Gary Yasukawa
  • Gary Yasukawa
  • 1978年・午年生まれ。
    ウマ科研究者。乗馬と競馬をこよなく愛し、地球上の全ての品種の馬に跨り、また地球上の全ての競馬場を踏破する野望を胸に抱きつつ、平素は電気系エンジニアという触れ込みで世を忍んでいる。
Gagnant~地球に生きる、全ての馬に逢うために...
ゲイリー・ヤスカワの競馬・馬乗り
カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


リンク


RSSリンクの表示


FC2カウンター


↓海外ホテルの予約ならオクトパストラベル がオススメ。お得なホテルをオンラインで即時予約できます。




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年1月31日 懐かしい第二のふるさとの味を求めて...
今日は待ちに待ったアジアの歌姫ALANのライヴ。西梅田のサンケイホール・ブリーゼで17:30開演だ。

今日はぐっすり寝られたため、昼過ぎに目覚めた。さて、どうしよう?夕方まで時間がある。淀に行くというオプションもあったが、それよりも、今日は前々から行きたかった、第二のふるさと高松周辺の店の『関西支店』を巡ってみよう。

まずは京都駅ビルラーメン小路の徳島の東大ラーメンだ!高松での学生時代に、よく食べに行ったものだ。さて、京都店の味はいかがなものか?肉入りラーメン700円を注文。
IMG_1161.jpg

スープの味自体は徳島の店と変わらなかったが、名物の豚バラが少し臭く、これを消すためなのか、甘すぎるような気がする。京都のお客さんには敢えて500円の徳島ラーメンをオススメしたい。

腹ごしらえが済んだので、新快速に飛び乗り梅田へ。少し時間があるので新装なったWINS梅田へ。施設は小洒落た感じだ。夜間発売ですでに投票済みの東西のメーンレースを観戦したのち中京・京都・東京の最終レース・フルコースに挑戦するも、メーンと同じく残念な結果に...
IMG_1163.jpg

気を取り直して東梅田のWINSから、西梅田のブリーゼへ。途中ついついいつもの癖で、四ツ橋線に乗り住之江に向かってしまいそうになったか、無事ブリーゼに辿り着いた。
IMG_1172.jpg

さて、いよいよALANの1stライヴだ。このライヴはあまりに素晴らしかったため、別の記事に書かせてもらったので是非読んでもらいたい。ALAN 1stLIVE in OSAKA

特に 『幸せの鐘』・『my life』 には鳥肌が立った。アンコールの 『涙そうそう』 を生で聴けたのもラッキー。『懐かしい未来』 は会場がひとつになったと思う。素晴らしかった。わいわい騒ぐより、黙ってその歌声を聴きたいと思わせる、最高のステージだった

さて、最高かつ鳥肌モノのステージのあとは、最高に旨い鳥を食べに香川県・丸亀の誇る骨付鳥 『一鶴』 西梅田店へ。昨年10月に大阪店がオープンし、久しぶりに食べてみたいなぁと思っていた思い出の味。思えば2003年に 『競艇魔王』 に輝いた時も、打上げは高松・古馬場の一鶴だったなぁ。
IMG_1174.jpg

IMG_1178.jpg

店内は広々としていて、とても良い感じ。それにしても看板メニューの 『ひなどり』 はビールが進む。香川の一鶴と比べても全く遜色のない味で、こちらは100点満点。ビールをぎょうさんお替りした後、〆は 『とりめし』。これは讃岐では定番のコースだ。ワタクシもALANには負けるが、ちょっと親孝行したいなと思い、弟者の分と三人前をおみやげにオーダー。帰りの電車では周囲に良い匂いをプンプン漂わせて帰った。ハラペコで電車に乗っていたみなさん、本当にゴミンチャイ m(_ _)m


スポンサーサイト
ALAN 1stLIVE in OSAKA
今日は本当に良い日だった。アジアの歌姫ALANのワンマンライヴツアー最終日・大阪公演だ。思ったとおり凄いライヴになった。

今回のライヴのBEST PERFORMANCEは、『幸せの鐘』 これは四川大震災のチャリティーソングだ。心のこもった渾身の一曲だったと感じたのはワタクシだけではないはず。


幸せの鐘。今夜の渾身の一曲。鳥肌が立った。

『my life』も本当にシビれた。今日はラッキーなことにアンコールでオマケの一曲。『涙そうそう』 を生で聴くことが出来た。本当にラッキーだ。この曲はavexが中国で行った新人アーティストのオーディションで、社長の松浦さんの心を一発で射とめたという一曲だ。ニ胡の演奏がなかったのは少し残念だったが、それでも素晴らしい歌声に、気が付けば前のめりになって聴き入っていた。

ラストナンバーは 『懐かしい未来〜longing future〜』 世界の坂本龍一が、彼女の為に書き下ろした一曲。みんなで合唱してライヴはフィナーレへ。



このステージにはALANのご両親もお見えになっていた。嬉しかっただろう。親孝行ができてよかったね! 開演前に廊下ですれ違ったときに、『チベットっぽい人たちやな。ひょっとしてご家族か?』 と思ったけど、その読みは見事に的中していたようだ。

次回のライヴには、また来たい。CDだけ上手い歌手は星の数ほどいるが、ライヴで魅せられる歌手はそうそういないと思う。縁あってこれを読んで下さっているみなさんも是非足を運んでいただきたい。そう思わせる今夜のステージだった。

今回紹介した曲は、2ndアルバムのmy life(CD+DVD)に全て収録されているので、興味を持たれた方はぜひぜひどうぞ!ワタクシは日本版はもとより、香港でも現地版も買ってしまいました。今夜は素晴らしいステージをありがとう!明日もがんばれそうだ!

img060.jpg
最高のステージだった。次のライヴでは 『月亮代表我的心』 なんて曲も歌ってくれないかなぁ。ワタクシの大好きな曲だから。

 
2010年1月30日 またもや裏喰った?
今日は愛犬ゴンタ号とピクニックへ。ワタクシの管理するゴンタ号は、昨年末に裂蹄を発症したため、スローペースの調整をしてきたのだが、ここに来て爪の状況がだいぶよくなり、ハック(軽いキャンター)を掛けられるようになった。最近は折り合いも付いてきたし、暖かくなる頃にはキッチリ仕上ると思う。

NEC_2331_1.jpg
ピクニックの途中。一輪のツバキが凛と咲いていた。

さて、東京新聞杯。ワタクシは4.トライアンフマーチ単勝と、4番アタマの三連単で勝負したんだけれども、結果は2着。勝った2.レッドスパーダは強かった。今回は勝った相手を誉めるしかない。

