukawaさん。次回のレッスンでビギナーは卒業にしましょう!5級ライセンス申請しますか?』乗馬5級ライセンス相当) とオファーを頂いた!おぉ!これでワタクシもB2級卒業や!

ただ5級ライセンスみたいな、形式上だけのライセンスなんてワタクシには必要ない。欲しいのは中級者の証である 『全乗振・3級ライセンス』 なので、ここはあくまでスルー。4級はさすがに獲ってからになるとおもうが、来年のGWまでに3級ライセンスを獲得するのがいまのところの目標だ!今週末に乗馬クラブへ通うためのバイクを発注する予定だし、ますますレッスンに通うモチベーションが上がってきた!

さて残念なことに、今日は乗馬クラブのロッカーに携帯電話を忘れてきてしまった...仕方がないので明日もナイターに出かけて携帯電話と、ビギナーコース卒業を回収してこようと思う ま、どうせ土曜日も出勤っぽいから、ここは居直って...ね


2010年5月12日 今日もひたすら仕事
今日はよく寝られたから、スッキリした気分で会社に向かえた。しかし朝からいきなり報告業務。『新技術』について全員が報告書を書くことになってしまった...普通は半日ぐらいかけて、上司に見せては何度も書き直すのだけれども、ワタクシのように社内での評価を度外視している人間にとっては、それほど難しい仕事ではない。開発した新技術なんでそんな大それたものはないから、40分ほどでテキトーに仕上げた。こんな誰も読まないような報告書に時間を掛けるなんてナンセンス。

雑務を片付けたあと、本業である生産設備のソフトデバッグに移る。なんとしてもナイター枠に間に合うように頑張ったけれども、元々そんなに余裕のあるスケジュールではなかったので、4PMごろに諦め乗馬クラブ・クレイン京都に電話を入れて、レッスンをキャンセルした。まぁ今日は仕方ない...予定調和だ。でも明日は槍が降ってもレッスンにいってやる。明日はオフの相方が昼間から乗りに行く予定なんだけれども、ナイターで合流する予定。最終レースで同乗出来る可能性大だ。なんとしても明日は『早退』しないといけない。

その上で、1日ぐらいリードを作って、土曜日は丸一日乗りに行ければ最高の展開だな。日曜は京都競馬場でピクニックだし、出勤するつもりは毛頭ない。明日もきっちりカタにハメてやるぜ。

2010年5月11日 馬も仕事も過信は禁物!
起きるとやっぱり少し熱っぽい。でもここで休んだらGWに出勤した意味がなくなる。どうにか出勤すると、朝のミーティングで上司が 『今やってくれてる設備の納期が1週間前倒しになったからね?』 だって。

Pardon??? いやいや!!!無理無理!!もはやこの段階では2人がかりで仕事する事も難しいし、3日ほど休日出勤するスケジュールでもギリギリやのに?...そんなん急に無茶苦茶や...てか、そもそもワタクシの事情を把握しているはずの上司が、なんでそんなオファーにOK出してるんや???もう意味が分からない。頭はパニック。それでも仕方なく、『こりゃ無理やしオリやな』 と開き直って残件の割振りを、あ?だこ?だと悩んでみようとしたが、また熱っぽくなってきた。脳が考える事を拒否してしまったのかもしれないな。

結局方々に確認すると、これは上司の勘違いだったらしく、どうにか目先のピンチはどうにか去ったんだけれども、午前中が潰れてしまった。しかもドッと疲れた...そんな状態でも今日のノルマを達成しないと帰れない。結局8PMまで掛った。午前中のゴタゴタがなければ、夕方の段階でももっと進んでいただろうに...上司の言葉ですら過信したらアカンな...馬でも仕事でもなんでもウラを取っておかないと痛い目にあう。今後は気を付けようと思う。

クタクタで歩く体力すら残っていなかったので、バスで帰宅。バスに揺られながら思う...明日はナイター乗馬行けるかなぁ...体力的にも時間的にも難しいだろうなぁ...トホホ...今後の身の振り方について、一度真剣に考えてみる必要がありそうだな... 


