Gary Yasukawa
  • Gary Yasukawa
  • 1978年・午年生まれ。
    ウマ科研究者。乗馬と競馬をこよなく愛し、地球上の全ての品種の馬に跨り、また地球上の全ての競馬場を踏破する野望を胸に抱きつつ、平素は電気系エンジニアという触れ込みで世を忍んでいる。
Gagnant~地球に生きる、全ての馬に逢うために...
ゲイリー・ヤスカワの競馬・馬乗り
カテゴリ


最新記事


月別アーカイブ


リンク


RSSリンクの表示


FC2カウンター


↓海外ホテルの予約ならオクトパストラベル がオススメ。お得なホテルをオンラインで即時予約できます。




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドバイワールドカップ Dubai World Cup 2009-ドバイまで観戦に行っちゃいましょう!
ドバイワールドカップ開催まで2ヶ月を切りました!今年はドバイまで観戦に行っちゃいましょう!
絶対に損はしませんよ!

今年は2008年JRA年度代表馬ウオッカ
そしてその宿命のライバルであるダイワスカーレット

2007JP1000Guineas.jpg
2007年 桜花賞(Jpn1)  Photo by Deliberation http://toujyu.blog.so-net.ne.jp

この二頭の牝馬が日本競馬のプライドを賭け、2009年3月28日 中東ドバイ・ナドアルシバ競馬場で世界の強豪と激突します。

私の見解では、北米最強馬カーリン,米ニ冠馬ビッグブラウンが引退したいま、ダイワスカーレットにとって、メインカードであるドバイワールドカップを制しアラビアの地に”君が代”を響かせる絶好のチャンスだと思います。

dwc03.jpg

ご承知の通り、日本のダートG1馬が世界で通用しないことは明らかです。
日本では芝のレースが重要視されているため、力のある馬は賞金の高い、芝のレースを主戦場にします。逆にカウボーイの国アメリカでは、ダートのレースが重要視されていることから、ドバイワールドカップは有史以来、アメリカ馬、そしてホームのUAE馬の寡占状態となっています。

日本調教馬は、1996年のライブリマウントにはじまり、昨年のヴァーミリアンまで、惨憺たる成績に終始していますがそんな中、2001年のドゥザヴィクトリーの僅差2着は、非常に意味のある成績だと思います。

彼女は同年のエリザベス女王杯を制するなど、芝で重賞4勝を挙げています。
つまり、”ダートをそれほど苦にしない、芝のG1馬”なら、ドバイワールドカップでは十分勝ち負けに持ち込めると考えられるのです。

もちろん同日のドバイデューティーフリーに挑むウオッカも、昨年同レース4着。昨秋の充実度と、なにより現地トライアルを叩いての参戦 (詳細は過去記事 Dubai International Racing Carnival 開幕)で、更なる上積みが見込め、こちらも当然勝ち負けだと思います。

dwc02.jpg

ステイゴールド,ハーツクライが初めて国際重賞を制覇し、またホクトベガが散ってしまった、ナドアルシバ競馬場で行われるドバイワールドカップは、おそらく今年が最後です。

私を含め、多くのサラリーマンの方は絵空事のように思われるかもしれませんが、2日間の有給休暇さえ取れれば、ドバイに競馬旅行する事は、さほど難しい事ではありません。

さあ!貴方も ”宿命のライバル2頭”による、ドバイWC・ドバイDFのW優勝という、日本競馬史上・歴史的な瞬間の立会人になるため、ドバイ・ナドアルシバ競馬場まで少し旅をしてみませんか?

○ドバイワールドカップ関連の過去記事
海外競馬旅行?準備編
ドバイワールドカップ Dubai World Cup 2009?航空券(1) アジア経由編
ドバイワールドカップ Dubai World Cup 2009?航空券(2) ドバイ経由編
ドバイワールドカップ Dubai World Cup 2009?入場パス
ドバイワールドカップ Dubai World Cup 2009?Pick 7
ドバイワールドカップ Dubai World Cup 2009?Pick 7 (2)
ドバイワールドカップ Dubai World Cup 2009?ドバイ観光
ドバイワールドカップ Dubai World Cup 2009?ドバイのおみやげ(1)
ドバイワールドカップ Dubai World Cup 2009?ドバイのおみやげ(2)


スポンサーサイト
凱旋門賞 Prix de l'Arc de Triomphe 2009-ディープスカイが凱旋門賞挑戦を表明
2009年、ディープスカイは大阪杯・安田記念経由で凱旋門賞に挑戦!

parc2006.jpg
2006年の凱旋門賞本馬場入場。中央の黒い勝負服は優勝馬ディラントーマス


ディープスカイ(深見敏男氏 牡4)の陣営が、2009年10月4日、フランス・パリのロンシャン競馬場(hippodrome de longchamp)で開催される凱旋門賞に出走するプランを検討していると、スポーツ報知[1]が報じました。

実現すれば昨年のメイショウサムソンに続く、二年連続となる日本産・調教馬の挑戦となります。

凱旋門賞まで8ヶ月。少しずつではありますが、凱旋門賞への競馬旅行に関する情報も更新していきたいと思いますので、宜しくお願いします。

なお、ザルカヴァが圧勝した2008年の凱旋門賞公式サイトはこちら[2]です。

(リンク)
[1]スポーツ報知 http://hochi.yomiuri.co.jp
[2]Qatar Prix de l'Arc de Triomphe http://www.prixarcdetriomphe.com



ドバイワールドカップ Dubai World Cup 2009-メイダン競馬場の工事に遅れ
2010年よりドバイワールドカップ開催が予定されている、メイダン競馬場 ”Meydan Racecourse”[1]の建設スケジュールに遅延...