明日の京都牝馬S。狙いは7.ショウナンラノビア。休み明けにも拘わらず、鞍上に岩田を確保してきた。勝負気配を感じる。単勝オッズ15倍と、充分に狙う価値があると思う。対抗は8.ヒカルアマランサス。52?で出走できる今回はチャンス。馬単7→8はほぼ万馬券。これを中心に攻めてみようと思う。

東京のメーン根岸Sは勢いを買って9.サマーウインドから。相手はこの条件を狙い打ってきた7.ワイルドワンダーと8.グロリアスノアへ。馬単9→7は24倍と配当的に妙味はないが、三連単9→8→7,9→7→8はともに500倍を超えるオッズ。とりあえず3連単でこの2点を狙ってみたい。


●今日の馬券

東京11R 東京新聞杯(G?) レースリプレイはこちら
・単勝 4.トライアンフマーチ 3000円
・三連単
4→1→2 700円
4→2→1 700円

結果・・・2→4→1 14840円 3連単は2着→1着→3着。とはいえ競馬においては、1着と2着は雲泥の差。『馬券はアタマ当たれば半ばよし』 だと思う。そういう意味では今日の馬券はスカタンだったと言える。

◆今日の収支 ▲4400円


2010年1月29日 明後日はALANの大阪ライヴ
待ちに待った日が近づいてきた。あさって日曜日はアジアの歌姫ALANの大阪ライヴの日。競馬でも歌でもサラリーマンでも、やっぱりライヴ・つまり一発勝負でのパフォーマンスがその人(馬)の価値を決めると思っているので、本当に楽しみにしている。


alanの歌声はスゴイ。『涙そうそう』は一度聴いてもらいたい。

しかしALANの日本語はスゴイと思う。陰で相当な努力をしていると思う。いつも思うんだけれども、日本語は本当に難しい言語だと思う。新聞の文字はひらがなとカタカナ+漢字の3つ。世界中見渡しても、3種類の文字を使う言語というのは他にあるのだろうか?ワタクシの知る限りない。

さて、そんな日本は競馬先進国の仲間入りをした。2007年に国際セリ名簿基準委員会のPart1国に昇格。これにより、日本のほぼ全てのレースに外国馬が出走できる状態になった。

ただ、残念なことに、そのレースに外国馬が来てくれない状態が続いている。なぜだろうか?多くの日本競馬ファンはみんなこう信じている 『日本の馬が充分強いから敬遠して来ないから』 と。

これは間違い。日本の競馬は面倒くさいから来てもらえないのだと、ワタクシは思っている。日本の検疫も面倒くさいし、日本の速い馬場で勝負したら日本の馬に勝てる見込みもないし、というような所だと思う。

だから近年のジャパンカップ(国際G1)も海外の有力馬が来てくれない。

いつも思うんだけれども、日本の馬をもっと海外に売る事は出来ないだろうか?日本の種牡馬はどう考えても世界に通用するレベル。実際にサンデーサイレンスの子達は海外で種牡馬として成功している。だから香港やシンガポールに日本の馬をもっと買って貰いたい。

北半球と南半球では季節が半年ズレるので、香港やシンガポールで、現在はオーストラリア産馬が占めている。これは、我々が思うより重いハンデなのだが、この状態を乗り越えて、日本の馬をもっと輸出できないものか?

ちょっとしたキャンペーンを張ってでも、もっと日本のサラブレッドをアピールする機会があってもいいと思う。ワタクシが競馬を始めたときは1万頭あったサラブレッドの生産頭数も、現在では8千頭前後と随分減った。国内でサラブレッドが走る競馬場も減少しているし、これではもう日本の馬産は尻すぼみ...なにか良いアイデアをお持ちの方は是非ご教授願いたいと思う

明日の東京新聞杯はトライアンフマーチを狙う。ここは安田記念に向けて出直しの一戦。ハットトリックやサイレンススズカ的な雰囲気を感じる。ここは2倍台後半なら単勝で勝負したい。


2010年1月28日 ドバイ・MEYDAN競馬場が杮落とし 
あと数時間ほどで、冬季のドバイ競馬シリーズ 『Dubai International Racing Carnival』 が開幕する。つまり、本日が2年を掛けて建設された 『MEYDAN競馬場』 のお披露目となる。

meydancg.jpg
MEYDAN競馬場の完成予想CG。ホンマにできるんか?コレ

昨今の世界同時不況に端を発し、ドバイの国営企業がモラトリアムを宣言したドバイショックにより、世界経済にとって一大リスクとされている状況のドバイで、果たして本当に完成するのかなと思っていたのだが、今日のスポーツ新聞に、MEYDAN競馬場の写真が載っていて、予想以上に出来上がっている印象を受けたので一安心。なお、下の写真でコース内にある大型ビジョンは、我が国日本の三菱電機が誇るオーロラビジョン(LEDディスプレー)であり、サイズは現在ギネスに登録されている東京競馬場のそれ(幅66m)より大きく、世界最大の大型映像装置となる(幅104m)。実物を見られる日が実に待ち遠しい。

meydan_project_web.jpg

さて、『我が国が誇る』といえば自動車。しかし昨日の経済新聞夕刊に、トヨタがアメリカにおける自動車生産・販売を当面休止するという、ショッキングなニュースが載っていた。例のアクセルペダル巻き込み死亡事故や、これとは別のリコールの影響だ。

なぜこんなに大きなニュースが、1面トップニュース扱いでないのか、ワタクシには全く理解できないが、何らかの意図があってこういう扱いなのかもしれない。いずれにせよ、国際標準に乗遅れ、国産の家電製品が世界市場に通用しなくなったいま、一大市場である北米で、もし日本のクルマが売れなくなったら、この先日本はどうなってしまうのだろうか?考えるだけでもゾッとする。


2010年1月27日 川崎記念(JPN?)
今日は観念して、少し多めに残業。家に帰って、TVを付けたらBS JAPANで 『ルビコンの決断』 が放送されていた。『ルビコンの決断』は、主に経済・産業界で実際にあったプロジェクトをドラマ化したもの。で、今回は 『ソニー・ウォークマンの逆襲』 なるほど、ワタクシも去年WALKMAN Sを買ったのだが、これは確かに1万円強の価格にしては、PODCASTも観れるし音質も充分満足できる水準で、お気に入りの一品だ。

ただ欲を言えば、2万円以内で無線LANに対応したモデルを出してくれないかなぁと思う。毎週金曜はPODCASTで 『週間株式マーケット』 をお風呂でチェックするのだが、これをダウンロードするのにわざわざPCを立ち上げるのが面倒だ。無線LANに対応していれば、お風呂の中でもダウンロードできる。

実はすでに無線LAN対応のモデルが発売されているのだが、いかんせん値が張る。そのうち5年間保障つきで2.5万以下になるだろうから、そのタイミングでなら買ってもいいかなと思っている。