2010年5月10日 住之江シティーナイター2010開幕
昨夜京都に帰ってきた段階で、ゲッソリと疲れ切っていたため、昨夜の段階で上司に 『明日休みますメール』 を出していたんだけれども、一晩寝たら割とスッキリしたので出社!ワタクシは日本のサラリーマンの鑑だな。でもやっぱり昼過ぎには熱っぽくなってきたので、現在佳境を迎えている生産設備の制御ソフトのデバッグに集中し。表定時で会社を『早退』した。

今日は2010年・住之江競艇のシティーナイター開幕節初日。去年まではよく会社を表定時で 『早退』 して、京都から住之江までダッシュしていたが、今年は今抱えている仕事が片付かないと厳しいだろうな...裁量労働制のサラリーマンには厳しい初夏になりそうだ。しかし 『裁量労働制』 ってどこのアホウが思い付いたんかな?今度会う事が出来たら、蹴っ飛ばしてやりたい気分だ。こんな詐欺まがいの手法を考える奴も凄いと思うけど、この1億総中流層と言われる日本で、堂々とこの手法を採用する企業側もどうかしてると思う。民主党さん。どうか最後に裁量労働禁止の法案を通してくれないですかね?


2010年5月9日 NHKマイルカップ+松下奈緒嬢観戦
起きると案の定二日酔い。昨日そんなに飲んだかなぁ???まぁ記憶がないんだから結構飲んだんだろう。しかも一昨日はよく寝てなかったし...という訳で、鬼平と共に近くの丸亀製麺にうどんを喰いに行ったのち、東京競馬場まで車で送ってもらった。ありがとう!

東京競馬場...何度来ても素晴らしい競馬場だ。スタンドも馬場も、世界に誇れる競馬場だといえる。今回は乗馬を始めてから、初めて競馬場に来たんだけれども、やっぱりパドックは重視してしまう。前よりは少し見方が変わったかもしれない。馬装とか、馬の精神状態なんかに注意してパドックを注視してみた。結果的に馬券には結び着かなかったけれども、そこそこ好走していたし、もうしばらくよく研究してみようと思う。

DSC01671.jpg

さて、そんな感じでパドックを凝視していたら、なんかすっごいオーラのある女性がパドック内に現れた。『お?どっかの馬主のお嬢さんかな?』 と思ったら、女優でピアニストの松下奈緒さんだった。やっぱすげぇなぁ...と見とれていたので、メインレースであるNHKマイルカップの出走馬を危うく見逃してしまうところだった。危ない危ない...マイルカップ。結果はダノンシャンティが日本レコード勝ち!なかなか良いものを観させてもらった。

DSC01692.jpg

表彰式の途中だったけれども、フライトの時間もあるので、そろそろ荷物を受け取って帰ろうかと思ったら、一人の若者が熱心に拍手を送っていた。おお!感心な若者だなと思って声を掛けたら、UMAJINていう競馬サイトでコラムを書いている栗田一正さんって方なんだって。なるほど、そういうことか。馬券予想も大事だと思うけれども、こういう見識のある人物がファンに明確なメッセージを発信してくれれば、日本競馬の品位向上にも繋がっていくと思う。今後の彼の活躍に期待したい。

DSC01754.jpg

DSC01799.jpg
川崎で買って帰った母の日のケーキを貪るガニヤン号


2010年5月8日 結婚式で懐かしいメンツと再会
今朝は6AM起きで東京に向かう。昨夜は週末という事もあり、仕事終わりにナイター乗馬だったので、夜は全然寝付けなかった。しゃあないので、水割りをチビチビやっていたら、気付いた時には4AM...ほとんど寝ずにタクシーに乗り込み、伊丹空港へ向かった。道中かなり寝れると思っていたけれども、新幹線とは違い、移動が細切れだからほとんど寝られずグッタリした状態で羽田着。ここで広島から飛んできた大学院同期のケンタと合流して、三田の結婚式会場へ向かった。

DSC01599.jpg

着いた会場は、イタリア大使館のお隣。『なんじゃここ?...迎賓館とちゃうんか??』 というくらい立派な建物だ。お庭で人前式を見届けた後、立派なお部屋で披露宴だ。今日は友人代表としてのスピーチが待っているので、あんまり飲んだくれる事ができない、しかも今回は後輩の結婚式でのスピーチ。あんまりグダグダだと格好悪いから、ごちそうを食べながら色々とネタを練って臨んでみた。この結果、これまでのスピーチの中では最も手応えがあったような気がする。友人も評判がよかったので、正直ホッとした。かれこれ5回目の結婚式でのスピーチ。この馬なりに上積みはあったようだ。

スピーチが終わった後は安心してシャンパンを飲みまくって披露宴はお開きに。カリスマ君、本当におめでとう!