meydan.jpg
Meydan競馬場の完成予想図

Thoroughbred Times[2]によりますと、現在ナドアルシバ競馬場の隣に建設中の、メイダン競馬場の施工主であるMeydan LLCは、グランドスタンドと走路の工期遅延を理由に、受注業者であるArabtec Holding社(ドバイ)と、WCT Engineering社(マレーシア)との総額13億ドルの契約を解消したということです。

しかしながらMeydan LLCは、2010年のドバイワールドカップまでに、メイダン競馬場をオープンさせる予定で、すでに幾つかの業者と新たな契約を締結しているとも伝えています。

私などからすると、たとえ工事が1年遅れても、メイダン競馬場が無事完成し、2011年にドバイワールドカップが開催できれば、それで十分だと思ってしまいます。

しかし、いくら世界不況下のさなかとはいえ、シェイク・モハメド殿下が一度 ”2010年に完成させるのだ!”と宣言しておきながら ”いや?やっぱり無理でした” という風には、絶対なり得ないと私は思うのです...

みなさんは、このニュースについてどのようにお考えでしょうか?

(リンク)
[1]Meydan http://www.meydan.ae
[2]Thoroughbred Times http://www.thoroughbredtimes.com

ドバイワールドカップ Dubai World Cup 2009?ドバイのおみやげ(2)
ドバイワールドカップのおみやげには ”ナドアルシバの砂” と "ピスタチオ” がオススメ!

dirtontrack.jpg
ただの砂も工夫次第でグッと高級感が増します。

競馬好きのお友達へのおみやげは、これで決まりだと思います。
ずばり ”ナドアルシバ競馬場の砂” です。

最終レースのドバイワールドカップの表彰式が終われば、パドックの脇からコースの際まで自由に行けますので、ダートコースの砂を少し頂戴しちゃいます...といっても砂漠の国ですから、現地人から見れば、日本の水道水をおみやげに持って帰るようなものですね(笑)

ただ、どんな思い入れがあるにせよ、砂だけ入ったビニール袋をおみやげに渡された方は、若干リアクションに困ってしまう事でしょう。

そこでひと工夫。スーク(市場)に行けば、写真のような香水用のガラス瓶が数百円程度で売られています。これにナドアルシバの砂を詰めてプレゼントすれば、競馬好きはともかく、競馬に興味がない方にでも喜んでもらえるかもしれません。



さて、前回の記事、ドバイワールドカップ Dubai World Cup 2009?ドバイのおみやげ(1)では、良かれと思って買って帰った、アラビアンスイーツが、日本人の舌に合わない可能性が高い事を、遠まわしに(?)ご紹介しました。

そこで私がオススメしたい食べ物のおみやげは、ピスタチオです。特に美味しいと思ったのは、岩塩味やレモン味のピスタチオですね。

souq2.jpg
ゴールドスーク

アラブ諸国で売られているピスタチオは、日本で売られているものとは比べ物にならない程美味しいんです!

スークに行けば、いろいろな味付けのピスタチオが計り売りで買えますので、じっくり吟味して、気に入ったものをおみやげに選べば、きっと喜ばれることでしょう。帰りのフライトでのワインのお供にもぴったりだと思いますよ。


ドバイワールドカップ Dubai World Cup 2009?ドバイのおみやげ(1)
アラビアンスイーツは日本人の口には合わない!?

サラリーマンの方は職業柄、有給をもらって ”ドバイにケイバ観に行ってきま?す” と言って、休み明けに手ぶらで出社する訳にもいきませんよね?(笑)

ですので、ここはみなさんに喜んで貰えるようなお土産を買って帰るべきでしょう。

ということで、ここからは私の失敗談に基づくアドバイスを...

私はガイドブック ”地球の歩き方?ドバイとアラビア半島の国々 '07?'08”で

■バティール(Bateel)
サウジアラビアに本店がある、デーツの専門店。デーツは苦手・・・という人も、ここのデーツは別格なのでぜひ試してみて。(中略)値段は少々高めだが、味と品質はお墨付きだ。


というように紹介されていた、アラビアンスイーツを免税店で買いこみ、帰国後の初出勤日に、部署のみなさんで召し上がってもらいました。

が、不評...とにかく不評...でした。
食べてみると、干し柿をチョコレートでコーティングしたような、ねっとりした食感と甘さ。う?ん...

また、もうひとつ紹介されていた、パッチ(Patchi)というチョコレートも買って帰ったのですが、食べてみると...昔食べたことのある、懐かしいミルクチョコレートという感じでした...

ブランド信仰の強い日本人の事ですから、もし箱に”GODIVA”と書いてあれば、ひょっとすると、美味い美味いと、泣いて喜んでもらえたのかも知れません。

しかしながらドバイに限らず、海外ではガイドブックの紹介や、”王室御用達”といった売り文句を鵜呑みにせず、日本人の口に合うかどうか、いま一度試食したうえでお土産に選ぶのが正解でしょう。



ドバイワールドカップ Dubai World Cup 2009?ドバイ観光
せっかくドバイワールドカップを観に中東まで行くのですから、1日位は観光に充てたいものです。

私も含めて、競馬好きのみなさまへのオススメの観光は、何といっても”キャメルライド”です。
だだっ広い砂漠での乗ラクダは、とても開放感があり、”あぁ...アラビアやなぁ”と思わず呟いてしまう事でしょう。

camel.jpg
優勝馬の口取りのイメージで1枚撮ってもらいました(笑)

さて、この”キャメルライド”を楽しむには、出国前にオプショナルツアーを予約しておくのが、最も簡単で確実な方法だと思います。この時申し込んだのは、”Half Day Desert Safari”という半日ツアーでした。

desert1.jpg
野生のラクダっているんですかね?観光用?放し飼い?