BS JAPANといえば日本経済新聞系列。なかなか為になる番組が多い。ワタクシは毎週 『カンブリア宮殿』 を観ている。毎週、元気のある会社のトップがゲストに招かれ、その経営哲学を語るという番組。少しでも経営に興味がある方なら、観ておいて損はないと思う。

さて本日行われた川崎記念(JPN?)。国内のダート馬が世界で通用しないことが、ヴァーミリアンの2度のドバイ遠征で明らかになった今、ドバイへのステップレースという位置づけは失ったが、それでも冬季ダートレースG1シリーズの根幹レースだ。



今年は終始ヴァーミリアンとフリオーソの2頭のマッチレース。最後は武豊が駆るヴァーミリアンがフリオーソを競落とし、国内G?9勝目(JPN?含む)。今更ながら、この馬ディープインパクトと同期なんですよ。初めて川崎記念を制してから、3年間に渡って国内ダート競馬界の頂点に君臨しているわけだから、もう素晴らしいの一言。これで国内G1二ケタ勝利にリーチをかけた。


2010年1月26日 会社帰りに玉転がしに
今日は会社でチョロっと残業したのち、パチンコ京一西七条店で球技を楽しんで帰った。選んだ台は仮面ライダーMAX EDITION。基本的なゲーム性としては、とにかく仮面ライダーに変身し、ショッカー怪人を倒せば大当たりなのだが、怪人が爆発した瞬間は本当に気持ち良い。


このCM最高!近所のレッドバロンとかにサイクロン号売ってないかな?

しかしながら今日は全く気持ち良くなかった。ショッカー退治もなければ、変身もなし。こういう展開になると、千円札をせっせとサンドに挿入するだけの作業。夏目漱石先生10名をお見送りしたところで、いい加減かったるくなったので帰宅。

勝っても負けても、パチンコなんていうもんはお手軽で、充実感のないものだ。情報を仕入れて朝から並ぶのならまだしも、会社帰りのブラパチに、勝因とか敗因を求めるのは非常に難しい。時の運が多くを占める。

そう考えると競馬は良い。現在ではどの窓口でも当たり馬券は必ず売っている訳だから、完全に自分の見識勝負。もしも今日、翌日のスポーツ新聞を手に入れることが出来たなら、どこの誰でも億を超えるカネを手に入れることが出来るのだから挑み甲斐があるというものだ。

残念なことに、今年に入ってまだ一度も馬券が当たっていない。今週から京都も2開催目に入り、関東では中山から得意の府中に替わる。今週こそちょっと遅めの初当りをゲットしたい。


●今日の馬券など

仮面ライダーMAX EDITION ▲10000円


2010年1月25日 月曜から送別会
今日は西院のがやが家で送別会。お世話になった先輩方の送別会だけに、残念な気持ちでならないが、自分の所属するチーム以外の飲み会だけに、いろいろな話が聞けて楽しかった。

ただ、そのお店のフードが出てくる順番がかなり変。最初に『鍋』、まぁここまではいい。次に鍋の『おかわり』。まぁ鍋だけのコースかもしれないから許そう。この時点でかなり腹一杯だ。次に『枝豆』、『たこわさ』、『チャンジャ』...いやいやそれはおかしいやろ!?その三つは最初の一杯に出てくるお通しやないか!ここで来るか!?『枝豆』よ。

さて、ヘンテコな居酒屋の話はこれ位にして、昨日の新鋭王座決定戦・優勝戦。3.毒島が3周にわたるデッドヒートを制して優勝。1周1Mで差抜けるも2Mでヘグった3.毒島に、2.新田の渾身の差しが届きラップで2周1Mへ!

毒島がツケマイで新田を沈めようとするが、新田がこれを交わし、これで勝負あったと誰もが思った。しかしドラマは2周2Mに待っていた。先に回った新田の艇がバウンドし、これを冷静に差した毒島が再びラップに持込み3周1Mを先マイ!これで勝負あり。最終ターンマーク、同じ轍を踏むまいと丁寧に回った毒島に、新田が差し迫るが届かなかった。

しかしこのレース。1.小阪がスタート失敗し5着。近代競艇では完全に1枠≒1コースが圧倒的有利。しかもエンジンの仕上がり順に並ぶ事になる優勝戦では、2コースより外の選手は、基本的に1コースの失敗待ちになってしまう。やはりこういう絶好のチャンスで仕留め切れなかったのは悔しいだろう。小坂選手には出来るだけ早いうちに、このトラウマを乗り越えて欲しい。



このレース、優勝賞金850万円もデカイが、付いてくるオマケがデカイ。3月のSG総理大臣杯と、7月のSGオーシャンカップの出走権をゲット。ファン投票で選抜される5月のSG笹川賞もほぼ当確だ。それにしても、観ている側にとっては、ヤングレーサーのガチンコ勝負はワクワクする。舟券を持っていたらかなり心臓に悪いレースだっただろうがw


2010年1月24日 ダイシンオレンジ...う?ん差せんかなぁ...
今日の我が家の夕食はお好焼き。最近は面倒なのでホットプレートを使って焼いているのだけれども、実は我が家には伝家の宝刀・業務用お好焼きテーブルがある。ほとんどの家庭にタコ焼き器があるといわれる関西でも、お好焼きテーブルがある家はなかなかあるまい。

ただ、テーブルを出したり、鉄板を洗ったりという作業は本当に面倒なので、長い間『伝家の宝刀』は抜かれる事はなく、錆付いたタダの刀になってしまっている。来週あたりには一度『伝家の宝刀』を蔵から出し、その大火力でお好焼きをサクッと焼き上げてもらおうと思う。


●今日の馬券

■京都11R 平安S(G?)
本命の5.ダイシンオレンジが、4.ロールオブザダイスを差切れず2着。という訳で、馬単を5→4を持っていたワタクシはウラ喰って爆死。残り300mで馬の間に突っ込んで行ったロールオブザダイスに対して、外をスムーズに伸びたダイシンオレンジ。この時点で 『よっしゃ!獲った!』 と確信したのだが、最後はロールオブダイスが1/2馬身前でゴール。これは着差以上の完敗。ロールオブザダイスにとっては、暮れの東京大賞典3着がフロックでない事を証明する形になった。対抗の1.トーセンアーチャーは、スタートで後手。追込みに賭けるも5着。ただ今後とも京都で走る限りは、常に注意しておきたい一頭だ。
・買い目
馬単  5→4 300円
三連単 5→1,4,9 ヒモトリBOX 各300円
計 ▲2100円