DSC01609.jpg

DSC01612.jpg

披露宴の後は、大学院同期の悪ノリで東京タワーに連れて行かれ、歩いて展望台まで登らされた。おかげでもうヘロヘロ。2次会会場に着いたころには、生ける屍状態だったが、同じく研究室の後輩たちも揃っていたので、少し休んでから研究室のメンツだけで『反省会』へと繰り出した。反省会に来ていた研究室時代の後輩・T永クンはなかなか頭の斬れる男で、在学中も色々世話になったんだけれども、社会人生活で揉まれ、なかなか立派な人物に育っていた。こういう男が本格化したら、もう手が付けられないと思う。ワタクシも負けないように自己研鑽に励みたい。


2010年5月7日 アフター5に一鞍の乗馬
今日は朝から雨のなかを出社...雨に打たれながら思う。よく考えてみれば素人の身でありながら、海外まで競馬場めぐりに行ったり、乗馬に励んでみたりと、馬にこれほど時間とカネと情熱を注いでいる人間って、そうそういないんじゃないかな?干支も1/12で午歳。前世も来世も恐らくは馬に生まれている事だろう。

そんなワタクシの本日のアフター5は乗馬レッスン。仕事終わりに一鞍軽く乗って帰る。朝から生憎の雨だけれども、5PMには間違いなく止むと思っていたら、やっぱり止んだ。そりゃそうだ、もしも 『馬の神様』 がいるのだとしたら相思相愛のはず。そんなワタクシが馬に乗りに行く訳だから、当然雨は止んだ。思えば馬関連の日で雨に降られた日は絶無だ。覚えている最後の雨は1995年。春の天皇賞(ライスシャワー)ぐらいかな。でも良く考えると、この時も天皇賞の時間になると雨が止んだ。これも馬徳のなす業に違いない。

さて、本日のパートナーは栗毛で馬格のあるお兄ちゃん 『ミステル号』 この馬すごくいい。人なつっこく温厚で頭が良い。腹帯を締めるときですら暴れない。馬乗りの経験が少ないワタクシが 『乗り味』 を語るのはチャンチャラおかしいかもしれないのだけれども、馬から伝わってくるリズムがすごく良い。クレインに通っていて初めて 『この馬欲しい!』 と思った。やはりワタクシは大型馬のゆったりしたリズムが、生理的に合っているのだと思う。将来仕事をしなくても良い立場になったら、こういう馬と、暖かい国のだだっ広い田舎で一緒に暮らしてみたいと思う。

DSC01577.jpg
今日の一枚。馬たちが馬房に帰った後の洗い場

帰りはミニストップで、最近お気に入りの氷結・レモンを片手にバスに揺られ帰宅。明日は東京・三田で、東北大学時代の後輩の結婚式だ、MKさんは6:50AMに自宅に迎えに来てくれるそうだ。少し早いけど9AMのフライトだから、まぁそんなもんかもしれない。


2010年5月6日 本日より通常営業
今日からワタクシが勤める会社では通常営業。7連休明けでボケた社員と、GW中に尊い汗を流してげんなりした社員が混然一体となり、妙な空気を醸し出していた。

夕方、アシスタントのオネ...姐さんから 『三日間の出勤は振替休暇で消化してや?部長命令やで?』 とお達しがあった。全く...こっちは余るほど有休があるっていうのに...ったく...もうブ?たれてても仕方がない。この振替休暇をどのように生かすかが問題だ。有効期限は6月10日まで。

ならば馬ケーション(ヴァケーション)に使わせてもらおう。振休3日+有休2日を月?金に絨毯爆撃して、土日?土日に夢の架け橋を懸けさせてもらおうと思う。この橋が架かれば9連休。馬カンスの行き先はやっぱり北海道かな?6月の北海道は結構良いと、ウチのマミーが言っていた。しかも溜まりに溜まったANAマイルを使えばエアーはタダ。