ここのところ、ドバイ観光をテーマにしたテレビ番組も多く、一度はご覧になった方もおられると思いますが、砂漠の丘を4WDで爆走してみたり(自分で運転はできませんが...)、ラクダや山羊の群に遭遇したり、日本では味わえない砂漠体験に大満足でした。

desert0.jpg

この衣装、恐らく1日ドバイを歩いた方は、絶対着てみたくなるはずです。私も、どうしても一度着てみたかったのですが、イスラム教徒しか着てはいけないのだと思い込んでいた為、恐るおそるガイドさんに尋ねると、

”えっ!別にイスラム教徒やのうても、普通に着てええねんで!おっしゃほな着せたろ” 
(もちろん英語ですよ)

ということで、最後はアラブの民族衣装を着させてもらい、砂漠で記念撮影をしました。
感無量...もう言うことなしです。

今回ご紹介たオプショナルツアー”Half Day Desert Safari”は、ORIENT TOURS[1]という有名な現地会社のツアーで、私は時間の都合上、午前中のみのツアーに参加しましたが、夕食込みのツアーもありますので、時間に余裕のある方は、そちらのほうが良いかもしれません。

私の場合、日本から数社に見積もりを依頼しましたが、今回ご紹介したORIENT TOURSは、メールでの対応の早さ、丁寧さに加えて、出発日に設定されていない曜日であったにもかかわらず、融通を利かせてくれるなど、時間のない旅行者にはありがたい存在です。また、ガイドさんも日本人慣れした方でしたし、Webからの予約も可能ですので、私としては非常にオススメのツアー会社です。

なおホテルまでピックアップに来てくれますので、予約の段階でホテルは必ず伝えておきましょう。
さらに、ツアー前日にホテルのコンシェルジュさんに頼んで、電話で予約の確認をしてもらえば万全です。

(ちなみに”世界弾丸トラベラー”というTV番組で、このとき担当だったガイドさんが出演されていました。やり手のガイドさんだったのかもしれませんね。)

(リンク)
[1]ORIENT TOURS http://www.orienttours.ae


ドバイワールドカップ Dubai World Cup 2009?Dubai International Racing Carnival 開幕
ドバイ インターナショナル レーシングカーニバル Dubai International Racing Carnival 2009の初戦。マクトゥムチャレンジ第1戦(Al Maktoum Challenge R1 Dirt 1600m G3 1着賞金$120,000) が、1月15日ナドアルシバ競馬場にて開催され、昨年のUAEダービー6着で、L.デッドーリ騎乗のMY INDY(UAE)が優勝しました。

2着は昨年のゴドルフィンマイル9着のGREEN COAST(UAE)、
3着に同じく昨年のゴドルフィンマイル3着のDON RENATO(サウジアラビア)という結果でした。
なおEmirates Racing Authority のサイトで、左フレーム”Calendar”の1/15をクリックすると、レース結果がチェックできます。(なお1/18 トップページには、ダイワスカーレット@有馬記念の写真が載っていました。)

このDubai International Racing Carnival 2009は、3月28日のドバイワールドカップ・ミーティングまで続き、日本の2008年度代表馬のウオッカは、3月5日のジュベル・ハッタ Jebel Hatta(Turf 1777m G2 $250,000)をステップに、本番のドバイDFに向かいます。

前哨戦を使って、本番に挑戦する手法は、現地の環境に適応させるためには、非常に効果が大きいと思われます。実際、あのエルコンドルパサーも、半年近い現地滞在で、凱旋門賞ではモンジューの僅差2着と結果を出している事もありますので、外国で長期滞在というリ、リスクを冒してのチャレンジに心から拍手を送りたいと思います。

DIRC0.jpg

(リンク)
[1]Emirates Racing Authority http://www.emiratesracing.com/era/index.cfm


海外競馬旅行?準備編 開催日程・競馬場へのアクセスをチェック
海外競馬情報。まずはJAIRのWebページでチェック。それでもダメなら躊躇せずメールを。

海外競馬旅行を計画するには、まず海外競馬の開催日程・競馬場へのアクセスなどを調べる必要があります。まだそれほど、本気で海外競馬旅行を検討されていない方でも、ほんの少し海外競馬に興味を持って頂けたなら、一度はチェックして頂きたいサイトがあります。

競馬国際交流協会(Japan Association for International Horse Racing)[1]のサイトです。

このサイトの最も優れている点は、海外競馬に関する多くの情報が日本語で提供されているところでしょう。

例えば、2009年のブリーダーズカップは、いつどこで行われるか?
という簡単なものから、インド競馬の開催日程といったマニアックなものまで、すべて日本語で提供されています。

海外競馬の情報をザックリとチェックするには最高のサイトだといえます。

もちろん日本語で提供される海外の情報ですので、即時性には若干劣りますが、それでも世界の競馬場や、施行団体のサイトへのリンクも張られていて、細かい情報はそちらで入手すれば良いでしょう。

さらに海外のサイトで調べても、欲しい情報が見つからない場合は、躊躇せずに、サイトにある"Contact us(お問い合わせ)"のメールアドレスに質問することをオススメします。

海外の競馬主催者は多くの場合、メールでの問い合わせに快く、そして迅速に答えてくれます。
もちろん英語でのメールになりますが、高校程度の英語力と、辞書があれば問題はありません。
例文を参考にしたい場合は英辞郎[2]などのオンライン辞書を利用すれば良いと思います。

メールのフォーマットは、googleなどの検索サイトで、”英文メール”と検索すれば、いくらでもサンプルが出てきますが、基本的にはシンプルに。例えば

[タイトル]Question about Dubai World Cup 2009
[本文]:
Dear Manager,

(質問内容を簡潔に)

Sincerely,
Tatsuki Yasukawa from Japan


こんな感じで書けばよいでしょう。
ただ、あまりに多くの質問を、一通のメールで送ると先方も大変なので、できれば一通のメールにつき、質問は一つ。もしくは、先方が答えやすいように箇条書きにして質問すると良いと思います。

(リンク)
[1]競馬国際交流協会 http://www.jair.jrao.ne.jp
[2]SPACE ALC http://www.alc.co.jp/


ドバイワールドカップ Dubai World Cup 2009?航空券(2) ドバイ経由編
どうせドバイワールドカップに行くのなら、ついでにヨーロッパまで...