■中山11R AJCC(G?)
ここは4.キャプテントゥーレが本命だったが、4コーナーで早くも手応えが怪しくなり失速。理由はよくわからない。結局7歳馬ネヴァブション・8歳馬シャドウゲイトという、オジサン馬二頭のワンツーとなった。はっきり言ってお手上げ。
買い目
馬単  4→1 1000円
三連単 4→1,2,7 ヒモトリBOX 各300円
計 ▲2800円

TOTAL ▲4900円


2010年1月23日 1回京都競馬も最終日
昨夜といい今日といい、この時期の京都は冷える。もう寒いのはイヤだ。できることなら有馬記念が終わったら、阪神大賞典の時期ぐらいまでの厳寒期は、競馬のある香港かシンガポールあたりで過ごせればいいなと思う。

今日の若駒Sはルーラーシップが負けた。惜しい内容だと思うが、まぁサラブレッドはデビューして2戦は観ないと、やっぱりわからない。ただ、間違いなく言えるのは、クラシックに向けて、収得賞金を上積みできなかったということだ。最低2つは勝たないと、クラシック第一弾・皐月賞の抽選にも持ち込めない。そういう意味では全く意味の無い2着とも言えなくはない。

明日1回最終日の京都メーンは平安S。狙いは5.ダイシンオレンジから。京都のダート戦も好相性で、このメンバーなら昇級でも通用するとみた。対抗は1.トーセンアーチャー。前走阪神で惨敗しているだけに、京都に替わる今回は妙味。

中山のメーンはAJCC。別定戦のここを狙い撃ってきた4.キャプテントゥーレから。ここは春のG1戦線に向けて1円でも賞金を加算しておきたいところ。相手には中山金杯組の1.デルフォイ,2.トウショウシロッコあたりを狙う。


2010年1月22日 もつ鍋パーティー
今日は会社同期のT永君に”塩もつ鍋”を振舞ってもらった。しかし、コレがほんまに旨かった。野菜の甘さと、もつの油分がマッチして、塩バターラーメンのような感じ。荒削りながら 『これはひょっとしたらお金取ってもええんちゃうか?』 という出来。ごちそうさま。非常に素晴らしかった。この方向性で味を磨いてもらいたい。

NEC_2331.jpg

それにしても今夜の京都はよく冷えた。明日の京都競馬場も、外で観戦するには厳しい気候になりそう。早起きしてでも、どうにかして指定席は押さえたいと思う。

明日の注目は、戦列復帰する福永騎手と、京都10R若駒Sの2.ルーラーシップ。そしてメーンの羅生門Sでは遅れてきた大物14.ナムラタイタンが4連勝に挑む。ルーラーシップは、ここを勝てばクラッシックロードが見えてくるが、意外に2戦目でコロっと負けて、そのまま泣かず飛ばずというパターンも多いだけに、スルっと通過してくれることを願いたい。


2010年1月21日 会社の新年会
いや?飲んだ。今日は平日にも拘らず、ワタクシが所属するチームの新年会。2軒目はワタクシのボスに、お洒落なバーに連れて行ってもらったわけだけれども、その名もDARLEY(ダーレー)。つまりサラブレッドの3大始祖の中でも、最強軍団といえるダーレーアラビアンや、ドバイのモハメド殿下率いるDARLEYの名前を頂いた素晴らしいバーだ。

そりゃワタクシがそんなバーに行ったひにゃ、テンションで飲みまくってしまいたいところだが、ボスとお洒落な店にいる事と、あと明日は仕事だ。最近ホンマに酒に弱くなってしまったから、これ以上飲んだら明日の会社業務に差し障る。

というわけで、シャブリグラス一杯を舐めるようにチビチビと一時間かけてゆっくりと飲み、二次会はお開きとなった。それにしてもセーブして飲むというのは難しい。ボスにも「飲んでも飲まれるな」とアドヴァイスを頂いたので頑張ってみたけど、こりゃなかなか難しい。でも幸いなことに明日は金曜日。WeekEndだ!あすは何も遠慮せずに飲めると思うと、本当にウズウズする。


2010年1月20日 北米無敗牝馬ゼニャッタがドバイワールドカップに参戦
スポーツ新聞でも報じられていたが、ゼニャッタが2010年のドバイワールドカップに参戦するらしい。実現すれば、日本の最強牝馬とアメリカの最強牝馬が、中東の地で対決することになる。話を聞いただけでもワクワクしてくる。

ワタクシの家の話になるが、ワタクシがまたドバイに行くという話に、母親が 『ええなぁ...ワタシも行きたいわぁ』 と、ブータレている。 『チケットは探しとくから、とりあえず予定だけ空けとき』 とだけ伝えて、今はチケット探している段階だ。

まぁワタクシひとりの旅なら、どんなボロ飛行機で飛んで、ボロホテルでも構わないが、両親を連れて行くとなればそうは行かない。幸いエミレーツ航空の直行便には空きがあるみたいなので、最悪それでも仕方がないと思うのだが、やはりドバイまで行くのなら、途中で一度降りて観光でもしたいところだ。

それだけにやっぱりキャセイパシフィック(香港),シンガポール航空,タイ航空あたりで行ければいいと思う。でもなかなか良いプランが出てこない。ただひとまずカタール航空は押さえたので、今日はもう寝よう...明日になれば道は開けてくる...かもです。

 
2009年1月19日 歩き疲れて
今日は本当によく歩いた。退社後、大好きなタバコが切れていたので、贔屓のタバコ屋まで歩いて買いに行った。1時間30分掛かったので、ざっと8kmは歩いたと思う。ワタクシの愛するタバコちゃんは 『Captain Black Cherise』 といって、自分の生活圏内には4店舗でしか扱っていないため、月に一度4カートンの大人買いをしに近鉄東寺駅まで通っている。

タバコ屋さんも、毎度毎度大口で買って帰るものだから、お菓子とかジュースとか、たくさんおまけを付けてくれる。甘党の母親は毎月コレを楽しみにしてくれているので、このお菓子は本当にありがたい。

ありがたいといえば、今日会社の同期のS君に『いよかん』を頂いた。ワタクシも母親も風邪なので、ビタミン補給にはもってこい。早速家族で美味しく頂きました。ホントにありがとう!