札幌を拠点に、『競馬』→『乗馬』→『牧場巡り』→『競馬』→『乗馬』...をしながら、国内競馬場完全踏破の達成というプランが、徐々にカタにハマリつつある。しかしながら、この『乗馬』を楽しんでくるには、日ごろの自己研鑽は欠かせない。明日は仕事終わりに一鞍乗ってから帰宅し、土曜は朝のエアーで東京入り。あまり期待していなかったけれども、日曜のNHKマイルはなかなか面白いメンバーが揃った。軽く生観戦して京都に戻ろうと思う...あ、泊まるとこ予約してない...鬼平の役宅にでもお邪魔するかな?


2010年5月5日 こどもの日?かしわの日。エスポワールシチーに敵はなし
残念なので、もはや書く気もうせるが今日も仕事。でも休日出勤も悪いことばかりではなく、仕事がよく進むというメリットもある。おかげでよく仕事が進んだ。もう少しで仕事をカタにハメることができそう。

明日からは通常営業。朝が早いのはやっぱり辛いが、まぁ木・金の2日。どうにでもなるやろ。今日、乗馬クラブ・クレイン京都から電話連絡があって、金曜のナイター乗馬の出走権が取れたという連絡があった。元々、キャンセル待ち10位だったから、厳しいかと思っていたのだが、あっさり確保できた。今週末は東京出張だから絶対に行くし。ただナイター乗馬枠はお子様が多くて、『こども乗馬教室』 に間違って参加してしまったみたいで、すごく浮いてしまう事がある。まぁ大人として恥ずかしくない騎乗で、お手本を見せられるようベストを尽くすのみだ。

今日は仕事後、相方とやまとの湯へ汗取りに行った。メッチャすっきりした。汗取りの後は五条大宮のラーメン横綱で生ビールを飲み放した。サウナ上がりのビールは最強に旨い。

ただ少し引っかかる事がある。今週末土曜は東北大学時代の後輩の結婚式なんだけれども、スピーチを頼まれている。でも全くのノープランだ。まぁワタクシが知っている彼の良さげな話を、落ち着いて話せばええやろうとも思う。まぁ毎度毎度の出たとこ勝負だ。それに関しては問題ない。ただ一点。愛すべき師匠・小菅一弘教授のモノマネをするかどうかだけが問題だ。前回S藤先輩の披露宴でやって、冷や汗を掻いたんだけれども、今回は少し前フリなどを入れてやってみようと思う。

それにしても、一度披露宴でフランクシナトラを歌ってみたい。そのための準備なら惜しみなくするつもりなので、誰か一度チャンスをくれないかなぁ?え?自分の式でやれって?当然ですよ。フランクシナトラはもとより、白馬に乗って登場するよ絶対。


2010年5月4日 ダートグレード競走3連発
世間はGW。JRAの開催がない祝日には、地方競馬にとっては掻き入れ時で、

3日:名古屋競馬・かきつばた記念(JPN?)
4日:園田競馬・兵庫チャンピオンシップ(JPN?)
5日:船橋競馬・かしわ記念(JPN?)

と、大駒を揃えたレースを組んでくる。なかでも明日のかしわ記念。国内G?(JPN1を含む)4連勝中の、エスポワールシチーが出走してくる。ヴァーミリアンを王座からひきずり下ろしたエスポワールシチーの王座は当分安泰だろう。 小回りのマイル戦で、エスポワールシチーを制して逃げられそうな馬もいない。もうどうしようもないと思う。

焦点は2着探し。対抗格というより、辛うじて勝負になりそうなのはサクセスブロッケンただ1頭。まぁそれでも普通の競馬をしている限り厳しいと思う。内田騎手が一発狙いで勝ちに行く競馬をするのか、オリて2着を拾いに行く競馬をするかで、結果は大きく変わってきそうだが。ワタクシはここも折り合うのではないかと思っている。2着でも2100万の賞金、他にG1級の馬がいないここは、確実に2着を拾いにくるはず。馬単12→4は現時点で1.9倍。ワタクシ的には3倍あれば買ってもいいかなと思うけど、きっとそうはならない。しかしこんな番組で馬券売れるのかなぁ???