以前、ドバイワールドカップへの、海外競馬旅行を検討されておられる方のために、日本からの直行便を利用せず、アジアの競馬開催国を経由し、ついでにその国の競馬も楽しんでから、ドバイ入りするテクニックをドバイワールドカップ Dubai World Cup 2009?航空券(1)アジア経由編でご紹介しました。

今回は、この応用編をご紹介します。それは
”ドバイ経由で、ヨーロッパへ海外競馬旅行をして、ついでにドバイワールドカップを楽しんで帰る”
 という方法です。

格安航空券のシステムは、前回のアジア経由編と一緒です。
ですから、この方法ではドバイ(UAE)のエミレーツ航空[1]を利用します。
サッカーのプレミアリーグ・チェルシーのユニフォームスポンサーだった航空会社ですね。

emirates.jpg

さてドバイ経由で、どの国を目指すのがベストでしょうか?

3月の欧州は競馬のローシーズンですが、JAIR(競馬国際交流協会)[2]のサイトでサラっと調べてみた結果、イギリス・ロンドンでは3月27日のアスコット競馬場(障害)をはじめ、3月24,25のリングフィールド競馬場(英国では珍しい全天候型馬場)など、なかなか面白そうなレースが揃っていて、かなり有力な候補だと思います。

エミレーツ航空のドバイ?ロンドン便は、本数が非常に多く、プランが立てやすいため、私自身も、今年はこのパターンで、28日の午前にドバイ入り出来たらと思っています。

もっともこれは、3/23?27の平日5連休を取れればの話ですが...

>>ドバイワールドカップ Dubai World Cup 2009?航空券(1) アジア経由編

(リンク)
[1] エミレーツ航空 http://www.emirates.com/jp/japanese/
[2] JAIR(競馬国際交流協会) http://www.jair.jrao.ne.jp/


国際招待競走”ジャパンカップ”の存在意義 (1)
”ジャパンカップに有力な外国馬が出走しなくなった。”
”ジャパンカップの設立当初の目的は、すでに達成されたのではないか?”

2006年に、日本がICSCのPart1国に昇格して2年が過ぎました。
その間JRAは、外国馬への開放を段階的に進め、今年2009年からは、平地重賞計 121 競走中 98 競走が国際競走として施行されます(2歳・3歳クラッシック・トライアルは引続きJpn格付)。
つまり日本の平地重賞の80%以上のレースには外国馬が出走できるようになるのです。

さて、この”外国馬が出走できる重賞競走”のなかでも、全く趣向の異なる国際招待競走こそが、
今回のテーマであるジャパンカップ(G1)です。

ジャパンカップは、”世界に通用する強い馬づくり”を掲げて、1981年に創設されました。
”国際競走”が「日本に来て走りたければ、お好きにどうぞ」という性質のものであるのに対し、
国際招待競走”は 「遠征費用は当方で負担しますので、是非日本に来て胸を貸して下さい」
というレースです。

★ジャパンカップ・過去10年の外国馬出走頭数と、最高着順
年 外国馬 外国馬最高着順  優勝馬 (赤字は外国馬)
99   7     2          スペシャルウィーク
00   7     3          テイエムオペラオー
01   7     6          ジャングルポケット
02   7     1          ファルブラヴ
03   9     6          タップダンスシチー
04   5     4          ゼンノロブロイ
05   6     1          アルカセット
06   2     3          ディープインパクト
07   4     7          アドマイヤムーン
08   4     9          スクリーンヒーロー

1999年には、凱旋門賞でエルコンドルパサーを負かした、フランスのモンジューが参戦し4着。
翌2000年には欧州最強馬ファンタスティックライトが参戦し3着など、銘柄級の出走がみられるのですが、これ以降は「トップクラスではないが、日本の馬場に適性がありそうな馬」を出走させるケースが多くみられます。

しかし2005年にアルカゼットがレコードで優勝して以来、ここ3年の外国馬出走数の減少が目立ちます。2006年はディープインパクトが敬遠されて、レースの出走頭数自体が揃わなかった事、2007年は着地検疫の関係で凱旋門賞馬ディラントーマスが出走できなかった事を考慮するとしても、去年のジャパンカップに招待された外国馬は、質・量ともに、ここ10年の最低レベルであったと思います。

これはとりもなおさず、ジャパンカップという国際招待競走の存在意義について、再考しなければならない時期が来た事を示しているのではないでしょうか?

次回は、日本の競馬・馬産の将来と、世界の競馬の情勢を考慮した上で、これからのジャパンカップのあり方について考えてみたいと思います。


ドバイワールドカップ Dubai World Cup 2009?Pick 7 (2)
今回は、ドバイワールドカップのお楽しみ、"Pick 7"への参加方法を紹介しておきます。

ナドアルシバ競馬場入場門での、セキュリティーチェックを終えると、スタッフが"RACECARD"という冊子を手渡してくれます。これは日本のレーシングプログラムに相当するものですね。

racecard_dwc2008.jpg

これを受け取ったら、このようなマークカードが挟まれていることを確認してください。

Pick7.jpg
(なぜこのような、白紙のマークカードが私の手元に残っているのかは聞かないで下さい...)