さて、今日は少し競馬から外れて競艇。尼崎の周年記念『近松賞』は昨年の賞金王・絶対王者の松井繁が、諦めの悪いベテラン選手のような傍若無人なレースで荒らしまっくたものの、最後は地元兵庫の吉田俊彦が差し切ってG1初優勝。会社定時で住之江のナイターに直行する程の住之江好きで、かつ松井シンパのワタクシですら、なぜか胸のすく結果だった。

例年のように、訳の分からない馬が大穴を開ける年明けのJRAの競馬に比べたら、今日から始まった新鋭王座決定戦のような、若手のガチンコ勝負のほうが、見応えがあって面白いかもしれない。


2010年1月18日 風邪も治り
腹痛もだいぶ治まってきた。これで今週はやっていけるメドが付いた。それにしても体調が優れなかったり、ケガをした時っていうのは、何をやってもつまらなく感じてしまう。すっかり良くなった今は、新聞に掲載されたセンター試験の問題で、目下連敗中の『握り』を交えて誰かと勝負したい。そんな気分だ。つくづく人間っていうものは主観的で、自分勝手な生物だと思う。

ワタクシの尊敬する同県の大先輩で、元仙台市民にとっては神様のような存在である野村克也先生が、ある時TVでこう話仰っていた。

野球というスポーツは
?.観察 → ?.洞察 → ?.判断 → ?.決断 この繰返しで構成されていると。

うろ覚えなので、何かが抜けているかもしれないが、ワタクシのアタマに残っているのはこの4つ。しかしなにもこれは野球に限ったことではなく、全ての人間関係に当てはまる真実だとワタクシも信じている。

?.観察:相手から目を逸らさず、目の動き、体の動き、声のトーンで相手の精神状態を読み取る。→"INPUT"
?.洞察:読み取った材料から、相手が何を求めているか?何を嫌がっているかを分析する。
?.判断:それをみて、自分がどのような行動に出るべきかの最適解を求める。
?.決断:自分の下した判断を信じ、行動に踏み切る。(ただし多くの人にとってこれが一番難しい)→"OUTPUT"

という行動を、どれだけ意識して実行するかが、人間関係の醍醐味だとワタクシは思う。ただこれをワタクシ流にアレンジするならば、

?.観察 → ?.洞察 → ?.判断 → ?.決断
↑←←←←←←?.揺動←←←←←←↓

という流れがシックリくる感じだ。

『揺動』 つまり、黙って相手の出方を伺うのではなく、大げさに相槌を打ったり、少し話の腰を折ってみたり、あえて相手の嫌がりそうな反論をしてみたりと、状況によって手段(周波数)は異なるが、こちらからこの『揺動』を与え、それに対するリアクションを観察し、洞察することで相手の思考は、ほとんど見切れてしまう。長い付き合いであればあるほどそれがいえる。その上で相手に少しでも満足してもらえるような決断(行動)をするように心がけている。

こういう考え方はある種イヤラシイと捉えられがちだが、ワタクシは逆で、『それぐらい相手に対して誠心誠意接しているんだ』 という自尊心すら持っている。

人間のような自分勝手な生物が、自分勝手な他人と上手く付き合って行くには、それぐらいのサービス精神がないとダメ。そうでないと、農耕民族たる日本人として生まれてきた価値がないんじゃないかとさえ思う。

さて、今週は若駒Sにルーラーシップが登場する。この馬は今年のダービー戦線を引っ張っていくと期待されているので、ここでは完全な内容で勝利してもらいたい。


2010年1月17日 ベッドで競馬
思えば週末に風邪をひくなんてツイてない。でもまぁひいてしまったものは仕方ない。じっくり休養して、さっさと治そう。

ということで、今日はベッドに潜り込み、ワンセグでKBS京都の競馬中継を観ながら、ノートPCでネット投票。非常に残念な姿だが、これこそまさに22世紀に主流となる馬券投票スタイルに違いない。今日も微力ながら日本の馬事振興に貢献させて頂いた。

ところで、今日の京都5R新馬戦でワタクシのPOG指名馬、インペリアルマーチがデビュー勝ちを飾った。いくら新馬戦とはいえ548?の馬体は明らかに太かった。それでいてあの内容であれば、この先馬体が出来た時には、相当走るのではないだろうか?VTRはこちら


●今日の馬券

◆京都10R 雅S
・三連単フォーメーション
1着 12,6
2着 12,6,15,5
3着 12,6,15,5
各200円 計2400円

12.トーセンモナークと、6.トーホウオルビスを互角と見た。また先行タイプが揃った事から、15.タートルベイを3番手に。5ヶ月ぶりの5.フサイチセブンまでを圏内とみた。
VTRはこちら
結果は5.フサイチセブンが5ヶ月の休養明け+昇級戦を6馬身差の圧勝。もっと上のクラスでも通用しそう。次走マーチSあたりに使ってきても勝負になるはず。 2着はメンデル。今日の段階では、なぜ走ったのかサッパリ解らない。明日以降考えることにしよう。3着は14.ラターシュ。休み明け+昇級戦+斤量3?増は厳しいと見ていたが...△2400円


◆京都11R 日経新春杯
・三連単フォーメーション
1着 12
2着 4,7,10
2着 4,7,10
各200円 計1200円

人馬共に絶好調の12.メイショウベルーガと池添騎手から。ただ相手がようわからんので、単勝で行こうかと思ったが、4倍台だったので、ダメ元の三連単で。相手は4.サンライズマックス。7.ベストメンバー。10歳馬10.ゴールデンメインのヒモ・トリBOXで。やっぱ熱があるからかなぁ...いつもはこんなテキトーな券なんか買わないのに。
VTRはこちら
勝ったのは12.メイショウベルーガ。仕掛けのタイミングも、外に出すタイミングもバッチリ。ここんところの池添騎手は相当乗れてる。今年は一皮むけた池添騎手が見られそうだ。2着は1番人気トップカミング。+12?を嫌ったのだが、さすがといった感じ。3着は最低人気のレッドアゲートが突っ込んで三連単12→8→9は89590円と高配当。△1200円

◆中山11R 京成杯
・馬単
1→13 1000円
1.レッドスパークル・4.アドマイヤテンクウ・13.エイシンフラッシュの三つ巴戦ムード。中山2000mなら1番枠が味方すると見て1.レッドスパークルを本命。対抗に13.エイシンフラッシュの1点で行くことにした。
VTRはこちら
1.レッドスパークルはスタート後ズブく先団を確保できず。中団内を進む。4.アドマイヤテンクウが作るスローペースに動けず。直線は、4角から捲った13.エイシンフラッシュとアドマイヤテンクウの一騎討ちとなるが、外エイシンフラッシュがハナだけ差し切って優勝。1.レッドスパークルは馬群を捌くのにもたつき3着。やたらとズブさが目立つレースだった。もう少しスムーズに競馬できるようになれば、重賞でも通用すると思う。△1000円

◆今日の成績 △4600円
この後、危うく高知競馬『夜さ恋ナイター』にまで手を出してしまいそうになったが、どうにか踏みとどまった。


2010年1月16日 いよいよインペリアルマーチがデビュー
体が熱っぽい。どうやら風邪を引いてしまったようだ。明日は淀には行けそうにない...明日は大人しく、コタツで馬券を買う事にしよう。