さて、明日も休日出勤。休日は電話応対も、会議も、打合せもないので仕事がよく進む。ま、馬カンスというニンジンぶら下げて、少しがんばってみましょ。


2010年5月3日 馬カンス先の検討
よく昔のマンガで、馬の鼻面にニンジンをぶら下げて、際限なく走らせるという典型的なシーンがあるが、これは人間とて例外ではない。

現在ワタクシが抱えている仕事の納期は7月中旬。もう梅雨も終わって夏になってるんじゃないかな?当然この仕事が終わったら、またバカンスに出掛けるんだけれども、真夏ではなぁ...南半球は真冬やしなぁ...競馬やってるかなぁ...乗馬できるかなぁ...どっかいい 『馬(バ)カンス』 の行先はないものだろうか?やっぱりニンジンがぶら下がってない事には、走る気力も出ませんよ、ホンマに。

という事で、モチベーションを上げるため明日は、『午年生まれの馬好きのワタクシに相応しい馬カンス先』 について調査してみようと思う。まぁ普通に考えたら、季節的にも北海道あたりがお手軽で良いんだけどね...『帯広ばんえい競馬』→『どっかで乗馬』→『函館競馬』→『そのへんで乗馬』→『門別競馬』→『あんなところで乗馬』 みたいな。これぞまさに馬カンスだな


2010年5月2日 天皇賞 C.ウイリアムズのウイニングランに思うこと
今日は馬乗りにも京都競馬場にも行かず、おウチでゴロゴロしながら、WOWOWで録りためた映画を観たり、競馬中継を観たりと、This is グータラな一日だった。

天皇賞(春)は、フォゲッタブルの単勝を買ってもいいかなぁ...と思っていたんだけれども、休み明けでG1レース・1番人気...いかにも翔びそうな危険な雰囲気。レース後の 『やはり休み明けが...』 という内田騎手のコメントが目に浮かぶのでヤメておいた。レースは案の定3コーナーぐらいから手応えが怪しくなり撃沈。勝ったのはジャガーメイル。昨年の優勝馬・マイネルキッツが2着、3着以下に5馬身差付けたので、まぁまぁいいレースだったと言える。道中・黒い帽子のメイショウドンタクがやたらと良いリズムで、気持ちよく走っていたのが印象的だったが、やっぱり3着に食い込んできた。

さて、前々からずっと思っていたんだけれども、日本の競馬ファンは勝者に対する祝福とか敬意が欠けてるんじゃないかな?スタート前は無駄に盛り上がってバカ騒ぎするくせに、レースが終われば興味なし。これじゃチョット寂しいような気がする。もっともこれは競馬ファンの品格だけの問題ではなく、馬が引き上げてくる経路にも問題がある。例えば東京競馬場、G1で勝った馬はスタンド前の地下馬道入り口から引き上げるので、当然ファンは拍手で迎える格好になる。これに対し、京都・阪神・中山などは、勝っても負けてもゴール後2コーナー付近で馬を止め、1コーナーの降馬所にコッソリと引き上げる事になる。

JRAは、騎手にどういう風に指導しているのか知らないけれども、今日の天皇賞を勝ったC・ウイリアムズ騎手のように、一度スタンド前まで戻ってウイニングランをする事はとても良い事だと思う。ただ関西のファンはそれに慣れていないからか、スタンド前にジャガーメイルが戻ってきても 『シ?ン...』 と静まり返ったまま。ウイリアムズ騎手がジェスチャーでファンにアピールしてたのは 『オマエら、勝った馬をもっと称えんかい!!』 って事だったと思う(まぁウイリアムズ騎手に聞いた訳ではないからワカランけれども)。ああいう光景を見ると、まだまだ日本も競馬後進国なんだなぁと残念な気持ちになってしまう。

さてワタクシのGWは本日をもって終了。明日から三日間は祝日にも関わらず会社へ御出勤だ。同僚との兼ね合いもあるから、早く仕事が終われば出勤回避できるという訳でもなさそう。しかも祝日だから、ナイター乗馬もない。もう諦めて大人しく会社を3往復した方がよさそうだな。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。