このマークカード1枚で、”Pick 7”,”Tricast”の両方に参加することができます。なおゲームの詳細はドバイワールドカップ Dubai World Cup 2009?Pick 7に解説してありますので、ご一読を。

●さて、東京都千代田区在住の、日本太郎さん (仮名)は、”Pick 7”に投票するにあたり、各レースの勝馬を以下のように予想しました。
第1レース:3番
第2レース:8番
第3レース:9番
第4レース:10番
第5レース:14番
第6レース:3番
第7レース:12番
この場合の記入例を示します(↓画像をクリックすると大きな画像が見られます)
pick72.jpg
(*注 必ず黒で記入してください、赤ペンで記入したマークカードを読み取れる機械は、私が知る限り、日本以外の国の競馬場には存在しません。)

●太郎さんは、引き続き”Tricast”を以下のように予想しました。

第2レース:8-13-1
第3レース:9-8-1

第4レース:10-14-13
第5レース:14-11-7

第6レース:3-12-15
第7レース:12-9-2

この場合の記入例を以下に示します(↓画像をクリックすると大きな画像が見られます)
pick73.jpg

裏面の記入例も以下に示します(↓画像をクリックすると大きな画像が見られます)
pick74.jpg

これで、マークカードの記入は完了です!4:30pmまでに、場内の投票箱に投票しましょう!
(半券は失くさないよう、大切に保管して下さい)
なお、2008年の結果はドバイワールドカップの結果[1]でご覧ください。

日本太郎さんは、この賞金を何に使ったのでしょうか?
どこかの国のダービーを狙って、セールでサラブレッドを購入したのか...
はたまた堅実に、住宅ローンの一括返済に充てたのでしょうか...

(リンク)
[1]Dubai World Cup http://www.dubaiworldcup.com


ドバイワールドカップ Dubai World Cup 2009?日本馬の予備登録
ドバイワールドカップデー 2009の予備登録が1月7日に締切られ、日本からは39頭の登録がありました。各レース注目の登録馬は以下のとおりです。

☆ドバイ・ワールドカップ Dubai World Cup(Dirt 2000m G1)
 ・ダイワスカーレット (牝5 大城敬三氏)

☆ドバイ・シーマクラシック Dubai Sheema Classic(Turf 2400m G1)
 ・スクリーンヒーロー (牡5 吉田照哉氏)
 ・ジャガーメイル   (牡5 吉田和美氏)

☆ドバイ・デューティーフリー Dubai Duty Free(Turf 1777m G1)
 ・ウオッカ       (牝5 谷水雄三氏)
 ・スーパーホーネット (牡6 森本悳男氏)
 ・ブラックエンブレム  (牝4 田原邦男氏 )

☆ドバイ・ゴールデンシャヒーン Dubai Golden Shaheen(Dirt 1200m G1)
 ・アグネスジェダイ (牡7 渡辺孝男氏 )

☆UAEダービー UAE Derby(Dirt 1800 G2)
 ・アースリヴィング (牝3 グリーンファーム)

☆ゴドルフィンマイル Godolphin Mile(Dirt 1600 G2)
 ・カジノドライヴ   (牡4 山本英俊氏 )
 ・ローレルゲレイロ (牡5 ローレルレーシング )

ダイワスカーレット・ウオッカの2頭はさておき、個人的には、昨秋のアルゼンチン共和国杯(G2) 1,2着馬の再戦を、準メインカードのドバイ・シーマクラシックで...と密かに期待しています。

なお、複数レースに登録している馬が多数ですので、詳細はJRAのサイト[1]でご確認ください。

(リンク)
[1]JRAホームページ http://www.jra.go.jp/


ドバイワールドカップ Dubai World Cup 2009?Pick 7
ドバイワールドカップのお楽しみといえば、なんといっても”Pick 7”(ピック・セブン)でしょう!
”Pick 7”には、入場パスを持っている観客なら、無料で参加できます。

pick7_01.jpg ←クリックすると大きな画像が見られます。

この”Pick 7”は当日の
 ・7つのレースすべての勝ち馬を的中させると、賞金100,000AED(=約240万円!)
 ・4つのレースを的中させるだけでも、残念賞20,000AED(=約48万円)がもらえる可能性あり
という、超大盤振舞のゲームです。(2008年実績)

さらに”Tricast”といって、日本でもおなじみ、三連勝単式(1-2-3着を順番通り当てる)を、2レース連続して的中させるゲームが、
 ・第2レースと第3レース
 ・第4レースと第5レース
 ・第6レースと第7レース
の計3回あり、こちらの賞金は各60,000AED(=約150万円)というゲームも同時に行われます。

イスラム教国であるUAEでは、賭け事は御法度。それゆえ”Pick 7”は、海外から、はるばる訪れるゲストに対する、シェイク・モハメド殿下からの”ささやかなプレゼント”、といったところでしょうか。

さて、日本からドバイワールドカップに参加される皆さんに、アドバイスです!

当日、ナドアルシバ競馬場の開門は2:00pmですが、少なくとも午前中にナドアルシバ競馬場に到着するように、計画を立てて下さい。

このゲームに参加するには、専用の用紙に必要事項を記入の上、当日の4:30pmまでに投票箱に投函する必要があります。

しかし”Pick 7”に投票するのは、そんなに簡単な事ではありません!