さて、明日17日の京都 R新馬戦で、桜花賞馬・キョウエイマーチの仔、インペリアルマーチがデビューする。もちろんPOGの指名馬なのだけど、夜間発売のオッズは1.7倍の1番人気。京都の芝1800mなら内外の有利不利は少ないため、最後にゲートに入れる偶数枠か大外枠が欲しかったけど、明日は1番枠。まぁ最悪ではないので、逃げ・先行で決めてもらいたい。


2010年1月15日 ブワーと飲んで
今日は先輩社員の送別会→二次会→なんやら会→かんやら会→...と、とっても楽しい酒だった。

で、その”なんやら会”に行く途中、『そのお店に5人以上お客さんがいるかどうか』 で賭けて、ワタクシは4人以下に賭けたんだけど、行ってみると満席。まぁ見事に負けてしまった。最近握り負けが続いている。昔に比べて感性が鈍ってるのかもしれないな。



●今日の勝負券(など)
・『5人以上お客さんがいるか?』 ▲?0000円


2010年1月14日 2010ドバイワールドカップデーの予備登録
今日、2010ドバイワールドカップデーに予備登録した日本馬が発表された。55頭が登録したということだが、予備登録はロハ、つまり無料。だから”とりあえず登録”した馬が多く含まれる。当然出走できるのは、多くてこの1割程度だと思う。なお、全登録馬が発表された際には、改めて紹介をしたい。

さて、今年のドバイ・インターナショナル・レーシングカーニバルは、以前のナドアルシバ競馬場から、Meydan競馬場に舞台を移して行われるのは周知のこととは思うが、このMeydan競馬場は、芝コースとオールウェザーコースで行われるのだが、このオールウェザーコースは、先ごろ栗東トレセンに導入された『ポリトラックコース』と同じ種類のコースで、芝コースのような速い時計が出るのが特徴。これまでメーンレースのドバイワールドカップは、米国と地元UAEの馬の独占状態だったが、この馬場に替わることは日本馬にとって相当なプラス材料。今年はドバイの夜空に『君が代』が鳴り響くことを期待している。

今年は北京経由でドバイ入りすることになると思う。正月休みに楽天トラベルで、中国国際航空の往復7万円台の格安券が出ていたので即刻予約した。とりあえず万里の長城と、天安門広場、オリンピックスタジアムには観光しておくか。

北京経由でドバイ。全く馬券に縁の無いたびになりそうだが、まぁ最初からそのテの要素を、ドバイには期待していないのだが、まぁ買えなくもない。そのためにこれまで準備はしてきたからね。

そういえば飛行機つながりで、JALの株式がエライことになっている。100%減資との報道を受け、昨日は東証の売買代金の1/4を占めていたというのだから、ちょっとしたボロ株祭りだ。

ワタクシの親分は7円で買って10円で売り、お小遣いを稼いだらしいが、なんといっても1Digitが10%以上の値動き。そりゃお祭りにもやるわな。今日も80億円を超える売買高だったそうな。

とはいえ、いつだって一寸先は闇。万一法的整理が暗礁に乗り上げ、そのあげく中国国際航空がJALを買収...なんて話になったら株価はえらい事になる。20倍ぐらいにはなるんだろうけど、CAがJALを買収して、新社名は『CAL』...で、垂直尾翼の赤地に5つの星が...がなんていうのは悪い冗談か(笑)


2010年1月13日 どんな時でも、もう一度確認を
今日は会社の先輩の送別会。色々お世話になった先輩だけに、感慨深いものがあった。その席で先輩同士の話を聞いていると、やっぱり会社の歴史に様々な人あり。自分の勤める会社の、いわゆる 『伝説』 的な話なども聞けたりなんかして、ものすごく勉強になった。今は一部上場企業なんだけど、10年前には町工場的な、そんな方々がいらっしゃる、勤め甲斐のある、そんな人間臭い職場が、少し前まではそこにあったんだなと思うと、懐の深さを感じる。

今日気づいたのだけれども、さる方の年賀状の宛名の漢字が間違えていた。その方は自分の人生の中で、最も大きな影響を受けた方だけに、自分でも 『うわ?...やってもぉたぁ...』 って感じで凹んでいる。懐の深い方なので笑って許して頂けるだろうが、もしこれが自分のお客様だったら気分を害されると思う。こういう細かいことを見逃さないように気をつけようと思った。

明日の日本列島は相当な寒波に襲われるそうな。今朝の京都も道端の水溜りが凍っていたりと、徒歩で通勤するにはなかなか骨っぽい気候だが、明日の栗東は雪でも調教が行われる。だからワタクシも負けずにこの脚で歩いていこうと思う。


2010年1月12日 大人になれや...
昨日1月11日は成人の日。近所を歩いているだけでも、新成人の晴れ着姿が目に付く一日だった。

それ自体に大した感想は無かったが、翌日ワタクシのボスに、ひゃんなことから 『おまえ大人になれや...』 と言われる事があり、ハッとした。

『そういやオレ二十歳の時、成人式行ってないなぁ...』

もう10年ほど前の話になるけれども、その頃ワタクシはオウチで大学受験浪人をしていた。まぁ今から思えば、よくもまぁあんな無益なことに夢中になれたなと思うが、1月中旬といえばちょうどセンター試験の直前。成人式になんか行ってる暇など無いし、行こうとも思わなかった。

ひょっとしたら、そういう節目の儀式を通って来なかったから、ワタクシは今でもガキなのかもしれないが、高校生の頃、祇園の場外馬券売場や、雀荘・紅白荘でワタクシを可愛がってくれた社長さんたちは、みんな例外なくガキだった、というより、ガキの心を捨てずに生きていた人達たったように思う。

あの頃は、ろくずっぽ勉強もせず、『課外授業』にばっかり取組んでいたが、あの時学んだことを、もう一度思い起こして、あの社長さんたちのようにガキの心を捨てることなく、それでいて周りに『大人やなぁ』と認めてもらえるような、そんな人間を目指そうと思った、今日の一日だった。


2010年1月11日 完全なる敗北
中山競馬場で行われたフェアリーS(G?)。ワタクシのPOG指名馬15.アドマイヤテンバ号は、最悪の15番枠を引き(16番枠のほうが、外に馬がいない分よっぽどマシ)、かつスタート出遅れ。そのうえ安藤勝騎手も、何を思ったのか大外を追っ付けて追走するという、結果的には最悪の競馬で13着に敗北 レースVTRはこちら

落ち込んでも、レースをやり直す事は出来ないから仕方ない。もっともこれが桜花賞ならヤケ酒もんですよコレ。あとまぁ相方のメジロオードリーに負けたのも悔しい。しかも飲み代ゴチ...う?む...ケガさえしていなければ、次は500万の中距離戦、もしくはクロフネ産駒だけに、早いうちに芝を見切って1800ダートで頑張ってもらいたいなぁ。

さて、今日は中山4R新馬戦で、9頭が落馬する事故があった。レースリプレイを見ても本当にゾッとするシーンだったが、内田博騎手が左腕を骨折するなど、多くの騎手が負傷したが、奇跡的に全馬無事だったということなので、不謹慎かもしれないが、その点はホッとした。


●今日の馬券(など)
・中山11R
単勝15番 2000円

計 △2000円 + 相方との一晩の飲み代?????円


2010年1月10日 今日はまったりと
今日は淀に突撃する予定だったが、目が覚めると午後1時...