なぜなら、ドバイワールドカップ当日は、オンライン予約のバウチャー(証書)と入場パスの引換えに、ものすごく時間が掛かります。

またナドアルシバ競馬場に入場する際には、全員必ずセキュリティーチェックを受けなければならないため、入場ゲート前は恐ろしい行列になります。これに巻き込まれれば”Pick 7”どころか、下手をするとドバイワールドカップが観れなくなるかもしれません!

line0.jpg
"International Village"入場待ち行列の最後尾。入場ゲートまで500m以上行列が続いている...

そのうえ投票用紙は、入場ゲートで配布される、”RACECARD”というプログラムに挟んで配布されますので、
それから勝ち馬を検討して...用紙の記入方法を調べて...記入して...投票箱を探して...では時間的に厳しい事が、容易に想像出来るでしょう。

racecard_dwc2008.jpg

できれば日本を出発する前に、ネットや競馬雑誌の特集などで、あらかじめ投票する馬を絞っておきましょう!

投票用紙の記入方法等については、日を改めて詳しく書かせて頂きたいと思いますので、お楽しみに。
[お詫びと訂正]
本稿内のPick 7の賞金額の日本円換算額が誤っておりました。
訂正して、お詫び致します。 (2009年1月18日訂正)


ドバイワールドカップ Dubai World Cup 2009?年度代表馬はウオッカ!
1月6日 2008年度のJRA賞が発表されました。
最優秀4歳以上牝馬と、年度代表馬はウオッカ(谷水雄三氏・角居厩舎)に決まりました。
3月28日のドバイ・デューティーフリー(芝1777m・G1)では、日本の年度代表として、昨年のリベンジを果たして欲しいと思います。

この決定自体には、特に異論はないのですが、天皇賞・秋でダービー馬・ディープスカイ(最優秀3歳牡馬部門で受賞)以下を退け、歴史に残るハナ差2着。有馬記念ではジャパンカップ優勝馬・スクリーンヒーロー(最優秀4歳以上牡馬部門で受賞)などを一蹴した、今年のもう一頭の主役・ダイワスカーレットには何にもナシという事実に対して、私同様、釈然としないファンの方も多いのではないでしょうか?

各部門の受賞馬の中から、年度代表馬を選ぶというシステム上、仕方がないと言えばそれまでですが、今年のダイワスカーレットが演じたパフォーマンスを讃え、後世に伝える意味でも、
選考委員会には、柔軟な姿勢をもって、”特別賞”という形などで、彼女を表彰して頂きたかったと、とても残念に思います。

ともあれ、フェブラリーSから、ドバイワールドカップへのローテーションが予定されているダイワスカーレットですが、秋にはヨーロッパ遠征も計画されているそうです。
その実現のためにも、ドバイできっちりと結果を残した上で、無事に帰って来て欲しいものです。


ドバイワールドカップ Dubai World Cup 2009?入場パス
ドバイワールドカップ(2009年3月28日)を楽しみ満喫するために。

まずナドアルシバ競馬場への入場パスを、あらかじめ国内で準備しておく必要があります。
ドバイワールドカップ当日は、レストラン・スタンド指定席など、たくさんのホスピタリティ・エリアが準備されていています。詳細はドバイワールドカップ公式サイト[1]の"Hospitality"に書かれているので、こちらで予約してください。(UAEの通貨単位はダーハムで、AEDもしくはDHSと表記。09年1月現在 1AED=約26JPY)

ただ、純粋に海外競馬を楽しみたいのであれば、"Apron Views"(225AED=約5800円)という、外国人向けの一般入場パスのみを購入するのがオススメです。

ドバイでは、他の多くのイスラム国家と同様、アルコールは御法度なのですが、外国人向けのホテル等では、特例的に提供されています。この"Apron Views"でも、アルコールが販売されているので、私のような呑み助でも安心です!

"Apron Views"は、文字通りさまざまな民族・文化のごったがえした空間です。オシャレな女性が多いので、一緒に記念写真を撮らせてもらうというのも悪くありません。

ちなみに、この"Apron Views"は、2008年まで"International Village"というカテゴリで販売されていました。一応念のため、ドバイ・レーシングクラブに、変更点について質問したところ、
「(お隣に建設中の)Meydan競馬場[2]の工事のため、エリアが若干変更される」 のだそうです。

ワタシと美人姉妹

(リンク)
[1]Dubai World Cup http://www.dubaiworldcup.com
[2]Meydan http://www.meydan.ae/


ドバイワールドカップ Dubai World Cup 2009?航空券(1) アジア経由編
前述の通り、ドバイワールドカップは2009年3月28日 UAE・ドバイのナドアルシバ競馬場で開催されます。

今回は目的地のドバイまでの格安航空券について、少しアドバイスをさせて頂きます。

日本からドバイへの直行便は、大阪、名古屋発のエミレーツ航空のみとなっています。
私も凱旋門賞遠征の際に、名古屋からエミレーツ航空を利用しましたが、機内のサービスは世界でもトップクラスだと思います。

で・す・が
せっかくドバイまで旅行するのに、直行でサッと行って、サッと帰ってくるのでは余りに芸がありません。

いわゆる格安航空券と言われるものは、往復全行程を同一の航空会社(コードシェア便も含む)で、旅行する必要があります。
そこで日本とドバイの間にある、アジアの競馬開催国をホームとする航空会社を利用して、ついでにその国の競馬を楽しんでいく、というのはいかがでしょうか?

というわけで、さっそく楽天トラベル[1]で、海外航空券を検索してみましょう!