『こりゃあかんな...』ということで、愛犬ゴンタ号と共にホームセンターのアヤハディオへ。ここのところ冷え込みがハンパないので、犬用のホットカーペットを買ってやる事にした。元仙台市民で、J1に復帰したベガルタ仙台のサポーターであるワタクシは、当然メインスポンサー様である、アイリスオーヤマ製で仙台市の税収に貢献した。
DSC00060.jpg
今期は京都・大阪×2・神戸でベガルタの試合が観られる。喜ばしいことだ

このカーペット。ゴンタ号も喜んでくれているらしく、ワタクシが近寄っても全く小屋から出てこようとしない。う?ん...小屋の居心地が良すぎて、番犬としての業務を放棄するような事がなければいいのだが...

さて、明日はいよいよフェアリーS。相方との直接対決だ。11日2:20AMの段階で、ワタクシのアドマイヤテンバは4番人気。相方のメジロオードリーは3番人気。中山1200mはゴール前200mまではダラダラと下り、最後の200m地点に急激な上り坂があるものの、基本的に先行してスピードで押し切れるコース。だから馬券を買うなら、末脚で勝負するタイプよりは、6.セントアンズのようなタイプの馬から勝負したい。 訂正。フェアリーSは昨年から1200mから1600m戦に条件変更されていた...思い込みって怖い。中山のマイル戦は、スタート後すぐ右にカーブするため、内枠の先行馬が圧倒的に有利だ。また外枠に徹底先行タイプの馬がいる場合、外から一気に被せてくるため、中枠の馬の行き場がなくなってしまうのも大きな特徴。今回は大外に入った16.テイラーバートンの出方次第で、レースの性格が大きく変わってしまう。

ただ、そういう理屈は抜きにして、明日は去年6月からずっと気に掛けていた15.アドマイヤテンバの単勝のみを買うことにする。と、あと、三連単で15→2,6,13の2,3着BOX6点だけは買うことにする。アドマイヤテンバが6F戦に対応できるかは未知数、ただすんなり5,6番手を追走できる事ができればチャンスはあると思う。また2,メジロオードリーと13.アプリコットフィズもこの距離への対応力は未知数だが、終いの切れ味は要警戒だ。



2010年1月9日 ...Sorry, I can't understand...
お昼過ぎまで寝てしまった。昨日は少々飲みすぎたようだ。そんな時には散歩が一番。というわけで愛犬ゴンタ号と散歩へ。2時間ほど歩くと、だんだん食欲が出てきたので、ゴンタ号を家に繋いだのち、横綱のラーメンをすすりに行こうと思ったその時、香港の銀行・HSBCから電話が掛ってきた。

相手さんは広東語風の英語で色々喋ってくるんだけれども、何を言うてるのかサッパリわからない...???もうどうにもしゃぁないので 『Sorry...I can't understand...If you have some information, Please tell me by E-mail』 と答えるのがやっとだった。

情けない...銀行口座を作った時は、身振り手振りや、紙に書いたりでどうにかしたけど、電話が掛ってきたらこのザマ。とりあえずCNNでも毎日観てみようかな?誰かいい方法があったら教えて下さい。

京都4RではPOG指名馬ロケットダイヴ号がデビュー。勝負処では一瞬もたついたけど、最後はキッチリ伸びて0.4秒差の4着。次走は十分期待できる。

月曜のフェアリーS(G?)では指名馬15.アドマイヤテンバ号が出走するが、同レースに指名馬2.メジロオードリー号が出走する相方から挑発のメールが。という訳で、次回の飲み代ゴチを賭けてアトサキ(相手の馬に先着したら勝ち)で勝負する事になった。まぁ無理はせんといて欲しいけど、重賞レースでの直接対決はPOGの醍醐味。だから?番にだけは何があっても勝ってもらいたい。負けるなアドマイヤテンバ!


2010年1月8日 人生は別れ。そして出会い
今日は先輩の女性社員が退職された。同僚の女性社員の尽力もあり、終業後は感動的な時間になった。 歳を重ねてどれだけ経験を積んでも、人と別れるのはやっぱりつらい。

けどそんな時は、いつもこう思うようにしている
『次この人と再会するときには、この人がビックリするぐらい成長した自分をこの人に見せよう』 と

だからこの先輩が、入社したての右も左も解らない自分にくれた元気を、今度は自分が周りの人たちにおすそわけできるよう、毎日を 『明るく楽しく元気よく』 生きて行こうと思う。

ただ、別れがあれば出会い。今日会社のプリンターの調子がどうにもダメになったので、たまたまFAXの修理に来ていたR社のサービスマンに『あのぉ...作業中すいませんが、プリンタの調子が...ちょっと診て貰えませんか?』と言うと、快くプリンタを診てくれた。 その結果は、『う?ん...これはすぐ治りませんよ、ヤスカワさん』...???

ってなんでコイツ俺の名前知ってんねん!!と思ったら、なんと彼は小学校の同級生のO田君だった...この時ワタクシは彼に 『ビックリするぐらい成長した自分』 を見せられたどうかは、彼にしかわからないけれども、いつだって、誰に見られても恥ずかしくない。そんな自分でいたいと思った。

明日土曜の京都4Rでは、ワタクシのPOG指名馬ロケットダイヴ号がデビューする。自分の指名した馬が、中央競馬でデビューできるかを見極めるのは本当に難しい。ましてや、ダービーを獲る馬かどうかを見極める相馬眼は想像を絶する。将来少しでも馬主を目指そうという夢を持っている人ならば、その前に一度POG(ペーパーオーナーゲーム)で、その難しさ、面白さを学んでおいたほうがよさそうだ。

月曜の中山メイン。フェアリーS(芝1200m G3)では、同じく指名馬・アドマイヤテンバ号が2勝目+初重賞を狙ってゲートインする。もし自分がこの馬の将来を決めることができる馬主なら、この短距離レースは絶対使いたくない。しかし相手関係を考えると、どうにかなりそうなメンバー構成。桜花賞出走権を獲るための出走なら、2着以上の結果が求められる。がんばれアドマイヤテンバ!負けるなアドマイヤテンバ!

o0314044410332144952.jpg
アドマイヤテンバ号。ホントに可愛い。ハミを噛んで懸命に走っている姿がいとおしい。牝馬に生まれて本当に良かったな。PHOTO by テイエムオペラオー産駒応援ブログ

2010年1月7日 今週末は3連チャン
寒い。今日の京都は本当に寒かった。昔仙台に住んでいた事もあり、寒さ耐性にはある程度自信があるのだけれども、今日の寒さはどちらかというと山形系の骨身に滲みる寒さだ。こんな寒い夜は長風呂でしっかり温まるのがいい。

というわけで、経済新聞片手に 『♪お風呂 ♪お風呂 ♪おっふろには?いれ?る』(日本和装のCMソング)と鼻歌交じりで風呂のフタをあけると...なんとそこには冷水っ!完全な冷水っ! JESUS...なんと湯沸かしを付け忘れていた。仕方がないので社長室に戻り、この記事を書いています...あ?寒っ!



中央競馬は明後日から三日連続開催。前々から思っていたんだけれども、土日の二日開催ですら、土曜日朝から夕方まで競馬を観ていたら、日曜には大概お腹一杯になる。どうにかして水曜・日曜のような等間隔の開催にはできないものか?当然水曜は第1レースが17時位のナイター競馬であれば、売上の面でも問題ないと思う。

平日をメインにしている、地方競馬の主催者からは反対されそうだが、競馬法の観点から見ても全く問題はなく、土曜の中央競馬が水曜夜に移動すれば、土曜日に地方競馬が堂々と開催できるようになる訳で、双方にとってそれほど悪い話ではないと思う。ひとまず夏場限定でもいいので一度試して頂けませんか?土川理事長殿。


2010年1月6日 2009JRA年度代表馬はウオッカ
お正月休みに、以前通勤に使っていたカバンを開けてみると、この前まで使っていたmp3プレーヤが出てきた。いくら探しても出てこなかったので、『飲みに行った時にでも落としたかな...』 と諦め、最近新しいものを買ったばかりなので、こういう形で再び出会えるとは思わなかった。

『再び』といえば、今年G1を3勝したウオッカが、2008年に続き、2009年のJRA年度代表馬に選出された。去年の選考ではライバルだった『ダイワスカーレット』との比較が難しく意見が分かれたが、今年に関して言えば、各部門とも選出された馬は順当だと思う。

ウオッカはこの後、3月27日のドバイワールドカップに出走予定だが、このレースをもっての現役引退が決定しているだけに、ドバイに長期滞在して万全の態勢で本番に臨む公算が高い。本来60日を超える海外遠征の場合、帰国してからの検疫で3カ月以上はレースに出走できないのだけれども、今回は引退レース。そのルールを考慮する必要はない点については好材料。ついでにアイルランドで昨年の凱旋門賞馬 Sea the Stars を種付けして帰ってくるプランまで検討されているそうだ。

いずれにせよ、昨年秋のジャパンカップでの走りを見ても、とてもピークを過ぎたとは思えず、引退レースでの勝利ももちろん期待したい所だけれど、何よりも無事に日本に帰って来てもらいたいし、また日本競馬界をリードしていける仔をたくさん出してほしいと思う。


2010年1月5日 クイックピックて...
今日は関東でも風が強かったらしく、千葉に住む相方は臨時休業に。急遽中山競馬に参戦したのだが、当たった馬券はクイックピック馬券の複勝のみだったそうな...それにしても『クイックピックって...ロト6やないねんど!!馬券師としてのプライドはどこに捨ててしもたんや!』と言ってやろうかと思ったが、やめた。

京都金杯で本命馬が14着に沈んだワタクシよりも、コンピュータの買い目のほうが、ナンボかマシかもしれないからw

●今日の馬券
京都10R 金杯
・馬連  10?14 1000円
・ワイド 10?14 1000円
・三連単 フォーメーション
1着:10,14
2着:5,10,14
3着:5,10,12,14
各 100円 計800円

△2800円 乾杯...  
2010年1月4日 京都金杯
お昼ゴハン、割り箸をパキッ!と真二つに割り、大好物の横綱のラーメンにハシを入れたその瞬間。会社の先輩から携帯メールが...お正月休明けの安否確認のため、すぐに転送せよとの事。

大好物。しかも時間が勝負のラーメンを目の前にして、苦手の携帯メールを打つという作業は、涙が出るほどツライ作業...オバQにラーメンをひっくり返される小池さんの心情が、とてもよく理解できた。

明日の京都10R スポニチ金杯は、中心を絞りにくいメンバーになった。
一応の中心は14.ドラゴンファング。暮れの阪神カップでは、前崩れの展開のなか、逃げて4着。十分評価できる内容。マイルは少し長いようにも思えるが、京都のマイルなら克服可能とみた。
五分の2番手は10.グッドキララを。前走阪神カップでは、展開の助けがあったとはいえ0.5秒差の6着。今回は斤量4?減で、相性の良い京都、四位騎手の継続騎乗など、激走の条件は揃った。
5.スマートギアは初めてのマイル戦だが、京都のマイルはどちらかというと短距離馬に有利な条件だけに、評価を一枚下げた。
12.マイネルファルケも圏内だが、マイルCS2着は展開の助けが大きく、またこの時期、関東馬の直前輸送は不安材料だ。


●京都10R金杯 フォーカス
・馬連  10?14  1点
・ワイド  10?14  1点
・三連単 フォーメーション
1着:10,14
2着:5,10,14
3着:5,10,12,14
計 8点

これで初笑いなるか?!       
2010年1月3日 明日は大発会
明日は大発会。いよいよ2010年の株式市場が始動する。経済新聞も今年の展望などに紙面を割いてきた。競馬の専門誌みたいに見えてしまうのはワタクシだけだろうか?ところで明日4日から東証の新しいコンピュータシステムが稼動する。充分テストは繰り返してきただろうけど、なんせ1日に1兆円を超えるカネが飛び交う市場だけに、関係したエンジニアの方々にとって、今夜は眠れない夜になってしまうんだろうなぁ...

今日の園田・新春賞。牝馬キーポケットが、一線級の牡馬たちを力で捻じ伏せてしまった。ワタクシも1.キーポケットは2,3着に絡めていたが、まさかアタマまで突き抜けるとは...ワタクシの本命6.バンバンバンクは差のある3着。まぁキヨミラクル(4着)、ハスフェル(5着)から買わなかっただけ良しとしよう。

明後日5日は東西の金杯。5日から仕事なので明日中にしっかり予想せんとね。

●今日の馬券
園田10R 新春賞   三連単 6→7,2,1 2,3着BOX 各500円 △3000円
福山10R 福山大賞典 三連単 1→3⇔5   各500円      △1000円
計 △4000円


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。