休みの日に、海外競馬旅行を思い立った時、私はまず最初に【楽天トラベル】海外航空券で、フライトのスケジュールと、空席を確認しています。
なんといっても、扱っている航空会社の豊富さと、24時間いつでも予約ができる点がオススメの理由です。

楽天トラベル株式会社

さて、アジアの競馬開催国で、日本便とドバイ便を飛ばしている、主な航空会社といえば
・香港 (CX・キャセイパシフィック航空)
・シンガポール (SQ・シンガポール航空)
  ・タイ (TG・タイ航空)
・マレーシア (MH・マレーシア航空)
(フィリピンは治安の関係上、私はお勧めしません)

といったところが挙げられます。
さっそく、2009年3月28日ドバイワールドカップの前後でレースを開催している国を調べてみると...
3/25 26 27 28 29 30 31 4/1
香? ? ? ST ? ? ? HV (ST:シャティン HV:ハッピーヴァレー)
シ? ? ○ ? ○ ? ? ?
タ ? ? ? ? ○ ? ? ? (詳細は不明。しかしタイでは毎週日曜は欠かさず開催)
マ ? ? ? ? ? ? ? ?

香港では基本的に、日曜日にシャティン競馬場で昼間レース。水曜はハッピーヴァレーでのナイターが行われますが、残念なことに、3月末は変則開催で、3/25水曜日のハッピーヴァレー開催はありません。ですが4/1水曜はハッピーヴァレーのナイターが行われます。

学生さんなど、時間的に余裕がある方は、ドバイを満喫した後、こちらを楽しんで帰られることを心からお勧めするのですが、私を含む多くのサラリーマンの方には、今年はちょっと厳しいかもしれません。

ならば今年はシンガポール航空を利用して、シンガポール・クランジ競馬場
(2006年にコスモバルクが優勝した,シンガポール航空国際C・G1の開催地)
に立ち寄った後、ドバイへ向かうのがベターではないでしょうか?

クランジ競馬場内

シンガポールターフクラブのサイトで、一通り調べてみたのですが、3/27が昼間レースなのか、ナイターなのか不明ですので、現在メールで問い合わせ中ですが、もしナイターだと仮定するなら、第1レース開始は、18:30前後でしょうから...
>09/01/04 追記:シンガポールターフクラブからの回答では、3/27はナイター開催で第一レースは6:30pm発走です。

具体的に調べると、3/27に
成田  11:30発 SQ637 → シンガポール・チャンギ国際空港 17:55着
名古屋 09:40発SQ671 → シンガポール・チャンギ国際空港 15:40着
大阪  11:00発SQ617 → シンガポール・チャンギ国際空港 17:00着
で、荷物は預けたままシンガポールに入国して、クランジ競馬場で競馬を楽しんだ後、

チャンギ国際空港 23:35発 SQ490 → ドバイ国際空港 28日 03:10着
でドバイに向かう方法です。

チャンギ国際空港から、クランジ競馬場までのルートは、タクシー利用で20分(17時頃までなら道路の渋滞がないため、こちらがオススメ)。またはMRT(路線図[2])なら East West Lineにて"CG2-Changi Airport駅"から、"EW24-Jurong East駅"まで乗車(40分程度)。そこでNorth South Lineに乗り換え、"NS7-Kranji駅"で下車(Jurong Eastから20分程度)すれば、クランジ競馬場はもう目の前です。(MRTは時間が掛かるが、交通渋滞には巻き込まれない)
kranji駅から観た競馬場

帰りは、クランジ競馬場を20:30(ナイターなら第5Rあたり)に出発すれば、22時頃にはチャンギ空港に到着できるはずですが、肝心のドバイ行きの飛行機に乗り遅れてしまっては、元も子もないので、30分程度の余裕は欲しいところです。

このルートであれば成田発の場合、ドバイワールドカップの後、ホテルで一泊して、翌日は夕方まで観光を楽しんだ後、
ドバイ国際空港 29日 20:00発SQ491 → チャンギ国際空港 30日07:30着
チャンギ国際空港 30日 09:40発SQ12 → 成田空港     30日17:35着

というルートで帰国すれば、週末の2連休+2日の休みでドバイワールドカップと、シンガポール競馬を回ることができます!

なお参考までに、シンガポール航空の機内サービスもまた世界トップクラスで、今回紹介した、成田発のSQ637便は、半年ほど前に話題になった エアバスA380-800で運行されています 。

次回は、ドバイワールドカップデー当日を最高に満喫するための情報を、お送りしたいと思います。

>>ドバイワールドカップ Dubai World Cup 2009?航空券(2) ドバイ経由編
(リンク)
[1]:楽天トラベル http://travel.rakuten.co.jp/
[2]:SBS Transit http://www.sbstransit.com.sg


海外競馬旅行 準備編?海外ホテルの予約
海外のホテルは、海外のサイトでオンライン予約するのが最もお薦めの方法です。

ほぼパーフェクトに近い完成度を誇る楽天トラベル[1]ですが、海外のホテルに関して言えば、私はオクトパストラベル[2]をお薦めします。

なんといっても価格の安さと、ホテルの取扱数の豊富さ、オンラインで空室確認→予約ができる点がウリです。オンラインでのクレジットカード払いを利用し、宿泊時にはフロントで、あらかじめ印刷しておいたバウチャーを渡せば、それでOKという手軽さ。日本語もOKです。


私の周りの海外旅行ヘビーユーザーにも、非常に好評です。

何より便利なのが、検索する画面に地図が表示され、検索でヒットしたホテルの位置を地図上に示してくれる点が非常に助かります。これなら、土地勘のない地域のホテルを探す時でも、ホテルへのアクセスのメドが立ちますよね。

(リンク)
[1]楽天トラベル http://travel.rakuten.co.jp
[2]オクトパストラベル http://www.octopustravel.co.jp


海外競馬旅行 準備編?海外航空券の予約
個人で海外旅行をプランニングする場合、まず最初に申し込むのは航空券でしょう。
そこで今回は、エコノミークラスの割引航空券を申し込む事を想定して、話を進めたいと思います。

まず結論からお話しすると、楽天トラベル[1]でオンライン予約・購入をされるのがベストです。
なんといっても、扱っている航空会社な豊富な事と、料金・旅程・空席状況が具体的に表示されるため、驚くほどスムーズに比較・検討→購入できる点がお薦めの理由です。もちろんクレジットカードでの支払いも可能です。まだ楽天の会員でない方は、先に会員登録(無料)をされるとよいでしょう。

楽天トラベル株式会社
出張から何から、毎週のようにお世話になっておりますm(_ _)m

さて、これまでに2009年のドバイワールドカップをターゲットにした、航空券のご紹介を
・ドバイワールドカップ Dubai World Cup 2009?航空券(1) アジア経由編
・ドバイワールドカップ Dubai World Cup 2009?航空券(2) ドバイ経由編
でさせて頂きましたが、これらの情報はすべて、楽天トラベルのサイトで検索した結果をもとに構成されていますので、ぜひ参考にしてみてください。

特にお目当ての国際レースがない方でも、海外航空券オンライン予約【楽天トラベル】のページから、エア・海外競馬旅行 を始めてみると楽しいかもしれませんよ。

(リンク)
[1]楽天トラベル http://travel.rakuten.co.jp


海外競馬旅行 準備編?クレジットカード(1)・損をしないためのカード
海外旅行にはクレジットカードは必需品です。

ホテルのチェックイン時には、必ずクレジットカードとパスポートの提示が求められます。またショッピングやレストランなどでは、目安として1万円以上の支払いは、クレジットカードでの決済が望ましいと思われます。海外での紙幣に対する信用は、日本に比べて薄いのでしょうね。

ですので海外旅行には、間違いなく使用することができるクレジットカード を準備することが非常に重要です。それでは、間違いなく使用することができるクレジットカード とはどのようなものなのでしょうか?

私は ”VISA” だと断言できます。
カード決済が可能な店舗で、VISAが使えなかった経験は、少なくとも私にはありません。

visa.gif←カードにこのロゴが付いていれば”VISA”です

日本では三井住友VISAカード[1]を筆頭に、多くの提携カードが発行されています。もし現在お手持ちのクレジットカードの国際ブランドが ”VISA” 以外であれば、年会費無料のもので結構ですので、必ず1枚はお持ちになることを強くお奨めします。

年会費無料とはいえ、海外旅行保険の付帯されているものなど、クオリティーの高いカードが存在することも確かなので、例えばクレジットカード比較@クレジットカード[2]で紹介されているものを参考に、比較検討されることをお奨めします。


さて、ここまでは海外で困らないために、最低限押さえておきたい事柄をご紹介いたしました。

しかしながら、私がメインに使っているクレジットカードは ”VISA” ではありません。 (もちろん海外では、100ドル札と三井住友VISAカードを、お守り代わりに財布とは分けて持っていますが)

なぜかというと、ご自分のライフスタイルにマッチしたクレジットカードをメインカードに選べば、日常生活で、もはや現金など使いたくなくなるぐらい得をするからです。

そしてなによりも、現在は海外旅行の手配は全てネットで行う時代です。ネットでの決済では、クレジットカードが最も利便性の高い方法であることは言うまでもありません。

また海外旅行の費用は決して安いものではありませんので、同じ代金を支払うのであれば、現在・または未来の自分にとって最も有利な手段を選択する事は、非常に重要な事だと私は思います。

(リンク)
[1]三井住友VISAカード http://www.smbc-card.com
[2]クレジットカード比較@クレジットカード http://www.cjkt.com


謹賀新年 でも心はドバイワールドカップ 2009
みなさま、明けましておめでとうございます。

早速ですが、今年のドバイワールドカップ(G1)は3月28日土曜日、ナドアルシバ競馬場(アラブ首長国連邦・ドバイ)で開催されます。

dubai00.jpg

さて今年は日本を代表する女傑2頭がドバイ参戦に色気を持っているようです。

日本の競馬ファンとしては、中東でのライバル対決を観てみたい所なのですが、やはり日本馬同士のライバル対決は、日本のファンの前で、つまり安田記念なり宝塚記念で思う存分やってもらいましょう。

彼女たちには日本代表としてドバイDF・ドバイWCの W優勝を飾り、無事に帰国して日本の春のG1を盛り上げてほしいものです。

特にウオッカは2008年のドバイデューティーフリー(G1)で4着。
残り1ハロンの埒沿いで観戦していた私は ”あ!これはユタカさんのもんや!!”と思いゴール板前まで疾走して、祝福の準備をしてしまうぐらい、”勝った”と思わせる脚色でした。
今年は有馬記念を回避し、万全の臨戦態勢で臨める分、勝ち負けだと期待しています。

ちなみに1月から行われる前哨戦と、ドバイワールドカップデー含めて"Dubai International Racing Carnival" と呼ばれることもあるようです。ちょうど今秋の"Japan Autumn International" 的なノリでしょうか。

恐らく2頭とも、ドバイはラストチャンスになるでしょうから、このドバイの前哨戦を一度使って、万全の滞在競馬で挑戦してもらいたいなというのが、私の思いです。

なお、ドバイワールドカップ・オフィシャルサイトでは、すでに指定席の予約が始まっていますので、ドバイワールドカップ観戦をお考えの方は、そろそろ準備を始める必要があります。

次回は、ドバイワールドカップ観戦を計画されている方に、私の経験にもとづいた、とっておきのアドバイスをさせて頂きたいと思います。

dubaiwc01.jpg

(引用サイト)
[1]Dubai World Cup http://www.dubaiworldcup.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。